『定点観測からのフィードバック』

 

エグゼクティブコーチング。

 

年間顧問契約のクライアントのみなさんは、

もう、5年目になる方ばかり。

 

そこまでのお付き合いになると、

月に一回くらいの頻度が、丁度いい感じのようです。

 

以前もご紹介しましたが、

彼らは、直線的に成長するわけではなく、

 

春夏秋冬、

あがったり、さがったり、と固有の波長を描きながら

成長しているのです。

 

参考:

『スパイラルアップしながら成長する』

https://goo.gl/cRuWGm

 

そして、面白いのが、

ある日突然、非連続的なシフトを起こす瞬間もあり、

 

一カ月前は

「グダグダと覚悟をいれられずに、言い訳けじみた発言だったり、愚痴っていたような状態」も

 

次の月には、

これが同じ人なのか!?と目を疑いたくなるくらいに変わって

すっかり覚悟をいれてきって、変容しきってしまうときもあるのです。ホントに(笑)

 

そして、これがまた面白いことに、

私がその変貌ぶりをフィードバックしてはじめて、

 

「あ、変われてますかね…。

 いや、自分ではわからなくって。

 そうやっていわれると、嬉しいですね」と。

 

これこそ、定点観測としてフィードバックをしながら、

成長した様を刻んでいく嬉しい瞬間です。

 

***

 

実は私も、「定点観測からのフィードバック」をあらかじめ決めています。

 

例えば…

 

毎週通っているジム。

80回通っていますから、かなりのデータベースです。

汗のかきかた。負荷をかけたあとの復活するまでの時間の長さ。

プロの目からみて、私の体調のうねりはどうなのか、フィードバックをもらうようにしています。

 

そして、同様に、三週間に一回の散髪屋。

月に一回のボディクリーニング。

そして、月に一回いく馴染みの飲み屋。

 

それぞれ、5年から8年、通っていますので、

私の変化点はすぐに彼らは気付きます。

そして、指摘をしてくれます。

 

先日、

馴染みの飲み屋の女将さんから、

「いままでにみたこともない疲れ切った顔ね。

  早く帰って、寝なさい!」と。

 

即行で、休養を捻出しました。

 

自分の変化(ポジティブも、ネガティブも)は、なかなか気づきにくいのと

(まだ大丈夫。きっと大丈夫!…と思って)対策を打つチャンスを逸したり、

タイミングが遅れてしまうことで、重大な事態になることもありえます。

 

やはり、週次、月次、四半期といった視点で、

俯瞰してフィードバックをしてくれる定点観測点を用意しておくといいな、と痛感しています。

 

皆さんは、いかがですか?

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook