『仲直りの仕方』

 

よく、こんな質問をお受けすることがあります。

 

「部下への効果的な叱り方って、どうしたらいいのでしょう?」

 

 

私からは、一言。

 

「ケンカしたあと、あなたは、これまで、

 どうやって仲直りしてきました?

 その仲直りのレパートリーは、何種類あります?」と聞きます。

 

 

幼少の時、ケンカをしてきた人は、ケンカの加減を知っています。

どこまでやってはいけないのか。危ないのか。知っている。

 

最も重要なのは、ぐじゃぐじゃになってしまった後、どのように仲直りをしたのか。

その体験があるか、その仕方をしっているか、できるか、なのだと思います。

 

「関係を壊してしまっても、修復できる!」

と思っている人は、踏み込んでいける。

迫力が違う。だから、叱り方もうまい。

 

一方、

修復の仕方を知らない人は、おっかなびっくりで、踏み込めない。

二の足を踏む。まわりくどい表面的な会話で、もぞもぞしている。

 

調子のいいおべんちゃらをいって、

いい人を演じてしまっている人が実に多く、

結局、フィードバックも、叱ることも、中途半端になってしまう。

 

もしくは、一方的にケンカを吹っかけて、

相手にこてんぱにやっつけて、二度と立ち上がれないくらいひどい目にあわせて、修復もせずに逃げていく。

あいつはダメなやつだと、非難して、切り捨てていく。

 

***

 

別にいまから、ケンカを学んでほしいわけではありませんが、

やはり、壊したあとの修復していく力は重要です。

こればっかりは、経験、体験の数でしょうかね…。

 

 

しっかりと、逃げずに、向き合うこと。

叱る方が、逃げていたら、何にも伝わるものないですもの。

 

 

あなたは、意図的に壊せますか?

 

そして、

その壊したあとの修復のレパートリーがいくつイメージできますか?

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook