『あなたからの贈り物』

 

プロジェクトの打ち上げ、

送別会、壮行会、望年会(忘年会)…

 

区切り目の季節…。

いままでの流れをいったん終了したり、交代したり、

それにともない人が異動したり…と、ちょっとあわただしくなりますね。

 

私が組織をマネジメントしていたときは、

こんなときは、こんなことをやっていました。

 

それは、

「あなたからの贈り物」

 

部員、メンバーを集めて、二人組で自由に話をさせる。

自由といっても、テーマは「あなたからの贈り物」

 

二人組になった相手から、この間、どんな刺激をうけたのか。

この人から助けてもらったこと、への感謝。

この人がいたことで成長したこと、への感謝。

 

…などなど

 

お互いに感謝を伝え合うこの時間は、とても温かい時間になります。

それを、どんどん、次の人、次の人と、交代させて全員と言葉を交わす。

それは、感謝とエールとなり、それ自体がこれからの贈り物になっているようです。

 

こうした、感謝を伝え合う時間をへると、

逆に嫌悪感を抱く人に対しても、感謝の気持ちが湧き上がります。

 

え?…なにそれ、って感じはしますが。笑

 

例え、嫌な上司(部下、同僚、ビジネスパートナー)も、

ホントに頭にくる上司(部下、同僚、ビジネスパートナー)も、

 

そんな彼、あんな彼女、がいたからこそ、

嫌悪感を感じたわけで…。頭にきたわけで…。

 

彼や彼女がいなければ、

自分の本当に大事にしていることを

まざまざと知ることもなかったわけだし、

「ああいうことはしないようにしよう」という戒めにもならなかったかも。

 

…となると、存在自体に感謝なのです。

 

出逢いは偶然ではなく必然。

どんな出逢いにもそこには意味があって、

この出逢いから何を学んだのだろう。

何を学べばよかったのだろう。

 

そう思えれば、きっと、見えてた世界がガラッと変わるはず。

どんな贈り物を手にしたんでしょうね。

 

そして、あなたは、どんな贈り物をしたんでしょうね…。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook