『あなたは最初の100日間に何をすべきか』

この時期、昇進昇格、人事異動のご案内がちらほらと。
そのご連絡をきくと、私自身もドキドキしますが、
きっと、御本人が一番、ドキドキワクワクしているんではないか、と思うのです。

 

この時期になると、ある方を想い出します。
3~4年周期で、ある日突然、連絡がくるんです。


「中島さん、またコーチしてくれないかな?」
「あら!今度はどちらですか?」
「今度は、また違う業界でさぁ…笑」

 

この方は、いわゆる企業の成長請負人。
小さ目のオーナー企業の社長参謀として転職をし、
3年から4年でその企業の課題をどんどん解決し、属人的ではなく組織経営に進化させ、
自分がいなくてもこの会社はもう次のステージにいけるな、と確信をもてたら、
また、自分の能力を求めている会社に転職をしていく…という方。

 

彼とのセッションは、私にとっても刺激的でした。
・この会社のKPIはなにか?
・自分に期待されていること、自分の能力でこの会社で発揮すべき点、欠けている点の棚卸し
・企業風土を考えた際に、自分のリーダーシップをどういうパターンでいったらいいのか?
・社内キーマンのマップの作成
・社内での就任の挨拶の原稿チェックと、ロープレ
・3年間で成し遂げること、最初の100日間で成し遂げることの棚卸し

これを彼とは3回(の転職)もやったんです。笑

 

転職だけではなく、昇進、部署異動など、
この時期は多くのリーダーが新天地での活躍を求められます。

それは、あまり時間的な猶予が許されているわけではなく、
実は、会社としてはすぐにでも成果を出してほしい。

「新天地にいかなければ詳細はわからない」「時間が立てば慣れるもの」…
たしかにそうなんですが、それではあまりにも無戦略すぎです。

 

・まったく技術、人脈のない部署への異動で、覚えること、学ぶことがありすぎて
 あっというまの三か月間でした…とか。
・最初はこうしたい、ああしたいと思っていて、でも、
 新しい部署にいかないと何もわからないから
 なるようなれ…と思っていざ配属したら、目先のことに追われ、
 結局、思えば何も進んでいなかった…とか。
・3か月を過ぎたあたりから、体調が崩すことが多くなってしまって。
 こんなことはなかったのに…とか。

 

新天地を前に、新たな気持ちのワクワク感と、
自分に務まるんだろうか、というドキドキ感。

頭がぐちゃぐちゃになって、…えーい、もう、何とかなるだろう!!
と思う人もいるかもしれませんが、そんなときは、
新天地でのロケットスタートするためにも、オススメの本があります。

 

みようみまねでやってきた「ロケットスタート」セッションも、
この本が当時、あったならば、もっともっと網羅的にできただろうに…と思います。笑

___________________________
あなたは最初の100日間に何をすべきか
成功するリーダー、マネジャーの鉄則 (日本経済新聞出版社)

___________________________

皆さんは、ロケットスタートさせるための戦略、手順書、ありますか?
ぜひ、参考にしてみてください。
そして、これをテキストとして、セッションするときは、お声掛けくださいね。
ばっちり支援しますので!!笑

今日もきっと・・・I・W・D!

 

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook