残酷なまでに、差は、どんどんひろがっていく…

このメルマガは、今年の5月に配信したものです。

 

「うちの会社でも、あります。

 そして、私もきっとそうなのでしょうから、

 フィードバック、早速、とりにいってみます」

 

多くの反響をあり、そのとき、その場で、

真摯に取り組んだ方は、成長を手にしたことと思います。

 

しかし、一方で、

こういうメルマガの反応もありました。

 

「うちの幹部にみせておきます。

 まさに、そこが、彼らの問題点ですから」

 

・・・あのう・・・

部下が問題なのではなく、

トップであるあなたのその姿勢が問題なのではないでしょうか?

 

いっちょあがり。

そのマインドが、成長を止め、

その会社の成長を止めます。

 

では、本日のメルマガです!

 

 

◆◇◆________________________◆◇◆

『残酷なまでに、差は、どんどんひろがっていく…』

◆◇◆________________________◆◇◆

 

正直にフィードバックをすると

 

猛烈に怒ったり

いい訳したり、自己正当化したり、

 

逆に、

落ち込んだり、拗ねたり、

フリーズしちゃって、

音信不通になる人がいます。

 

この手の人たちは、たいていが、

随分と前から「成長が止まった人」です。

 

世の中、自分の考えが最高、

唯一絶対無二!と考えているは、

指摘されると反抗し、攻撃するは、で、

フィードバックをしてくれた相手にこう思わせます。

 

「ああ、この人には、なにを言っても無駄だな…」と。

 

逆に、「ごめんなさい」「反省しています」

「私のせいでご迷惑を…」「もう許してください」

と落ち込んでみせ被害者になることで

相手に罪悪感を感じさせます。

 

そして、相手にこう思わせます。

「なんなんだよ、まるで俺が加害者で、悪かったみたいじゃねえかよ」と。

 

あのね…

どんだけ自分が正しいとおもってんの?笑

 

とちらのパターンも巧妙な手口で

自己正当化をしています。

 

そして、まったく自分を変える気がありません。

だから、だんだんと、だんだんと、

耳の痛い意見をいってくれる人が、彼らから去って、

いつの日か目の前に誰もいなくなります。

 

だから、この手の人たちは、

随分と前から「成長の止まった人」となるのです。

 

一方、一生死ぬまで、変化し、

成長することにコミットした人は、逆です

 

うわべなコメントなんていらない。

ホントはどう思ってんの?

私に必要なラーニングポイントは何?

本心聞かせて!

 

辛辣なフィードバックをもとめ、

ありたき姿に少しでも近づくために必要なこと、

アドバイスをしてくれるように求め、

取り入れ、進化していきます。

 

こういう人には、

アドバイスも、フィードバックもしがいがあります。

そして、つくづくこう思います。

 

あー…

残念な人は、さらに残念な人になっていく。

 

そして…

イケてる人は、さらにイケてる人になっていく。

 

残酷なまでに、差は、どんどんひろがっていく…のです。

 

分かれ道は、

フィードバックとの付き合い方。

 

あなたは、

□フィードバックを自分からとりにいっていますか?

□フィードバックの内容を「事実」と「意見」を分けてきいていますか?

□フィードバックをくれた方に、感謝の気持ちを伝えていますか?

□フィードバックを活かし、自分の責任で選び、「行動」に移してしていますか?

□行動した結果を、その方たちに事後報告していますか?

□そして、さらにフィードバックを求めていますか?

 

やっている人はやっている。

やっていない人はやっていない。

どんどん、どんどん、差が広がるばかり。

 

さあ、どうする?

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook