『10人の秘書』

 

かつて、とある経営者と話をしているときです。

 

当時、私自身が、したいこと、やりたいこと、を

そのメンターにいろいろ相談をしていたのですが、

なかなか思うように進んでいなかった...。

 

そうしたら、

彼に、こういわれました。

 

「そんなの10人の秘書を雇っちゃえばいいんじゃないの?今すぐに!」と。

 

そのときの私は、正直、面喰いました。

「…10人に、いったい何を任せるんだろう」と一瞬思いました。

 

そして、深く考えていくうちに、

「そもそも、自分がやるべき仕事とはなんだろうか?」

…という視点が手に入りました。

 

10人の秘書を喰わすためには、仕事を創りださないといけない。

そして、そのために、いまの仕事のスタイルでは、まったくダメだ。

 

いやいや、

作業を分解して、彼らにやってもらうんではなく、

こういう才能、ああいう才能をもったスタッフだったら、

もっと、こんなことができて、あんなことができて…。

 

と、一気に夢が膨らんでいきました。

 

 

「自分でやれること…」という視点でしか物事をみたことがなかった自分が

だんだんと、だんだんと、「自分がやりたいこと…」と、視点があがっていくことを体感しました。

 

そして、10人の時間も大変貴重なものに感じてきました。

人には平等に24時間を与えられています。

自分ひとりでは24時間しかないけれど、10人いれば240時間。

100人の仲間たちがいれば2400時間を共有することができるわけです。

 

そうすると、新たな可能性が見えてきます。

<100日でできることが、もしかしたら、1日でできることもあるかもしれない>…と!!

 

より高い目標を掲げ、それを越えていこうとするならば、

リーダーが自分のことで精一杯になっているようではいけません。

 

自分でやっていたことの大半を、さっさと手放して、時間を創る。

そして、仲間たちの時間を提供してもらうことによって、時間を創る。

 

より高いところから眺め、より遠くを見通すための時間。

そしてそれを実現させるための時間。

これらの時間をどう創り、どう使うのか。

これはとても重要なリーダーの戦略です。

 

誰もができることを、リーダーがしていてはいけません。

リーダーしかできないことを、リーダーはやるべきでしょう。

あなたはいかがですか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook