『あなたの風を待っています』

 

ある会社での話。

 

社長曰く、

「なんで、お前たちはリピート客を大事にしないんだ」

 

社員一同、「・・・(無言)」

 

でも、社員一同、心の中では

 

……はい、社長。それは、あなたが新規営業の受注だけを褒めて、

  リピート受注は取れて当たり前!と無視をしてきたからです!と。

 

社員たちはよく見ています。

 

社長が何に対して承認するのか。

そして、何に対して承認していないのか、を。

(…本人はそのつもりではなくても)

 

 

リーダーの承認の方向に、社員の行動は流れていく・・・

 

つまり、部下が今、とっている行動は、

リーダーであるあなたが、なんらかの形で承認してしまったものなのです。

 

 

承認は、キャンプでの焚火に似ています。

焚き木に火がついたら、それが隣の焚き木に火が広がるように

うちわで丁寧に扇いで風を送ります。

 

風を送ったその部分は温度が高まり、点火も進みます。

あらたな発火を促します。

 

しかし、火が安定していないのにその風を送るのをやめると、火も自然と弱まります。

もちろん、風を送らなければ、急速に弱まって鎮火してしまいます。

 

望んでいる行動が起きていないならば、あなたの風が足りていません。

 

 

さぁ!やることはシンプルです。

起こしたい行動めがけて、あなたの風を送りましょう!

 

やってくれているね。ありがとう!

その調子だよ。ありがとう!!

もっともっと、いこうぜ!よろしくな!!

 

さぁ、風があたっていない現場はどこだろう・・・

 

あなたが一時のきまぐれで火をつけたのに

いまではもう鎮火しかけているのはどこだろう・・・

 

もう一度、みまわしてみてくださいね。

あなたの風をまっています!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook