『成長する人が、やっていること』

 

「なかなか褒めることができない」

「なかなか部下に任せられない」

「なかなか痩せられない」

 

よくある「なかなかできない」事例の数々。

皆さんもきっと、お持ちなはず。

 

出来ない理由は、基本的にこの二つ。

 

一つ目は、「知識がない」

二つ目は、「しなくてすんでいる」

 

です。

 

以前、ここでもご紹介したように

出来ない人は、基本、成功するための知識が充足していません。

 

ちょっと試しただけで、

「ああ、これは、意味がない」といって、諦めてしまう。

とてももったいないことです。

 

でも、これって、「あることをしていない」からなんです。

 

二つ目の「しなくてすんでいる」というのもそうですが、

強制的にやらざるを得ない状態になったならば、しかたなくやるものの、

自分からハードルを設定して、乗り越えていこう、、、というのはなかなかできません。

 

ですから、多くは、

「知識がついたら、やろう」

「時間があれば、取り組もう」

「いつか、そのタイミングがきたらやろう」

というセリフが頭の中に充満してくるわけです。

 

でも…

そんなことを言っているうちは、

その「たら」とか、「れば」とか、むなしく終わりますし、

「いつか」だなんて、永遠にきませんので、

一生できないままで終わるのです。泣

 

では、逆に、

成長する人が「やっていること」とはなんでしょう。

 

それは、「宣言」です。

 

私のプログラムの中でも、

著しく成長している人のほとんどは、

宣言を行っています。

 

部下に宣言をする

上司に宣言をする

だれかに宣言をする

 

そうすれば、

「知識がない」「しなくてすんでいる」という状態から、

 

他人の目が加わり、

「足りない知識が充足され」

「しなければならない状態を自らつくれる」わけです。

 

若いうちは、他人からその状態を作ってもらうこともありますが、

だんだんと歳をへて、経営に近くなってくると、

自らが、自らを奮い立てさせる環境をつくらねば、

易すきに流れることを知っているのでしょう。

 

成長する人は、宣言をする。

 

あなたは、最後に宣言をしたのはいつですか?

宣言をすると、他の人が協力もしれくれるんですよ。実は。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook