『裏切られ続ける人の特徴』

 

金で引き寄せられた人は、

金がなくなれば、去っていく。

 

志で引き寄せられた人は、

志がなくなれば、去っていく。

 

小さな企業が中小企業になるとき

経営者が一度は体験すること。それは、一斉離反。

 

ある日、会社にいったら、自分以外、誰も来なかった…。

そんな経験を創業時にした…という経営者の体験談、結構、聞きます。

 

一度、そんな悪夢のような体験をしてしまったら、

トラウマになって、ずっとそのあとも、悪夢にうなされてしまうのが経営者。

だから、人を信じようにも、信じられない…。

 

これはサラリーマンでは、到底わからぬこと。

 

しかし、離反は、ある意味、自らの鏡。

いずれにしても、自分が引き起こしたことであることには違いはありません。

 

ここに気付いて「変われる」か…

 

いつまでも悪いのは奴ら、

自分は悪くない。

自分は被害者だ…

 

と思ったままで「変われない」のか…が、今後の大きな分岐点。

 

なにかで社員を引き寄せたものの、

いまは、それが失われたならば、

または、それの魅力がなくなったのならば、

その社員は、それがあるところを探す旅にでるだけ…。

 

いま必要なのは…

 

「そもそも人は信じるものではない。」

「次の裏切者はどいつだ…?」

「裏切られる前に、切り捨てろ。」

 

…という、あなたの姿勢を見なおすのが先。

でないと、繰り返すだけですよね。

だって、はじめに期待を裏切っているのはあなたなのだから。

 

この声を届けようにも、

張本人たちは、このメルマガを読んでいないでしょうからね…。

 

まずは、自戒をこめて。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook