『あなたはいつ喜ぶ?』

 

もう14年も前の話になりますが、私にとっては

インパクトが大きかったお話。

 

2003年7月20日の日経新聞からです・・・

 

「山口市に伝説の営業マンがいる。積水ハウス

 山口営業所の田中氏(55)。2ケ月に1棟売れれば

 上出来という住宅業界で、販売ペースは6倍。

 入社28年目の今年5月に、前人未到の1000棟を

 達成したとのこと。

 

 無口で一見頼りなげ。

 巧みな話術や笑顔が武器というわけでもない。

「秘訣?お客さんに喜んでもらうことでしょうか?」と彼はいう。

 

*建築中の写真を頻繁に施主に送る。

*建てた家は時折訪ね、仏壇に手を合わせる・・・etc

 

 顧客が思わず他の客を紹介するとのこと。」

 

売るまでが営業ではないですよね。

売ってからが、本当の勝負。

 

誰しも、売れた瞬間は嬉しいものです。

だから、会社の上司も喜びます。

そして、会社もアワードなどして、その売れたことを喜び、しかも煽ります。

 

でも、それは、「喜びの前倒し」。

いや、「喜びの前借り」かな?笑

 

本来は、もっと嬉しいのは、

お客さまが、心の底から「買ってよかった」と感じてくれた瞬間です。

 

結果(売れた)をだしたときに喜ぶのか、

結果(お客様が喜ぶ)をだしたときに喜ぶのか、

それって、とってもその会社の品位を表します。

 

あなたのスタンスはいかがですか?

あなたの会社のスタンスは、どちらですか?

再点検です!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

関連のメルマガ:

『売上高は感謝高』

https://goo.gl/VmSMGU

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook