『特殊、特別、他の人と違う…』


「中島さん、うちの業界は特殊なんですよね。だから、なかなかねぇ…」


よくこういう言葉を耳にします。



初めは「そうなんだ…」と共感はしてきたものの、

これまで何度となくこういう場面に出逢い、

そして、その人たちのそのあとの行動パターンをみるにつけ、

最近では、私はこう確信しています。



…この人、変わりたくないんだな…と。



この手のセリフは、どんな場面でも発生します。

「一般的にはそうは言われていますが、うちの部署では違うんです」

「いやぁ、お客様はいろいろ違うので、営業に求められることもそれぞれなんです」


特殊、特別、他の人と違う…。

この言葉は、魅惑の言葉です。



その言葉で、周りの人が諦めてくれるので。

嫌なフィードバックをしてこなくなるので。



…お互い何をしているのか分らないので、指摘することもできない

…なにやら専門的なことをされているのだろうから、隣の部署の素人の自分は口出すこともないだろう


そういう雰囲気をつくり作ります。いわゆる大人な感じ。笑



つまり、このセリフをいうということは、

「私、変わるつもりありませんから!」

「私、人からのフィードバック受けるつもりありませんから!」

といっているのと同じです。



自分が変化させられるのではないか、という恐れから、

その防御のセリフを口にすることで、身を守るのです。

安全地帯におこうとしているのです。



そのセリフで大切なことを失っているとは知らずに。

そのセリフを言うことで、

「実は、安全でなくなっている」ということを知らずに。



人からのフィードバックループを遮断することは、成長のチャンスを自ら閉ざすこと。

成長をすることを諦めた瞬間です。

成長をしない人や部署や企業は、サバイブする力がなくなります。


そう、「実は安全でなくなっている」のです。


あなたの職場では、そういう口癖をいっている人はいませんか?

チェックしてみましょう。



もし、いたならば…?


今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook