『見えない不安、扱えない不安』

今回のライフイベントを体験して、
葬儀のこと、お墓のこと、
宗教のこと、戒名のこと、家紋、相続のこと…。

いままで気にはなっていたけど、
なかなか扱えなかったことに真正面からお付き合いしたら、
なんとも、いろいろ見えてきました。
(只今も、奮闘中…ですが)

…他人のお墓の戒名をみて、
 逢ったこともない故人の生前のお人柄、趣味、特技や業績、宗派が
 だいたいわかったり…。笑
 いま、自分の生前戒名をつけそうな勢いです…。(^^;;

いろいろ見えてくると、カンファタブルですね。
余計な不安がなくなります。
留まっていたものが、流れ始めると、楽になります。
コントロール可能な領域が増えた…ということなんでしょうね…

きっと。

会社でもそうですよね。
チームのメンバが何を考えているのか、
見えなくなると不安になります。
経営が何を考えているのか、
見えなくなると社員は不安になります。

組織の中での、双方の会話や対話がなくなると、
お互いが勝手な個人的な解釈をもちだして、エモーショナルワーク。
ある人は他者を攻撃し、ある人は保守に走る。

そして、その結果、
扱えないタブーな領域をこしらえて、
扱えない不安で重くなる…。

見えない不安…、扱えない不安…。

これって、誰が悪いってわけではなく、
その場にいた人たちが(もしくは過去から時間をかけて)
<あなたがそういう態度ならば、私はこうする…>といった作用反作用で、
その結果、そういう雰囲気や、そういう状態をつくりあげらてきたわけで…。笑

もしかしたら、いっせーいのせっ!で、
みなが飛び込んじゃって、話し合うだけで、
「ああー、そういうことだったのね」と、解決するかもね。

こんがらがった糸が、するするーとほどけていくように。

見えるっていいね。扱えるっていいね。

そんな体験ができました。
みなさんの職場でも、会社でも、そういうことありませんか?
そして、いかがですか?

いっせーいのせっ!
今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook