『真価が問われるオンライン研修…結果は如何に?』

 

2020年度版のLDP(リーダーシップ開発プログラム)が

6月からスタートし、いよいよ、数週間たち、

プログラムの真価を問われる時期になってきました。

 

要は、「去年と比較して、どうなんだ?」ということ。

 

受講者の満足度や理解度はどうなんだ?

行動量はどうなんだ?

結果はどうなんだ?

 

はっきり、言いますね。。。激変です!!

それも、いい形で(笑)

 

とある会社でのLDP。

 

実施する私も正直、不安でした。

3月までのLDPは、正直いって、

(とある経営者の方の言葉を借りれば)「過去の資産で食っている」だけなわけです。

 

つまり、2019年度の前半で、しっかりと受講生の皆さんとも

信頼関係を構築、醸成し、

 

「いよいよ最終回だ!!!」

というときに、このコロナ。

 

うーん、最終回は皆で集まって盛り上がりたかったけど

あまり間延びしてもあれなので、

集合型を、オンラインに置き換えてZOOMでやりましょうか…

 

という形でしたから、合格点いただいても当たり前。

 

しかし、6月からの2020年度版は、

しょっぱなから、オンライン上にて、信頼関係を構築していかねばならないのです。

 

「講師の自己紹介動画」

「受講生の皆さんも、自己紹介動画や資料を事前に提出してもらい受講生同士で共有」

「プログラムオーナーからのエール」「予習動画」

「宿題シートの作成手順動画」

「忘却曲線と闘うためのステップメール」

「バディコーチ制度」「TEAMSなどをつかったコミュニティプラットフォーム」

「一泊二日を、一日×2回、というようにマイクロ化する」

「受講生同士での動き、取り組みの見える化」

 

など、

 

「反転学習」「マイクロラーニング」「学習の見える化」

「反復、フィードバック、アウトプットを増大化させるパフォーマンスラーニング」

 

ありとあらゆる工夫を織り込みました。

これは、この3月からブレンディットラーニングデザインの

理論を体系的に学べたおかげで、科学的に効果のある方法を組み合わせましたし、

 

もちろん、今回、だれもやったことのないことですので、

事務局の皆さんにも、この理論を具体的にどのようなツールなどで実現、体現化するのかを

ワイワイとアイディアをもちよって、結果的に、だれもやったこともない方法を、

思いついたり、想いがけず開発してしまったり(笑)

 

そして、その手ごたえは…いかに?

 

もう一回、言いますね。。。激変です!!

 

例えば、提出物。

これは、これまでの旧LDPと比較して

目を疑うほどの記載率(取組み内容の量も質も)であったのです。

 

これには、先方事務局のみなさんも、驚きです。

 

私も、いただいた資料を

一人二人をみて、

「ん?まじに?何がおこった?」

 

ファイルを開くたびに、それが続き、

これでもか、これでもか、と続き、ただただ驚きの声だけ。

一気に24人分をむさぼるようにみて、、、思いました。

 

これほどまでに「学び」が変わるのか…と。

 

そして、これまで、最高のものをお届けしてきた自負はありましたが、

その最高の意味の幅があまりにも狭かった。

 

視野を広げた瞬間に、

これは、ものすごい可能性を目の前に、武者震いをする思いがしました。

 

お伝えしたことはやまほどありますが、

あまりにも多すぎで今日はこのくらいにしておきます(笑)

 

私自身、衝撃をうけた一週間でしたので、

これは、皆さんの報告せねばと思い、シェアさせていただきました!

 

『真価が問われるオンライン研修…結果は如何に?』

(11分13秒)  

 

今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)