『過去も変えられる…?』

 

よくこういうことをいわれます。

 

変えることができないのは、「過去と他人」

変えることができるのは、「未来と自分」

 

このウィズダム自体は、

私自身も大好きな言葉です。

 

結局、過去と他人は変えられないのだから、

自分で未来を切り開こう!!

 

なんと、自責なスタンスでしょう。

素敵です♪

 

でも…、最近は、

「過去も変えられる」と思っています。

 

なぜか?

 

それは、過去の出来事を、

それをどう捉えるか?、どう解釈するのか?…は、

自分次第だからです。

 

Aという過去の出来事。このことを、

「つらかった」と捉えているのも自分ですし、

「あのつらかったあの時があったからこそ、今の自分がある」

と捉えるのも、これまた自分。

 

過去のAという出来事の事実は一つであったとしても、

それを「どう捉えるか、どう解釈するのかは、変えることができる」のです。

 

しかも、いますぐに!

 

過去に対する記憶なんて、

いまの自分がつくった過去の像。

 

そう考えると、

なんとなく、自由になれませんか?

自由になりましょうよ!

 

今日もきっと…I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook