2021年

2月

01日

『うっせぇわ 〜相手のホームに赴いて、そこからの景色を眺める』

今日は中島家の話。
我が家には三人の子供がおりまして、末っ子が中一の女子。

丁度、思春期といいますか、
反抗期といいますか、、、苦笑

そんなに激しく抵抗している!とかではないのですが、
やはり、私だけではなく、妻にも距離をとっていますし、
なんか、とっても世の中に苛立っている…。

彼女のキャラもあるのですが、
これしなさい、あれしなさい、といわれるのが嫌で
ふてくされてしまったりとか、言うことをまったく聞かなくなったり。

こうしたことは、どこの家でもあると思いますし、
反抗期っていうもの自体は重要で
起きてくれて、ある意味でよかったなあ、と思おうとするのですが、
やはり、気になる。

どうしてそんなにふてくされてんのかな…って。

やはり、こういうときは、自分の子供と思うと反応してしまうので
あくまで「あかの他人」として観察をしよう!とすると、
少し冷静にみることができるようになります(笑)

どういう世界観の中で生きているのか?
生態研究をしようかなと思ったんです。

ということで、
普段、ネットや YouTubeを真剣にみているものを、傍から観察すると、、、
やっぱり、そこに見えてくるんですよね

例えば…

【Ado】うっせぇわ
https://youtu.be/Qp3b-RXtz4w

なんどもなんども、食い入るようにYoutubeをヘビーローテ。
そして、一緒に唄っている。

なんか聞こえてくる歌詞が「???」だったので、
娘にわからないように、私もYoutubeで検索をして聴いてみると、、、、?!?!!

本当に眩暈をしてしまうような内容…驚

まさか自分の娘が、
こんな曲を聴いていたのか!?と愕然としてしまったのですが、

ちょっとまて。
生態研究だ!!!

と、我慢して、私も10回くらい聴いているうちに、
彼女たちの見ている風景が見えてくるのです。
そして、彼女たちの気持ちを代弁しているようにも感じたのです。

そして、同時に、
なんとも、かつての35年くらい前の自分も、こんな感じだったのか、、、とも(笑)

生態研究とは、相手の陣地(ホーム)に赴き、
そこから見える風景を眺めること。

そんな風に思えたのです。
それからは、なんとなく寄り添える感じ。

「うっせぇわ」の話や
彼女の大好きな「すとぷり」の話には、
ぶっきらぼうながらも会話が続きます(笑)

もちろん、それで娘の「なにかに対する苛立ち」が
急に消えるわけではないのですが、
こっちの捉え方ががらっとかわった、、、

ということには間違いはありません。

皆さんは、いかがですか?
最近、生態研究してますか?

『うっせぇわ 〜相手のホームに赴いて、そこからの景色を眺める』
 https://stand.fm/episodes/601678028ba7e10fec1ee8a6

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

1月

29日

『立てた瞬間から起きる悲劇。 よし!目標変更だ!』

目標設定の立て方が甘いと、
いろいろ弊害が起きてきます。

昨年11月にとある講座で思わず宣言してしまったのが
「1年間で、6冊Kindle出版をだします!」と。

確かに12月頭に一冊は出したのですが、
そのあとが、うだうだと、、、
実は、「立てた瞬間から起きる悲劇」が起きていたのです。

なんとなく「できるかも」という目標を立ててしまうと
いままでの常識、いままでのOS、いままでの技法で
それらを使って乗り越えようとしてしまいます。

そこにはまったくイノベーションもなく。
私自身のOSのバージョンアップも感じられず。
これらがモチベーションの停滞になってしまったのです。

やはり、どっきどきな目標でないと(笑)
それをイメージしただけで、
わくわくするものでないと。

ということで、目標変更
「Kindle出版100冊!」としました!(笑)

これを、表参道で髪を切りながら、スタッフとあーだ、こーだと
話をしていたら、なんと、イメージがどんどんわきあがり!(笑)

なんと、
2週間に一冊書いたとしても、、、、
年間25冊か、、、、少なくね??
…というありさま。

完全にネジが外れました(笑)
(メンタルブロック解除、完了!)

こっからなんです。問題は。

では、どうやってそれを成し遂げていくのか。
いままでのやり方では絶対に書けません。

効率的に、スピーディに、
でも品質高く作品を創っていくために
新しい技術、技法、ツール、考えかたを取り込んいかないと不可能です

今回の「100冊!」という数字には特に意味はありません。
実際には75冊で終わるかもしれません。

でも、確かに、6冊ではなく、100冊!とした瞬間に、
自分で勝手に自分にかけてしまった限界をとりはらい
メンタルブロックを解除し、

意図的に、
「呪縛からの解放」を引き起こす、ということが起きるのです。

いま、100冊のタイトルを書いているのですが、
50冊で止まっています(泣)

でも、そこでまた…
降りてくるんです(笑)
いろいろなものが。

いいですねーー!このモゴモゴ感(笑)

『立てた瞬間から起きる悲劇。
     よし!Kindle100冊に変更だ!』
 https://stand.fm/episodes/600ad7a283a482724752a36a

皆さんも、意図的にしかけてみませんか?
今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

1月

28日

『要点検!コロナ禍で、すこし地盤が緩んできてませんか?』


いま、各社のリーダーとお話しをしていると、
メンバーたちのストレスも、ちょっと上がりつつあるみたい。

テレワークでのオンライン会議は、
表と裏でいくと、表の場。

やはり時間も限られていますから、
参加者がお互いに要望をしあいます。

ホントはいろいろ背景やら感情やら丁寧に説明をしてから、
やんわりと、お願いをしたいところなんですが。。。

***

氷山の一角とはいいますが、
水面上で「見えている」ものと、
水面下で「見えにくいもの」があります。

水面下は、
たくさんの気持ちや感情や事情や問題やら、、、
が埋もれています。

もうちょっと説明をすると、
階層が3つあったとして
1番底の階層には「受容と承認」
2番目の階層には「関心と理解」
そしてその上の3番目の階層には「期待と要望」
があったとすると、

オフィスでリアルに仕事をしているときは、
「受容と承認」「関心と理解」はある程度は充足し
それがあった上で、
お互いに「期待と要望」をしあっていた仲間たちでも

いまコロナ禍で、
「受容と承認」「関心と理解」が
だんだんと少なくなってきて、
中には、枯渇状態の部下たちも…。

そんな中で、オンラインで
お互いに「期待と要望」をしあってしまうと、
どうしてもギスギスしてきますし、最悪の場合、
「お前らに何がわかる、俺たちのことを?!」
「お前らがそんなこというんだったら、俺たちもこれを要求する!」
と、要求の投げつけあいになってしまう、、、という状態。

そんな感じになってはいませんか?

やはり、しっかりと、
「受容と承認」「関心と理解」という基礎地盤があってこそ
高層ビルが建ちますし。

ちょっと、だんだんとその地盤がゆるんできているようにも感じます。

皆さんのチームではどう?
関連部署とのやりとりはどう?
要点検!ですよね。

『要点検!コロナ禍で、すこし地盤が緩んできてませんか?』
 https://stand.fm/episodes/6007fcc183a4829604526b23

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

1月

27日

『連続的成長ではなく、非連続的成長を自らに課す方法とは?』


コミュニティの分科会が盛り上がり
とある分科会の参加者が前回の倍増!

いいですねー

でも、やはり、
一人当たりのシェアが少なくなり。
さあ、こっからどうするか、ですが...

***

皆さんの会社でもありませんか?

テレワーク。
いろいろな活動を発表してもらうのもいいのですが、
溜めにためたものを、会議に押し込もうとすると、
コンテンツがテンコ盛りになるわ、
議論の時間が少なくなるわ。

結局、あわただしく会議に詰め込むだけ詰め込んで、、、
シェアだけで終わった。。。
そのシェアも、表面的で、、、なんとなく薄い。

なんて?
よくありませんか??

そんなときは、もう発想を変えて
いまある技術やツールをつかって、事前にやりとりをしちゃって
本番のオンライン会議では、
ディスカッションや本質を語りあう会にする…

といった「反転学習モデル」を使っちゃうとか。
ということで、コミュニティを進化させていきます。

詳しくは、こちらで語っています
   ↓
『連続的成長ではなく、非連続的成長を自らに課す!方法とは?』
 https://stand.fm/episodes/600e31c68ba7e180181e3921

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

1月

26日

『流れるプール』


自分自身を変えたいのですが、、、
という方には、こう、即答します。

「流れるプールを見つけて、
   すぐさま、飛び込んで!」って(笑)

もう、ぐるぐる回っているプールにはいったら、
身を任せて、流れていけばいいんです(笑)
そうすれば、自然とどんどんバージョンアップしていくわけで。

1月からスタートした「トランジションマネジメント3」
こちらは、もう、進化が止まりません。

1期、2期から、すでにはいっていた方で継続されている方が
もはや、はじめっから、流れをつくっています。

でも、派閥をつくるわけでもなく、
3期の方をうまーくウェルカムしてくださるので、
新しく入った3期の方も、うまーく流されて(笑)
もはや、誰が、いつから入ったのか、わからない状態!

分科会の立ち上がりも、バンバンバン!
「自律自走する組織会」
「反応しない練習した人集まれ!」
「ストレングスファインダー強みを活かす」
「颯走会」「ご機嫌ゴルフ会」「スタエフ会」「韓国部」
「r_and_d会」…などなど

こりゃー、また、歴史に残る期になりそうです。

※「トランジションマネジメント4」(無料)は
 4月スタートで、6月までの3ヵ月です。
 3月から募集をかけますが、興味がある方は、
 このメールに返信してください。
 既存メンバーの次に先行的にご案内します。

そして、私は、思うのです。
ここは実験室。ここで体験されたことを、ぜひ、
どんどん自部署に還元していってほしいのです。

現に、現在のメンバーは、それを実施していて、
自らの呪縛を解きはらって、ガラッと進化しちゃったリーダーも。
そして、職場も自走しはじめたり、
家庭が円満になりそう…(笑)だったり。

※ぜひ、興味のある方は、レスをくださいね。
 
さあ、プールを探して、飛び込もう!
ここにプールはありますよ!

『付き合う人を変える』
 https://bit.ly/2Y8GPsq

『高速道路をつくる』
 https://bit.ly/36cYCmu

今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)