『褒める機会を増やす』

 

「褒めることが、なかなかできなくて・・・」

 

リーダーから、よくそういった相談をもちかけられるのですが、

そのほとんどが、そのリーダーの用意している基準が極めて高い、ということ。

 

基準が高いので、部下が成し遂げたことは、

なにをやっても、水準以下。

 

ですから、リーダーの頭の中には、

いつもこういったテロップが流れているのです。

 

「まだまだ甘い」

「これで褒められようと思っているのは10年早い!」苦笑

 

その気持ち、わからんでもないのですが、

その状態ですと、なんとも褒める機会が少なすぎるのです。

 

私がそういう方にお薦めするのは、

例え、水準以下でも、成長はしているわけで、

そのわずかな成長を観察してあげましょう。

そして、その成長を指摘し、褒めてあげましょう、ということ。

 

例えて言うならば、

水面下マイナス200メートルから、

マイナス100メートルならば、

マイナスだけど、あきらかに進化、成長しているのですから、

それは褒める。

 

そして励ます。

「よし、マイナス50メートルを目指そう!」と。

 

もちろん、まだこの時点では、

あなたが設定している水準までは到達はしていませんが、

でも、この改善、成長のプロセスなくして、水準越えはありません。

 

 

そこを応援してあげる機会を増やすことで、

水準越えの確率を高めてくれそうだと思いませんか?

 

そういう視点で職場を眺めてみると、いかがでしょう?

 

水面下で、もがいていたあの人、この人、、、

「あいつらまったくダメな奴らだ!」という気持ちが薄れ、

すこしは、彼らを応援する気になれたりしませんか?

 

ね?!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook