『関係性の固定が、流れるコンテンツを固定する』

 

あるリーダーがこうおっしゃいました。

 

『僕は、なかなか褒められないんです。

 部下からの日報で、いいことが書いてあってもスル―。

 まあ、基本「やって当たり前」ですから。

 

 返信するとすれば、だいたいネガティブな報告のときだけ。

 どういうことよ!なんで、そうなの?いつまでやるの?

 と、できてないところを問い詰める…そんな感じですね…』

 

 

あらま、大変ですね…部下の皆さん。

 

あなたに部下がタグをつけているとしたら、

なんと書いてあると思います?

 

きっと、【ネガティブ掘削マシーン】

とでも書いてあるのではないでしょうか。笑

 

いいことは深堀してくれないのに、

悪いときだけ深堀してくる…。

 

だから、きっと普通の会話のときも、警戒してると思いますよ?

いつ掘られるかしれない。油断も隙もありゃしない。と。

 

***

 

このようにいつもいつも同じやりとりになると、

関係性が固定化してきて、流れるネタも偏りはじめます。

 

今回の場合だと、ネガティブなことが、なかなか流れにくい。

流れたとしても、遅いか、事が大きくなってからです。

 

あなたにとっては、それが最も「嫌なこと」にも関わらず、

それを引き起こしているのは、実はあなた…なのです。

 

***

 

こういう方もいますよね。

 

『部下に指摘をするときは、

 いきなり指摘をするのではなく、

 まずは、とりあえず褒め、そして、

 ころあい見計らってから指摘し、

 そして、最後に褒めて〆る。

 …これですよ!!』

 

 

えっと…、これも、技術としては確かにありなのですが、

いつもいつも、あなたがその方法しか使わないのだとすると、関係性が固定化します。笑

 

つまり、最初に褒められたとしても、部下の頭の中では、

 

『ああ、このあと、注意されるんだよな…

なにか、やっちゃったのかな、俺』

 

と、褒められているのに、褒められた気になれず、

次の指摘に備えて、構えている…。

 

ね、だめでしょ?(笑)

 

 

関係性が固定化すると、流れるコンテンツも固定します。

なので、上司やリーダーは、この関係性が固定化していないか点検が必要です。

よかれと思ってやっていても、

あなたのその行為で、流れるものを固定化させてしまうのですから。

 

よく同僚同士でニックネームで呼びあっている職場がありますけど、

それって、

 

『私たち、仲間だよね?仲良しだよね?

 厳しいことなんて、私に言わないよね?』

 

そんなメッセージを言い合っているようなもの。

ですから、厳しい指摘はなかなかできない「仲良しクラブ的な職場」に多いのです。

 

あなたは大丈夫?

点検してみませんか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook