『ギリギリ人』

 

「ついつい、ギリギリまで放っておいちゃうんだよな。」

「いち早く、ちゃっちゃ、とやっちゃえばいいんだけどさ。」

 

よくある話です。(笑)

 

 

なぜ、ギリギリになってしまうのか?

 

それはギリギリになったとしても、

過去に、最後の最後、結局はどうにかなってしまったり、

できるかどうかわかんないぞ!と変にドーパミンがでちゃったり、

なんか徹夜までしちゃったーと、変な達成感があったり、、、

 

こうして、結局、帳尻が合ってしまうと言う経験があると、

変に自己信頼が高まってしまって、

 

口ではダメダメ、といいながらも、

内側では、「最後にはなんとかできちゃう自分」を誇らしく思っていたりするんです。(笑)

 

だからやめられない!(爆)

 

昨日も紹介しましたよね。

ABCモデル。

 

A:目の前に仕事が舞い込む。

B:ギリギリまで取り掛からない

C:でも、なんとかなっちゃう。

 

どんどん刺激的な状態にもちこむために、

どんどんギリギリ人になっていく、わ・た・し。

 

そんな状態に陥っている方、多いのではないでしょうか。(笑)

 

因みに、私の場合、

ギリギリ人になる予感がするときは、

自分を戒める歌があって、

「ギリギリジンジンジン!」と心の中で歌うようにしています。

 

ぜひ、お時間のあるときに、ユーチューブをみてみてください。

電車の中だと、吹き出してしまう可能性もあるので、危険です。(笑)

あと、私には効果があるのですが、万人に効果があるかは、、、自信なしです。

 

「怪傑ギリジン」

https://youtu.be/qDU8kf8gGmE?list=PLSSA3Jvmxd2zYB-8YPvIAVbqetkhyhmvB

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook