『<違い>と<間違い>』

 

「君はどう思う?」

 

部下に意見を求めては、

でてくる意見に即座に「それは違うだろ!」だなんていってしまったら、

次回、また同じように意見を求めても、答えてはくれないでしょう。

 

他人の考えと自分の考えに「違い」があって当然です。

しかし、「それは違うだろ!」というセリフは、

 

相手にとっては、

「違い」を指摘されたのではなく、

「間違い」と指摘されたことになります。

 

「違い」と「間違い」は、異なります。

 

とくに、なにが正解かわからないこのご時世ですから、

自分の意見と違う=正解とは違う…つまり間違い!

 

とはならないことに注意しないといけません。

 

「A君の考えは、〇〇なんだね。

 B君の考えは、●●であったね。

 一方、僕の考えは、◎◎となっている。

 3人の意見には違いがあることがわかったね。

 さて、これらをテーブルの上において、僕らが考えることとしては、

 今回、僕たちが成果を手にするためには、どの考えが有効なのか、また、どの考えを組み合わせるべきなのか。

 そこを考えていこう」

 

と、「違い」に感謝しながら、ベストやベターを探していく姿勢が必要となります。

 

もちろん、でてきた考えや意見が、

どう考えても明らかに「間違い」であるならば、

その理由をきちんと本人に伝え、納得を得るべきでしょう。

 

さあ、あなたやあなたの組織では

<違い>と<間違い>、区別できていますか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook