『人生初のリタイアバスから見えた風景』

ウルトラマラソン100キロのうち、

3割をすぎたところの第一関門。

 

私は、そこで力尽きてレース棄権をしました。

 

そこで収容された20名ほどのランナー。

 

10時20分に出発したリタイヤバスは、

ゴールまでの残りのコース、70kmを走ってくれます。

 

私は、ちょっとセンチメンタルな気持ちで、窓の外の風景を眺めていました。

ああ、この道をいまも走っている人がいるんだな、と。

 

ビデオの早回しで見ているようなもので、

私が体験したかった道を、どんどん速度をあげてみることができます。

 

そして、20分くらいしたときでしょうか。

ふと、私はこう思いました。

 

「これって、すごい経験かも!

 だんだんとレベルの高い、走力のあるランナーが走っているリアルな今の様子を観察できるんだもの。

 棄権したときの俺の周りはみな、完全に歩いていたけど(笑)

 回収バスが出発して20分もすると、

 み、み、みんな、いまも走ってるー!すごい!!

 そして、トップランナーにいたっては、信じられないほどのスピードで走っている!!!」

 

と。

 

 

人は、なんとも易きに流されやすい生き物。

 

皆が歩いていると、歩きたくなる。

みんなが歩いているならば、まあ、いいや...と思ってしまう。

もう、勝手に「走ることを辞めてしまう」わけです。

 

あんなに、霧降高原のとき

伴走してくれたトップアスリートにひっぱられ、

踏ん張れていたのにも関わらず。

 

周りにあわせて、堕ちていく。

それも、自由落下のように。

 

本当に、強い意志を持ち合わせていないと

いとも簡単に流されてしまうものなんだな、と痛感しました。

 

 

そう思うと、

あのリタイヤバスでみることのできた「早い集団」の存在。

鍛えて、鍛えて、鍛えまくって、その集団のそばにいないと、

また、あの嫌ーーーな世界に引きづりこまれると思うと、

もう、やらないではいられない。

 

人生初のリタイアバスから見えた風景が

私をかえていきます。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook