『未来が描けないと嘆く君へ』

 

「あまりに忙しくしている上司をみていると、

 自分はああはなりたくないから、所長にはなりたくないです」

 

と、とある企業の若手5年目の中堅フォロー研修にて参加者の言葉。

ひとりふたりではなく、多くの受講生がそう思っていました。

 

気持ちはわかります。

 

研修中の休憩時間は、

いつもどこかのお客様に電話をしている君たち。

 

君たちでそうなのですから、

その君たちの先輩たちや、

その延長線上にいる上司は、もっと忙しいのでしょう。

 

でもね、そこで、

 

「出世なんかしたくないです」

 

といった悪魔の呪文で思考停止になってしまったら、

きたる未来も、間違いなく、そのまま延長線上になってしまうわけだから。

 

まずは、君たちへアドバイス。

 

●まず、

「未来を決まったものだと決めつけるな」です。

 

未来はこういうものだ、と決めつけるのも自分。

いや、いまのこの現実を変えていけば、きっと未来は変わる、と決めるのも自分。

どうやら、君は「今ある現実が、未来も続いてしまう」と考える癖があるようです。

 

でもね、そんな考え方をとるのか、そうでないのかは、君次第。

自分たち同期たちで「この会社を変えていくんだ!」と、どうして考えられないのかしら?

おじさんはそう思います。

 

***

 

●そして、その思考を手に入れるためにも

「未来にアクセスしている人に多く逢え!」です。

 

世の中には、未来に果敢に挑戦している人たちがわんさかいます。

 

彼らと話すと、彼らには「すでに未来が見えている!」…とそんな自信さえ感じさせます。

 

でも、どうしてそんなにも彼らが自信をもっているのか、というと

一言でいうと、「圧倒的な未来に対する勉強と、シミュレーションを重ねている」ということ。

 

はっきりいうと、君が感じている不安のほとんどが

「見えないことによる不安」のように感じます。

 

でも、すでに未来が見えていると思われる彼らは、

未来は、これから、どうなるんだろう?と不安になる前に、

未来に関しての本を徹底的に読んでいます。

 

5年後、10年後、どうなるんだろう、と不安になる前に、

5年後、10年後のモデルとして、5歳上、10歳上の先輩たちと徹底的に逢って

未来に起こるかもしれないことを、年上の方の話から吸収し、シミュレーションをしています。

 

だから彼らには、地図がある。

だから彼らはスイスイと運転している(ようにみえる)。

 

その努力をしてもいないのに、君は運転をしちゃっているから

「真夜中に、ヘッドライドを付けずに猛スピードで運転しているようなもの」だし、

 

「地図もない中、自分はいまどこを運転しているのかわからず、ただただ、さまようだけ」

 

になっているんじゃないかな…。

おじさんはそう思います。

 

***

 

●そして、最後に、

「魂にうそをつくな。手にしたGIFTを使い切れ!」です。

 

参考:『人生を豊かにする…とは』

https://goo.gl/3BmxSY

 

 

たった一度の人生。

せっかく授かった命と、自分の中にあるGIFTに気づき、

それを、人のために使い切る!

 

 

そんなことを、意識して生きていってほしいな、と思うのです。

 

***

 

実は、これは、若手のみなさんだけでなく、

全ての方に当てはまるかもしれないこと…。

 

未来を決まったものだと決めつけるには早すぎる!

未来にアクセスしている人は、あなたのすぐそこにいる!!

せっかくの人生ですもん。

魂にうそをつくことなく、あなたに宿るGIFTを使い切りましょうよ!!!

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook