『不測事態をも味方につける』

 

7月8日(土)に

松田聖子さんの武道館コンサートにいってきました。

親族に誘われて、という形で。

 

開始する前から、

熱烈なファンたちの熱気に、すこし押されながらも(笑)

いまか、いまか、とスタートを待っていたのですが、

予定を十分くらい過ぎたところで、

 

「不慮の事故で、一部、演出を変更しての公演になります。」

 

と、本人からの音声でのアナウンス。

 

ええ?!

なにが起きたのかしら?

 

と場内もちょっとどよめき。

そして、数分後、スタートしたのですが、

 

なんと、目の前に現れた松田聖子さんは、

椅子にずっとすわったまま歌う…という状態。

 

そして、移動する際は、男性ダンサーに補助で付き添われながら、

ゆっくりゆっくりと歩いて、そこでまた椅子に座る、という状態。

 

ええ?

大丈夫??

 

多くのファンたちは、きっと、

いつもと違う聖子さんに、

私以上に心配をしていたことと思います。

 

3~4曲、歌い終わった後に、本人からの挨拶がありました。

 

***

 

直前に転倒してしまい、腰と背中を強打してしまったこと。

はじめは立ちあがることもできなかったこと。

一時は、もう、開催できないかもしれなかったこと。

でも、みなさんと逢いたい気持ちでいっぱいで、

なんとしてでも、頑張りたい。

椅子にすわった状態で本当にごめんなさい

全力を尽くします。

 

***

 

との趣旨のご挨拶。

もう、この時点で、

観客席にいた私たちは一気に応援者になっていました。

 

数曲すぎて、だんだんとトークも

お茶目な聖子節も全開で、、、

自分の怪我をも笑いに変えて。

 

「笑うと、痛いの。

 お願いだから、笑させないで。

 でも、私を笑ってくれるのはうれしいわ。

 ありがとう」

 

こういうところが、

さらに応援したくなるのでしょう。

 

そんな中、

誰もが知っているナンバーメドレーとなり、

ボルテージマックスへ!!

 

椅子に座っていることを忘れてしまうくらいの盛り上がり。

完全に、プロ根性みせつけられました。

 

歌だって、座ったままで歌うのはしんどいでしょう。

きっと、歌手活動の中で、この二時間はいまだかつてない修羅場だったことと思います。

 

ある意味、聖子さん本人も、スタッフも、そして、私たちも、

その不測事態を一緒に乗り越えた感じで、

とてつもない一体感の場に居合わせてしまいました。

 

途中、ことあるごとに、

「こんな状態で、ごめんなさい」と何回も何回も謝る聖子さん。

 

でも、観客席は、

謝るごとに、涙がとまらないファン。

なんか、私も、ぐっときて涙してしまうのでした。

 

久々に魂、震えるコンサートでした。

プロとは「不測事態をも味方につける」のか、と多くの刺激をうけました。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook