『主人公はあんたじゃない!』

 

よかれと思って、

部下にあれこれ、と教える上司や先輩。

 

「教えること」自体は問題ありません

 

でも、その「教え方」がまずい!

 

という方がいらっしゃいます。

 

そもそも、教えるプロセスで

ついつい、よかれとおもって、

自分の知識のあれこれと

100も1000も、10000も。

 

一気に、同時に、相手に投げつけて、

 

「どうだ!!!!」

 

披露しちゃっている上司や先輩がいますが、

 

それはそれで、

 

「すごいですねーーー」

 

なのですが

そのことで、部下や後輩の顔、

見てください。

 

どんどん、自信を失ってはいませんか?

 

「ぼく、そんなにできませんから。」

「やはり、先輩はすごいですよね。」

 

あれあれ...やっちまいましたね?(笑)

 

その言葉を部下や後輩に発しさせて、

悦に入っている場合じゃありませんよ。

 

あなたが、

ヒーロー/ヒロインになってどうすんの?!

 

あなたが、凄いことはわかります。

でも、あなたが主人公になってどうすんの?!

 

そもそもあなたの仕事は、部下育成。

部下や後輩に、

 

「自分にもできそう」

 

と部下に思わせる「絶妙なステップ」を設定できる上司や先輩が

真の育て上手といえるのです。

 

こうした育て上手の上司や先輩の手にかかると、

 

はじめは、

「できません、私にはムリです…」

だったとしても、

 

「ん?あれ?できちゃった」

「お?私にも、できるかも?」

「あ、やっぱりできちゃった!」

「はい!できますよ。きっと!!」

「お任せください!やり遂げてみせます!!!」

 

この階段を「自力」で登ったか、のような

本人に錯覚をさせるのが、この人たちの凄いところ。

 

さらには、

決して、その凄さをひけらかすこともなく。

 

 

忘れてはいけません。

「部下や後輩が主人公」であるということを。

 

何度もいいますが、

「あんた(上司や先輩)が主人公でない!」ってこと。

 

あなたは、

「俺(わたし)って、すごいでしょ!?」

 

と、存在証明をしている場合ではないのです。

気をつけましょう。

 

どきっ!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

※参考図書

 ちょっちょ古いのですが、当時読んでドキッとした本たちです

 「よい上司ほど部下をダメにする

 「頑張りすぎる人」が会社をダメにする 

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook