『歴史に触れ、原点回帰』

 

昨日、大山崎山荘美術館にいってまいりました。

きっかけは、一か月前。

 

このメルマガの読者でもある

大山崎山荘美術館 館長の粟津晶さんから

メルマガへの感想や近況報告の最後に、

 

「ところで、中島さんは関西への出張はありますか。

 京都の美術館にも関与しており、

 中島さんが行く機会があれば是非訪問してほしいと思いまして。」

 

私はプロジェクトで関西にいく用事が定期的にありまして、

そのことをお伝えすると、粟津さんは、ご丁寧にパンフと招待券を送っていただき、

こんな一言もそえられていました。

 

「7月3日は心豊かに安らいだ気持ちになってください。それではまた。」

 

そして、昨日…

本当に暑かった京都。

 

暑い、熱い、ι(´Д`υ)アツィー。笑

 

しかし、あの場、あの空間は、流れる空気も時間もまったく違うものでした。

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

 

いろんなご縁とご縁が繋がって、

歴史を積み重ねてきて、今ここがある。

 

そう感じた瞬間こそ、なんとも心豊かな気持ちになれました。

 

そう、なんともここ最近、

不思議な気持ちになっています。

 

つい先日もメルマガに書きましたが、

創業100年を超える企業との接点を今一度、振り返ってみたり。

酒蔵めぐりや、歴史深い土地に訪れてみたり、老舗宿に泊まってみたり。

 

なにか、こう、新しいものを追いかけているときには得られない

なんともいえない安堵感、心の落ち着きを感じるのです。

 

ちょっと、最近、未来にアクセスしすぎていたのかもしれませんね。

ドキドキ、ワクワクもしますが、時に振りまわされたり、焦ったり、不安になったり…

なにかフワついているとこも否めません。

 

きっと、最近、この手のお誘いが集中したのも、

「歴史に触れてみて、原点に帰ってみたら?」という

なにかのシグナルなのかもしれません。

 

ちょっと、引き寄せている感じです。笑

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook