『いまやる! いま変わる!!』

 

死を意識する

には、何通ものお便りをいただきました。

 

***

 

今朝のメルマガ、読ませていただく前に

タイトルからがつん!と惹かれました。

 

大病を患った後に

人生は有限であると感じて

日々の過ごし方を変えた知人がいます。

 

自身、健康診断値も決して褒められた数値ではなく

人生100年時代、まだまだ残された長い時間を

健康に過ごすために決心が必要と感じました。

※スローペースかもしれませんが、ランニング再開します。

 

コロナ対応により、新たな時代が訪れている感を強く感じます。

働き方、生き方、人との交わり方、等々

この時代をチャンスにしていきたいと思います。(Tさん)

 

***

 

そうなんです。

 

よくよく考えてみると、

すべての「人」が達成していることがあるんです。

 

それは、「死」

すべて人が、抜けもれなく、

いまのところ全人類、全員が目標達成しています(笑)

 

つまり、生まれたばかりの赤ん坊も、

刻々と、死に向かって生きている。

 

「終わり」や「お尻」を意識すると、

とたんに、時間が有限であることに気付き、

いま、この一瞬が、とても、とても「大切な瞬間」であることに気付きます。

 

だから、僕はよく就任されたばかりの社長にこう問いかけます。

 

「社長、御就任おめでとうございます!!

 で、一つ伺いたいのですが、

 いつ、退任されるのでしょう?」

 

***

 

「死」を意識する

「いつまで仕事ができるのだろうか」を意識する

「いつまで、いまの役職をしているのだろうか」を意識する

「いまのタスクの納期」を意識する

 

そう考えていると、

私は、たまに、こんなことも考えちゃいます。

 

朝、目が覚めた時に、

「あぁ、今日も生きていられたんだな」とその奇跡を感じます。

(眠ったように死んでしまっていることもあり得るわけです)

 

人生100年時代といわれていますが、

実は、そんなに生かしてもらえるかもわかりません。

 

突然の事故

突然の難病

突然の疫病

 

お互いに、明日があるかも実はわかりません。

 

もしかしたら、友人とかわした

「じゃあね、また、今度ね!」

が最期になるかもしれないわけです。

 

大切な人が「いってきまーす」と自宅をでたまま

事故にあって帰らぬ人になるかもしれません。

 

だからこそ、僕は、

いま、誰かと交わした会話が、たとえ最期になったとしても、

いい記憶でありますように、と、おもって生きると決めてます。

 

「いつかまた」にしない。

 

まさに、いまやる!

いま変わる!!

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook