『レスポンスの遅い上司』

 

レスポンスの遅い上司っていますよね。

 

あなたは、どうですか?

もし、遅いのならば、それって、かなり大罪です。

 

言い訳いっている場合でなくって、

早くレスする訓練をいますぐしましょう。

 

部下からすると、メールをしたのにレスがない。

いいのか、悪いのか、わからない。

せっかく早めに出したものも、上司のあなたのところで止まってる。

 

一方、できる上司は、レスポンスがえらい早いです。

 

了解です、進めてください! (OKなことをレスをする)

了解です、いま見れないので、あとでみて改めてレスします!(見れてないことをレスをする)

了解です、検討してからレスします、明日まで待って!(途中経過であることをレスをする)

 

すぐに返ってきます。

どんな状況かがわかるので、部下は安心します。

早いときは数分後、遅くてもその日の夜。

翌日以降な上司は、だいたいがイケてない。

そのレスの遅さがなにを引き起こすのか、わかってない。

 

<どうなったんだろう…。>

部下に余計なエモーショナルワークをさせてはいけません。

 

<あ、あまり、大切なことでないんだ…。>

部下の熱意を奪ってはいけません。

一度、冷めた熱意が、また立ち上げるのに時間がかかります。

これがどれだけの組織エネルギーの低下を引き起こしているのか。

 

そもそも、加速させていくのが上司の仕事。

あなたが、仕事を止めてどうすんの?

あなたのパフォーマンスで、組織のパフォーマンスが制限されているようではいけません。

 

自覚がないのが問題で、

一度、はっきりいってあげたほうがいいかもしれませんね?

 

あなたがボトルネックになってどうするよ!笑

 

因みに、遅い人で、その対象が部下だけでなく、

他のステークホルダー(上司、関連部署、顧客、他社のパートナーなど)にも遅い人は…論外です。

 

ドキっとした方?

そう、アクションですよ!

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook