『みんな実は「怖い」んだ…』


部下に、自由に話をさせないリーダー、

たまにいませんか?


自分が一方的に話すだけ話して、部下の意見はあまりきかない。

誘導的な質問や話の展開ばかりで、自由度がなく窮屈な感じ。


自分にとって都合が悪い展開になると、否定的になったり、ダメだしをする。

時には、罵倒されたり、理不尽な仕打ちをされたりする。


何回も続くと部下たちは、そのリーダーに、

情報をあげることも、話しかけることもしづらくなってきます。


現場で起きているちょっと気になる出来事があったとしても、

事が深刻になるまで、情報があがらなくなります。


リーダーに情報をあげられないメンバー。

メンバーの声をきこうとしないリーダー。


なんなんでしょうかね。

なにを守っているんでしょうかね。


なぜ、言えないんでしょうかね

なぜ、いわせないのでしょうかね


僕はこう思います。

どっちも「怖い」んだ、と・・・・


言えば馬鹿にされるし、ひどい仕打ちにあう、だから言えない。

<怖い>ですものね…それはわかります。


でも、言わせない方も、実は怖い。


全部いわせちゃって、全部聞いちゃったら、どうなっちゃうのか。

そこで、リーダーとして判断をしなくちゃいけないけど、

判断できないようなことを聞いてしまったらどうしたらいいのか。

アンコントラブルな状態になることを<怖がっている>。


だから、答えを用意していたり、答えを誘導するような展開にさせたり、

やたら自由な意見がでないように操作していたり。


そうすることによって、<安全>を手に入れている。

でも、そんなことしていたら、<もっと怖いこと>がおきるのにね。


言う方も、聞く方も、みんな実は「怖い」んです。

自分を守ることで精一杯。

でも、そんな自分を守ったって、組織が滅びていってしまうのにね。

気を付けていきたいものです。


皆さんは怖さとうまくお付き合いできていますか?

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook