『君はこの僕になにを教えてくれるんだい?』

最近は、自分の上司が

<あらゆる人を自分のコントロール下におきたい!>

というタイプで、疲弊しきってしまっている方が多く。


以前はいましたが、最近はこういう人は

僕の目の前にめっきりあらわれなくなりましたが。笑

たぶん、私が彼らの生息エリアに近づかないのか、

もし遭遇しても、私の態度で、相手が拍子抜けしちゃうんでしょうね。笑


では、本日のメルマガです!


◆◇◆________________________◆◇◆

『君はこの僕になにを教えてくれるんだい?』

◆◇◆________________________◆◇◆



座るなりいきなり

「君は僕に何を教えてくれるんだい?」という某大企業の重役。


こちらの話を聞く気もなく

「僕は大学教授の〇〇さんと、〇年前から仲良しでね」

「そのほかにも、〇〇さん、〇〇さん、〇〇さんと勉強会をしてきたよ」

「そして、僕はこれまで、〇〇年にわたって従業員スタッフに対して、

 〇〇塾(ご自身の名前がはいっている)で教えてきて、ほぼここの部下たちはみな卒業生だ」


といっきにご自身のこれまでの活動履歴をかたったあと、

彼は私にこう問いかけました。


「で?君はこの僕になにを教えてくれるんだい?」

「(ニヤニヤしながら)君から教わることが、あるのかな? この私に?」


そして、最後にとどめの一言

「君が、僕から教わった方がいいことが多いのではないかな?」


随分と前に体験したことですが、いまでも、その場面を詳細に思い出すことができます。

でも、その時の私の中で生まれた感情は、比較的落ち着いていました。

何故かというと、もうこの手の<相手を自分のコントロール下におきたい!>という方とは

何百人とあっていて、それこそ典型的なパターンだからです。


自分のコントロール下に置くための行動例としては、

・表情を変えない

・横柄な態度、態度を大きくする

・人の話を途中で遮る

・早い段階から、年齢を聞く

・過去の自分の成果(業績、人脈)を並べ、自分を大きく見せようとする

・否定的、挑発的な問いかけを投げつける


そういう方と向き合っている時に、私の体内で流れる台詞はこれ。

<こんな僕の何を怖れているんだろうか、この方は?>

そうですよね…だって、20歳も年下であろう、私に。


そして、

<この人を不安にさせているのは、なんだろう?>

という問いを自分の中に繰り返し、


自分はあなたをやっつけに来たわけでもなく、

あなたを評価査定にきたわけでもなく、

もともと<戦う意思はない>こと。


そして、ここでの関係では勝った負けたではなく、あなたの味方としてここにきているんだ、

というメッセージを十分に投げかけていくと、たいていは30分もすると落ち着いていきます。


皆さんの周りでもいらっしゃいませんか?

いつも戦っている人?笑


そういう行動をしている人ほど、人一倍、臆病だったりします。

でも、そこを否定するわけでもなく、迎合するわけでもなく、

そことどうお付き合いしてあげるのか。そこが重要です。


自分自身にもあるかもしれませんものね。

ちょっと考えてみてみましょう。



今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook