『物語が崩壊してしまったときに、まず最初にすべきこと』

 

人は、想定もしなかったものが目の前にあわられると、

驚いたり、困惑したり、狼狽したり、

 

そして、しばらくすると、怒りを覚え

誰か(他人や自分)を責めたり、

 

抵抗したり、黙りこくったり、

逃げ出したくなったり、

 

と、いろいろと感情と態度が湧きおこります。

 

自分がうっすらと描いていた物語が

ガタガタと音をたてて、崩落をしていく様は、

何度味わっても、嫌なものです。

 

ただ、ここからがポイントです。

 

災害にしても、

事故にしても、

病気にしても、

異動の辞令にしても、

会社の異常事態にしても、

 

起きてしまったことは、しょうがないわけで、

いつまでも、

「なぜ、この俺(私)が?」とか

「あのとき、〇〇していれば、××にならなかったのに」とか

過去のことを後悔したり、恨んだりしたとしても

なにも未来は変わらないわけです。

 

人によっては、5年も、10年も、ずっとその状態で

まるで時計の針がとまってしまったような人もいるわけで、

「過去を生きている人」となってしまうのです。

 

皆さんには、決してそうなってほしくない。

とにかく、いちはやく物語の再構築のモードにスイッチをいれ、

未来にむけて歩き始めてほしいわけなのです。

 

その際に、

まず、一番最初にするべきことがあります。

 

それは、「感情の解放」です。

 

これは、

①自分ひとりでやってもいいですし、

②信頼のおける誰かに助けてもらってもいいです。

 

とにかく、自分の湧き上がる感情を、外に吐き出す。

これのプロセスがこの時期にはとても、とても、本当にとっても重要です!

 

例えば私の場合ですと、

①については、10年日記がそれにあたります。

 

毎日起きることを記載していますが、

これまでにも、たまに想定外な仕打ちをうけたり、

何度も逆境に立たされたときがありましたが、

そんなときは、湧き上がる感情を、すべて10年日記にぶつけてきました。

 

言葉は選ばず、罵詈雑言を、赤ペンに書き殴ります(笑)

おそらく、他の方が、これをもし見る機会があったら、

軽く引くのではないか、というレベルです。

(※いや、軽くでなく、身の毛がよだつくらいの悍ましいレベルかもしれません(笑))

 

しかし、このプロセスが重要です。

思いっきり書けば、書くほど、

しばらくすると、次の感情が舞い降りてくるのです。

 

「そうはいっても、〇〇さんの立場にたったとしたら、いたしかたないかな…」

「いつまでも、うじうじしていても、何も変わらないしな…」

 

こうした状態になって、はじめて、目の前の事態を、

やっと受け入れる準備ができたことになりますし、

目の前の出来事を、自分の人生の物語の中に取り込んで

自らで「意味付け」を行ったことになります。

 

そこからは、私の場合は、青ペンで、

次なる物語を描き始めたり、具体的な再構築プランやアクションを書き足していきます。

 

 

②の場合は、

私の場合は、行きつけの飲み屋の女将さんにぶつけに行くか、

聞き上手なコーチに話をぶちまけることにしています(笑)

 

ここで注意が必要なのは、

「聞き上手である人」、、、ということです。

 

聞き上手な人や、そういう相談に慣れている人ならば、

早急にアドバイスなどはしてきませんし、

話やすい状態の中で、こちらも、感情を解放することができます。

 

ずっと聞き耳をたてて、話をきいてくれるので、

割と早い段階で、あの感情が舞い降りてくるのです。

 

「そうはいっても、〇〇さんの立場にたったとしたら、いたしかたないかな…」

「いつまでも、うじうじしていても、何も変わらないしな…」

 

この感情が湧き出てきたとなると、自分で「意味付け」をしたこととなります。

そういう状態になって、最後にちょっとだけアドバイスを添えてくれるような人ですと、いいですよね。

 

一方、

おせっかいで、アドバイス好きな人とこのプロセスをしてしまうと、

こちらがちょっと話を打ち明けた瞬間に、

彼らはアドバイスモードになってしまうため、

 

こうしたほうがいい

ああしたほうがいい

 

と、アドバイスをしはじめて、

往々にして的外れなアドバイスの連打!

調子にのってくると、関係もないような体験談や人生訓を押し付けてくるので大変です(苦笑)

 

実はこれがすこしやっかいで、

こうしたアドバイスによって、感情が落ち着くこともありますが、

感情解放を完全にしきっていないために、

 

例えていうならば、

怒りや恐れの感情のマグマが体内に残っているうえに、砂で覆うようなもの。

 

後々、ふつふつと怒りがこみあげたり、

人によっては、数年、そして十数年も、自分を苦しめる想い出となったりもするわけです。

 

 

早急に「吐き出す(感情解放)」環境をいかにつくれるのか。

そして、そのプロセスによって、

「(他人ではなく自らが)意味付け」をすることができれば、

物語の崩壊から、いちはやく再構築へのプロセスへと移行することができるのです。

 

ご参考までに。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook