『徹底的に、画材を疑え!』

ビジョンを描くときに、

 

「うまく描けない」

「なかなか思いつかない」

「どうやって描いたらいいかわからない」

 

といったときには、これを参考にしてほしい。

 

 

画材(情報)を集めて、絵(ビジョン)が描こう!

 

 

そして、私も、いま、ビジョンの大改修をおこなっていますが、

上記の悩みというよりも、こんな気持ちなんです。

 

「過去に描いた絵が、

 いまとなっては、ちょっと気に入らなくなってきたので修正したい」

 

それは当たり前ですよね。

 

2005年のときの私と、

2019年の私とでは、知識も体験もまったく違うわけですから、

その画材(情報・知識・体験)が違えば、描きたくなる絵も変わって当然。

 

となると、大改修をするのにあたって、

私は、いまやりはじめていることは、

 

「徹底的に、画材を疑え!」ということでしょうか。

 

つまり、

当時の常識も、いまでは、時代遅れ、

というものも山ほどあります。

 

画材のバージョンが古臭ければ、

描かれる未来も古臭い。

 

画材のバージョンは、

確かに2005年よりも更新はされてはいるのですが、

来る2020年、2030年、2045年を描くのに耐えうるバージョンになっているのか?

 

いま、総点検をする思いで、

時代を変えるであろう若手の本や発信物を、シャワーを浴びるように、

いやいや、それこそお風呂に浸かる思いで、積極的に触れるようにしています。

 

ちょっと久しぶりの大改修かもしれません。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

    

お問い合わせフォームはこちら

 

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook