『不信は不振』


プレイヤーの立場から、人をマネジメントする立場になるとき、

絶対に身に着けないといけないスキルがあります。


そして、そういった初級マネジャーがミドルマネジャーへ、

そして、経営陣へと進化していくときに、さらに身に着けないといけないこと。


いくつもあるのでしょうが、最近、これを持ち合わせていないために

成果をあげられない方があまりにも多い。

それは、「人を信じる力」。


担当するチームが小さいとき…。会社が創業期なとき…。

このときは、大いに自分がプレイヤーとなるべきでしょう。

そして、そのときは「信じるのは自分」。それでいい。


しかし、担当するチームが大きくなっていくと、そして会社が大きくなっていくと、

結局は、人に動いてもらわないといけない。

そして、直接介入できないことが多くなる。

そのとき必要になってくるのは、間違いなく「人を信じる力」。


業績不振のマネジャーや、経営不振の会社の経営陣の特徴は、この力がないこと。

基本、彼らから伝わってくるのは、「君たちのことは信じていませんから」というメッセージ。


「君たちはわかっているのか?わかっていないだろう?」

「この項目を暗記したまえ!できないうちは外にでるな!」

「できるかどうかチェックしてやる。」

「ほら、いわんこっちゃない。できないじゃないか。」

「いつもダメだね。今回もダメだろ?」

「君たちは、どうしようもないクズだ。とにかく動けといったら動けよ!」


部下からすると、ウンザリしてしまいます。

もちろん、これで人は動くかもしれませんが「動かざるを得ない」だけであって、

「こころから喜んで動いているわけではない」のです。


不信は不振。


当たり前の方程式ですが、「業績不振、経営不振は、あいつらのせいだ」と思っているようでは、

一生、そのループからは脱出できないですよね。

その事態を、引き起こしているのは、部下を信じきれていない自分なのにね。


さぁ、あなたはどうですか?

「信じる力」はバージョンアップしていますか?


今日もきっと・・・I・W・D!


お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook