『信じる力』

 

先日、とある研修で参加者のリーダーがこう言い放ちました。

 

「僕は、部下は信じませんから」

「というか、僕は、人を信じていませんから」

 

あらら…。

 

これまでの人生の中で、何があったのわかりませんが、

その強い語気で言い放っている姿を、

もし、部下が見ていたらどう思うでしょうかね…。

 

気持ちはよくわかります。

 

「約束していたのに、守ったためしがない。

 これでも、奴を信じろ、というのかい?」

 

はい。

それは、なかなか難しいですよね。

 

確かに、こういった場合、信じることはできませんし、

こういう部下ばかり、もしくは、こういう人ばかりと出会ってきたのならば、

先ほどの言葉も、わからないでもありません。

 

しかし、ちょっと、冷静に考えましょうか。

 

「信じる」ということは、二つの視点があります。

 

それは、「過去を信じる」ということと、

「未来を信じる」というこの二つ。

 

過去に関しては、実はあまり人によってブレはありません。

「約束していたのに、守らない」という過去の実績や行動パターンは

どこをどうとっても信じることはできません。

 

しかし、「未来を信じる」ということは、

未来に対して期待をかける、ということ。

ここは、人によって、大きく分かれる可能性がでてきます。

 

先ほどのリーダーは、

「過去、あれだけ約束を守らない奴なんだから、

 未来も同じに決まっている。だから、奴には仕事は振れないよ」となるわけです。

 

つまり、「過去を信じられない」=「未来も信じられない」という構図です。

 

一方、こういうリーダーもいるわけです。

「過去、確かに約束が守れなかったわけだけど、

  未来もずっとそのままとは限らない。

  なにか工夫をしていけば、きっと、未来は変わるだろう。

  その可能性に、その未来に託してみよう!」という考え方。

 

もちろん、その未来への期待を裏切られることもあるでしょう。

ただ、そこを条件ぬきで「信じていく力」は、リーダーには必要なのではないでしょうか。

 

プロフェッショナル「仕事の流儀」で、

「スタジオジブリ」の映画プロデューサー鈴木敏夫さんは、こう語っています。

 

「自分の<感性>などというものは、一番当てにならないと思っているんですよ」

「自分を信じるよりも、他人を信じよう、という気持ちが強いんですね。

 だって、自分の生み出すものなんて、たかがしれていますもの。」

「人間、一人でできることは限られていますからね。

 ところが、そこにもう一人加わるだけで、一足す一が二ではなく三になることもあるんです。

 それどころか、十になることだってあるでしょう」

「たとえどんな人でも、自分にはかなわないものを持っていますから、

 それらを集めていったら、ものすごい力になるはずなんです」

 

もし、仮に「過去の実績で信じれる」人にしか仕事を任せなかったら、どんどん縮小していくでしょう。

 

でも、鈴木敏夫さんのような「信じる力」が発揮できたとすれば、

企画から予算調達、アニメーターなどのスタッフ集め、宣伝戦略まで、いわば映画の始まりから終わりまでの

全ての責任を負う総責任者である鈴木さんのもとで1000人が動くわけですが、

その彼らが口々にこう語るそうです。

 

「気がつくと『祭り』のみこしの担ぎ手にされているんです」と。

 

まさに鈴木マジック。

スタッフ一人ひとりをやる気にさせて、

持てる力を最大限に引き出し、集結させていくことができるのです。

 

信じる力、、、それは、

未来への可能性を信じる力、かもしれませんね。

 

さて、あなたは、いかがですか??

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook