『光と影』


先日、ある職場のリーダーからこんなお話をいただきました。

「中島さんね、あれからいい感じですよ!
 部下の行動を促進させるために、いい行動をしたら「いいね!」と
 徹底的に褒めてあげてきました。
 そして、それが、部下同士でも「いいね!!」ができる環境になるように、
 毎週、週礼のときに、各自の自慢大会をしたり、ホメホメタイムをつくってきたんです。
 おかげで、ものすごくチームの雰囲気もよくなってきた!
 行動も、ものすごく加速してきた!!と思うんですよね。
 でも…。」

どうされたんですか?

「実は、最近、なんかおかしなことがおきていて…。
 部下たちが、ちょっと<盛って>きているんですよね。
 なにかいいことをいわなくちゃいけない、
という雰囲気なのか、ちょっとだけ大げさに。

 あと、これは問題だと思うんですけど、
 みんなが、ネガティブなことを言わなくなってきているんですよ。
 なんか、腹では思っていることあるだろうに、ポジティブな言い方しかしない。
 …そうそう、この前も、聞いてびっくりしたのですが、小さなクレームとかも
 実は結構、あるらしくって。僕のところまで上がってこなくなっているんですよ」と。


光と影…。

照りつけるその光が強ければ、強いほど、影は濃くなります。
望ましい行動に光をあて、認め、賞賛していけば、その行動は増えてきます。
リーダーが注目すればするほど、それは加速していきます。

しかし、強い光になればなるほど、影が濃くなるように、
何かが沈んでいきます。影の中に消えていきます。

例えば、成果だけに目を向ければ、プロセスは影に。
成功談だけに光をあてると、失敗談は影をひそめる。
ポジティブな話しかしないリーダーには、ネガティブな話題はあがってこない。

不思議ですよね。

ネガティブな情報をもっていって、
「なんだ、お前、そんなこともできないのか、バカ野郎!!!」というダメだしばかりの
恫喝マネジャーのもとでも、ネガティブ情報はあがらなくなりますが、
実は、今回のようなリーダーのもとでも、ネガティブな情報はあがらなくなる。

そして、これだけは押さえておきたいのは、
部下がネガティブなことを言わなくなってきている、ではなく
言えなくしているんです。

光と影…。

いま、現場で起きていることは、
100パーセントあなたが引き起こしている。
あなたの光と影。再点検してみましょう。

ドキッとする話でしょう?
今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook