『愉しかったけど、辛かった…』

 

職場活性化活動などで様々な取り組みをする。

うまくいき始めたら、ほっとするのもいいのですが、

そこで安住するのではなく、「それをいち早く結果や成果と結びつけること」が重要です。

 

楽しい活動は、はたからみると、

大学のサークル活動のようなものです

 

本人たちは、楽しくやっていますが、周りからは、

「ふざけているのでは?」「真面目にやれよ!」「仲良しクラブで、いいこった!!」と

揶揄されることがおき始めます。

 

それはそうですよね。

仕事を楽しそうにやっていること自体、

「仕事は辛いもの」などといった考え方・価値観にどっぷり染まった世代からすると「摩訶不思議」なことです。

心の中では、すこし羨ましいものの、表現はちょっと辛口になるわけです。

 

そういった風評をいち早く消さないと、メンバーの耳に、いずれ届きます。

いや、もう届いているかもしれません。

そういう声をきくと、気持ちが揺らぎます。

 

いずれは推進メンバーも、

「そうなんだよね、私も、こんな子供だましみたいな活動、おかしいなと思っていたんだよ」

となってしまう。

 

ぜひ、払拭するためにも、いち早く、業務上の成果と結び付けてください。

成果をだせは、一気に風評は消えます。

 

ある会社でもそうでした。

こういった活動をしたはじめて、一年たったときに、

社員満足度、顧客満足度、業績関連指標が、軒並み社内トップとなったときに、

誰もが「仲良しクラブだよね」「サークルみたい?」という言葉を一切言わなくなりました。

 

この成功を導いたリーダーが、ぼそっとつぶやきました。

「この一年間、(職場での活動は)愉しかったけど、(他職場からの揶揄が)辛かった」

推進していくときに、いまから知っておかないといけない出来事であり、

乗越えていかないといけないハードル。

 

リーダーは、そういったことも加味しながら、進めていきましょう。

メンバーたちが周りからどう思われ、どう言われているのか。

守ってあげてください。そして、成果をだせてあげてください。

 

二宮尊徳がおっしゃっていました。

 

「道徳なき、経済は、罪である

 経済なき、道徳は、寝言である」

 

なんでもいいから、数字あげろ!コラぁ!…は、もちろんブラックです。苦笑

でも、せっかくいい活動をしていたとしても、成果をださないと、寝言なんです。

 

こういった活動は「結果を出してなんぼ」ですから。

 

結果だしていきましょう。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook