『ナルシから、たらしへ』

 

なんだか、無性に協力してあげたくなる人っていますよね。

役員クラスの方に結構多いように感じますが、いかがでしょう?

※もちろん、みんながみんなではないですけど…笑

 

 

なんというのでしょうか…

 

頭はいいんですけど、ちょっとだけ抜けている人。

デキる人なんだけど、ちょっとだけスキのある人。

かっこつけているというより、愛嬌がある人。

 

 

頭よくって、デキる人で、かっこつけている人よりも、

なーーんか、部下や同僚や上司たちが自然と集まっているし、

協力も、智慧も、成果も手にしています。

 

 

なにより、周りの人が、実にこころの底から「喜んで!」

その人に協力をしている、のに気づきます。

 

そういう方の部下に話をきいても、

「〇〇さんは、私たちがいないとダメなんだろうな、って、思うんです」

「もう、しょうがないなぁー。あとはなんとか僕がしておきますよ、って」

 

これって、しっかりと部下たちの存在を承認していますよね!!

 

私がいてもいなくても同じなんです……ではなく、

私がいなくちゃ、ダメなんです…。

 

しっかりと、自己効力感を高めていますよね。

 

なりたての初級リーダーで、いまいち停滞している人の多くは、

そこがネックになって、中級、上級リーダーの階段を登れないときがあります。

そのひとたちの特徴のひとつに、これがあります。

 

それは、「自分が褒められたい対象」の人です。

 

私はデキる!キレる!!カッコいい!!!

それは、プレーヤーのときには必要な物差しかもしれません。

 

しかしリーダーとして人を束ねていくときには、かなり邪魔になってくる考え方です。

リーダーは、独りではなしえない大きな仕事を実現させるために、

他人に働きかけ、協力を仰ぎ、力を結集して、実現させていかなければなりません。

 

 

「人たらし」という言葉は、あまりいい意味では使われていませんが、

「周りの人を気持ちよくさせて、その人たちがついつい喜んで動いちゃう、協力したくなっちゃう技術」です。笑

 

 

一人でできる仕事をやりつづけるならば、どんなにナルシストであってもかまいません。

しかし、リーダーとなるならば、「褒める対象は、自分ではなく、常に他人」

人たらし技術は、かなり必要になってくるのではないでしょうか。

 

 

あなたは、どうですか?

 

いつまでも「私はデキる!キレる!!カッコいい!!!」だと、

誰もいってくれないけど、相当、カッコ悪いっすよ!!

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook