『貢献したくなる組織、そうでない組織』

 

貢献したくなる職場。

 

…それは、

    充分に与えられて、

    充分に守られて、

    充分に認められている関係の中に存在します。

 

いつも奪われて、

いつも脅かされて、

いつもダメだしを喰らっている関係の中に、

「いつか見ていろ…この野郎」という復讐心はあれど、

無償の貢献などありえません。

 

ある会社では、こんなことがありました。

中途入社してくるスタッフに対して、その会社の社長は、

「前の人脈やネットワーク、すべてをフル活用して、営業に邁進してください」と。

 

しかし、その社員が辞めるときには、手のひら返すように、

「ここで得た、人脈やネットワークは、全てここに置いていけ!」

「そもそも、この会社にいたことも他言は無用!」

 

他人のものは自分のもの。

自分のものも自分のもの。……まるでジャイアンです。笑

 

入るときは寵愛され、出ていくときは身ぐるみはがされて

外に放り出されるような…酷い光景です。

 

退職する社員がいるたびにそんな光景が何回も見せられると、社員は感じます。

「あ・・・・自分の時も、そうなるのだな・・・・」と。まるで脅しです。

 

そうした会社では、何が起きるのか・・・

 

それは、自分のもっているものを出したがらなくなるのです。

皆が隠したがる。

ですから、ノウハウ、ナレッジ、アイディアなどもシェアされなくなるのです。

誰も、誰かのための貢献などはしなくなるものです。

 

だってそうですよね…。

結局、自分の出したものは、奪われるのですから。

 

さきほどの社長がこういいました。

「なんで、うちの社員は自分のもっている人脈や情報をださないんだ。

 もっと、この場に提供しなさい!貢献しなさい!…といっているのに、ったく!」

 

なかなか残念なお知らせですが、はっきりいいますと、

「それはあなたが引き起こした結果です」

 

きっと、そうして、

この社長も社員からなにかを奪われていくんですよね。

 

そういう意味ではお互い様です。

 

あなたの組織では、

社員ひとりひとりの貢献に満ち溢れていますか?

引き出していきましょう!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook