『「怒り」は「錨」』

 

昨日のメルマガ

 

過去も変えられる…?

 

にもたくさんのお返事、いただきました。

関連するのですが、

 

周りにこういう方っていませんか?

ずぅーっと、口を開けばプリプリと怒っている方。(笑)

 

以前、こういう方がいらっしゃったので、

こうお伝えしました。

 

「もったいない…。

 実にもったいない…。

 

 「怒り」でそこに留まったらもったいない。

 「錨」を降ろしたら船が進めないように、

 「怒り」は過去に留まらせる。

 

 いつまで停泊しているつもりですか?」

 

 

私もふくめて、多くの人がよく陥る落とし穴。

 

その当時の怒りは確かに嫌な思い出。

 

でもね。

それって、相手は、なにも、どうも、思っていないことだったりします。

 

こんな本をあるメルマガ読者から紹介されました。

 

多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。

 

 

これを読んだら、

なんだか、腹立っている自分がもったいなくなっちゃう。

 

さあ、年内中にすっきりと清算して、

年明けから、躊躇せず錨をあげて、旅立とう。

 

誰かのせいにしたってはじまらない。

とっとと過去にサヨナラして旅立とう!

 

そして未来を拓いていきましょうよ!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook