『他人の靴では、全力疾走できない』

 

最近、何人もの人からこう聞かれます。

 

「毎日メルマガ配信って、大変じゃないですかぁ?」

(…はい、それなりに大変です。でも、苦痛ではないです。 笑)

 

「あと…実際に参考になるネタなので、もらう方としては嬉しいんですけど、

 あんなにノウハウ出しちゃっていいんですか?」

(…ぬはは、今日はそこなんです!!それについての考えを書き留めておきますね)

 

   ***

 

今の時代は情報社会。

ありとあらゆる情報が流れ、溢れかえっています。

 

私がコンサルタントをしていたときには、

その情報を入手すること自体に付加価値があり、お仕事になっていましたが、

いまや、その手の情報は誰でも、すぐに、

ネットなどから無料で手に入れることができるようになりました。

 

いまは、そういった情報やノウハウを知っていることに価値があるのではなく、

その情報の中からどれを選ぶのか?

どう自分にフィッティングしてるのか?

そして、どう実際に行動にうつして、結果をだしていくのか?

 

ここの部分に付加価値が大きく移動してしまっている、と思うのです。

 

だから私も、その前半の知識付与のところは、だして当たり前。

誰かにとって、役に立つことが少しでもあったら、出し惜しみすることなく、

すぐさま、だせるかぎりのすべての情報を提供しよう!と心に決めました。

 

そして、私はできるかぎり、後半の成果を出すための「フィッティング」活動に、

すべての力を注いで支援していけるようにしたいと思っています。

 

なので、最近の私とクライアントとの会話も<超加速>してきています。笑

 

これまでも日々、進化をさせてきたつもりですから加速して当たり前なのですが、

週に二回くらいのメルマガのときに比較して、5倍くらい(※2年前自分比)!笑

おそらくコーチをしはじめたときの30倍(※10年前自分比)。

コンサルタントをしていたときの100倍(※20年前自分比)は早いのではないか、と思うほどです。笑

 

皆さんもご存じのとおり、

私はここ二年半は、平日毎日メルマガを配信しています。

 

こうした徹底的な情報提供を常にしておくことによって、

読者である皆さんと私との基礎的な知識の共有、言葉の共有、マインドの共有…を、

既に済ませていますから、読者の方とお会いすると早々に、

 

…先日のメルマガの件、自分なりにアレンジして、実際にこうしてやってみた!

…あれを題材に部下と話し、ちょっと違う視点のアイディアもでてきたんだけど!

…で、ちょっとこの部分を修正しようと思うんだけど!!

 

といった、後半のフィッティング、行動へどう繋ぐのか、どう成果をだすのか、

といった最も重要な話を、いきなりできるのです。

 

これまでは、きっと、基礎的な知識の共有、言葉の共有、マインドの共有に

セッションで多くの時間をかけ、費やしてきたのだと思います。

それはそれで意味があることだったとは思います。

しかし、それだと、もはや世の中のスピードには追い付けない。

 

やはり時代は、

いきなりクライマックス

 

せっかくあって話すのですから、できることは各自でやって、

もっと重要な話に時間をかけたい。

 

まさに、その人にあった、その企業にあった形のものを、

お互い同じ土台で話し合い、出しあい、そしてその場で微調整をしていく。

 

そしてすぐさま、次の行動に移していく…

そこにこそ付加価値があると思っています。

 

他人の靴では、決して全力疾走できないように…、

やはり自分にあった靴つくりが必要です。

 

そのためには、実際に走ってみて修正し、

知識を知識のままにするのではなく、体験を通じて智慧にしていく。

 

あなたの靴は、フィット感ありますか?

誰かと同じ靴を集めて、ただただ、それを眺めていても、何もはじまりませんよ。

 

ぜひ、自分用のいい靴にしたてて、おもいっきり走りはじめましょう!!

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook