『終わった人…になる前に』

 

部下がついてきてくれるのは、

あなたのポジションパワーがそうさせているだけであって、

ビジネス抜きならば、ついてこないかもしれません。

 

ドキっ…

 

そう考えると、

いまついてきてくれていること自体、

感謝に値するかもしれません。

 

先週、とあるメンターから、進められた本を読みました。

それは、

 

「終わった人」 内館牧子著/講談社

 

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍をさせられ、

そのまま定年を迎えた主人公。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。

妻は夫との旅行などに乗り気ではない。

「まだ、成仏していない。どんな仕事でもいいから働きたい」と職探しをするが

取り立てて特技もない定年後の男に職などそうない。

生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるの?

(表紙カバーより)

 

 

まあ、書評コメントをみると、賛否両論ではあるのですが、

「自分とは違う」「自分はこうはなりたくない」

「でも、自分もそうなるかもしれない」…という内側の踏まれたくない

大事なものに触れるたびに、もんもんとする感じが、またいいのかもしれません。

 

数年前、人生の先輩たちが、

「中島君、定年後は、教養と教育が必要だよ。」

といわれ、「は?」という顔をしていたら、

 

「今日、用がある(きょうよう)」

「今日、行くところがある(きょういく)」

 

といわれ、あらら…と思ったことを思い出しました。(笑)

 

いずれにしても、どんな世代も将来、避けることのできないお話。

 

自分はどうなんだろう。

私は、4年前に組織から飛び出たときに向き合いました。

 

みなさんは、いかがですか?

心の底からついていきたいと思われているリーダーですか?

それとも、そうでないリーダーですか?

 

ぜひ、終わってしまってからではなく、

終わった人…になる前から自問自答してみましょう。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook