『人が楽することは幸せじゃない』

 

先日、東レ経営研究所の特別講演に参加させていただき

ものすごい刺激を受けました。

(ご招待いただき、ありがとうございました!)

 

演者の富田直美氏(ハウステンボス 取締役 CTO)の登場は度肝を抜かれました。

 

なんと、いきなりセグウェイにのって、軽快に右に左に!

そして、回転をくるくるしまくり。

ほぼ講演全編にわたり、この状態でお話しをされているのですから。

そして、御年あと少しで70歳!

 

***

 

「セグウェイって、乗ったことがある人?

 ん?この会場で、数人なの?

 これって、実際、ヨドバシカメラで売ってますよ!

 こんなに素晴らしい技術があるのに、

 なんで、日本では流行らないの?」

 

「知識があったってダメ。

 使ったナンボ。

 知識をつかって、人を恵むのが知恵」

 

「ドローン

 この会場では飛ばせないよね?

 なんで飛ばせないの?

 みな、見たいよね?これ、飛ぶの?

 でも、飛ばせないんですよ。」

 

「僕ははっきりいいますよ。

 ワークワイフバランスって、言葉は、大嫌い!

 分ける意味がわからない。

 すべてがライフだよ!って生き方ですから。」

 

 

冒頭から75分間、止まることなく、富田さんは吠え続けます!(笑)

こんなにも、ドキドキして、わくわくする講演をきいたのは久しぶり。

 

なにより、自分も20年後になっても、

こんなにも情熱をもって、世の中にうったえ続けることができるのか?

 

自宅に帰ってきてからも、興奮がおさまることなく、

ネットでいろいろ調べてみました。

 

 

***

 

アイデアを出すなら、人を幸せにすることを考えるべき。

『人を楽にする』と話す人がいるけど、人が楽することは幸せじゃない。

人の幸せは、人の能力を出す(発揮させる)こと。

 

出典:ITsearch+より 

https://news.mynavi.jp/itsearch/article/solution/2463

 

 

***

 

「変なホテル」のコンセプトは、常に変化をし続けること。

そのため、最初から完璧ホテルサービスを提供するのではなく、

未完成のまま宿泊してもらうというかたちでオープンしたという。

 

「開業当初は、ひどいところだらけでした。

お客さんからは『このロボットおもしろいけど、ちょっと動きが遅いよね』というように、

どんどん意見が寄せられました。そうして指摘された欠点を、チーム全員で話し合って変えていったのです」

 

“完璧なサービスを提供するべき”という、これまでの既成概念を覆した「変なホテル」は、

2016年に「世界で初めてのロボットがマネージするホテル」というギネスレコードに認定された。

 

出典:IoT TODAYより

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50037?page=3

 

***

 

きっと、もっともっと、

あるのでしょうが、、、、

 

今度、「変なホテル」いってみようかと思います。

もう行かれた方、いらっしゃいますか?

 

変化し続けること…

ロールモデルをみてしまったような気がします。(笑)

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook