『創造、醸成、破壊のサイクルをまわす』


「業績を上げ続けるチームを創るためには、なにをすればいいでしょうか?」

「職場風土を変えていきたいのですが、どうすればいいでしょうか?」


よくこうした問いかけをいただき、このことをテーマにした講演や職場コンサルティングを

これまで少なく見積もっても1万人の方にはさせていただいてきています。


今日は、その時にお話させていただいているポイントを、ご紹介しますね。


業績を上げ続ける組織・チームにしたいときには、

重要なプロセスは、「創造⇒醸成⇒破壊のサイクルをまわす」ということ。



各フェーズで、何が必要なのかをポイントをまとめます。

__________________________

フェーズⅠ 慣性の創造:

新しい価値観や行動パターンをスタートさせること


フェーズⅡ 慣性の醸成:

新たにスタートしたものを、強化し、修正し、

ある状態や気運を徐々につくりだし、定着させること


フェーズⅢ 慣性の破壊:

その状態や気運を破り壊すこと

__________________________



まず、「慣性の創造」フェーズでは、


①リセットする

②現実に向き合う

③行き先を共有する

④行く能力をつける

⑤行く気になる


まず、何か新しいことをはじめるときは、何かをやめてからはじめるのがポイント。

ここでいう「リセットする」とは、何かを始めるとき、無意識に、その職場の考え方、

価値観を反映した暗黙のルールや枠にとらわれてしまうことが実に多いものです。

この過去の慣性が、今度の新しい活動を押しつぶしてしまう可能性も非常に多く、

この慣性をリセットしておく必要があります。

そして、何かをはじめるときには、なぜはじめるのか?をメンバーが現実に向きあうこと。

ここが疎かにになるとほぼ失敗するでしょう。そして、行き先を共有し、そこに行く能力をつけさせる、

また行く気を保てるようにしていくことが重要です。


私が、現場に入っていて痛感するのは、

組織やチームの業績を上げられないリーダーや上司のほとんどが、

この「慣性の創造フェーズ」でつまずいていることです。



     *****


「慣性の醸成」フェーズでは、


⑥常にゴールを意識する

⑦問いにより、自主性を育む

⑧定期的にモニタリングする

⑨承認により、成長実感を得る

⑩なによりも楽しむ


新たに起こしていきたい慣性を強化し、進化させ、ゆっくりと育てていく醸成フェーズです。

強化するためには、常に、望ましい行動を示し、意識し続ける環境をつくる必要があります。

また、それは、リーダーが示すだけでなく、組織の中に内在するような組織に共有された「問い」と

なっていることが望ましいといえます。


また、当初、目指していた状態に近づけていくために、定期的に自己評価して、

どこまでこのチームが成長しているのか、進化しているのかをモニタリングしていくことが、

成長実感につながります。


望ましい行動を評価し強化していく一方で、望ましくない行動や慣性はここで消去しておく必要があります。

いずれにしても、この活動自体が「誰かにやらされたもの」ではなく、楽しさ、面白さ、を見出すことも、

このフェーズでのポイントといえましょう。



     *****


そして「慣性の破壊」フェーズでは、


⑪目的に立ち返る

⑫広げたら絞る

⑬タブーに触れる

⑭不平不満をリクエストに変える

⑮枠を壊す


醸成フェーズを乗り越えた際に、よく起きる現象として

「活動が長期化すると本来の目的を見失いがちになる」があります。


目先の目標に目がいきやすく、「なぜ、この活動をしていきたいのか」「そもそも、どこにいきたいのか」を

いつも初心を忘れないようにしていくことが重要です。


また、醸成フェーズの後期では、多くの活動が活気をもって広がっていきます。

チームを分けたり、分科会を始めたりと。すると、急にエネルギーが下がることがよくあります。

チームにわけた瞬間に、そのチームの目標に目が行き、全体を見なくなってくる。

自分のチームの目標を達成したくなるために、全体が見られなくなります。

あれも、これも、手がつけたくなるのですが、あれも、これも、これが問題です。

結局、なにもできなくなる瞬間です。

いろいろあるけど、なにもできない、これは無力感・閉塞感の原因になります。注意が必要です。


また、こうしたときに、となりのチームがやっていることがわからなくなるために、

他のチームにちゃちゃをいれられなくなる。おかしいな、とおもっても指摘しづらくなる、ということが起きます。


また、醸成フェーズのときには、「良い行動を強化する」ことを徹底しているため、

組織に流れる慣性がある意味、強化されますが、

「心で思っていても、なかなかみんなの前で否定的なことをいえなくなってしまう」など、

これ自体が弊害になることがあるのです。


破壊フェーズでは、こうした流れを、意図的に破壊すること。

例えば、タブーに触れる、不平不満をリクエストに変える、などは、とても重要なポイントなります。

自分たちが創って、育ててきた慣性を、自らの手で破壊すること。

これができて初めて自己修正能力が搭載され、自走する組織への旅たちになります。



     *****


いかがですか?

業績を上げ続ける組織を創るためにのポイント。

チェックしてみてください。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook