『ごくごく自然と〇〇となるルーティン』

 

優秀なアスリートは、

ごくごく自然にゾーンにいれるためのルーティンを大切にしています。

 

このことは、以前もご紹介していますし、

私自身も、毎年、いろいろと工夫を重ねてきました。

 

先日、ある経営者から教えていただいたのですが、

この方は、この考え方を、会社自体に適用していこうとしているのです。

 

「中島さんね、

 僕は、やってきているのは、たった一つ。

 この会社がごくごく自然に成長するルーティンを構築することです。

 

 例えばね、

 

 □ごくごく自然に、

         現場での問題や悩み、本音が上に上がってくるルーティン

 

 □ごくごく自然に、

         トップの想いが、現場や最前線のスタッフたちまで、体の隅々まで浸透するルーティン

 

 □ごくごく自然に、

         今年入社したスタッフが、10年後、20年後、30年後に

   この会社をけん引するリーダーとして育成されるルーティン

 

 それを実現させるために、

 すべて(小集団活動や、会議や、ローテーションや、人事制度)が設計していくつもりです。

 

 その他でも、ごくごく自然に生産性が、アイディアが、

   イノベーションが、新商品開発がされちゃう

 こういったシステムをルーティンにするのが私たち経営者の仕事だと思うんです。」

 

すごいな、と思いました。

 

いままで、優秀なリーダーにあってきましたが、

彼ら自身が優秀であっても、その方でなくなるとパフォーマンスが落ちる。

つまり、永続性に欠けていることが、ほとんどでした。

 

しかし、この「ごくごく自然に〇〇になるルーティン」というのは、

このリーダーがいなくなっても、組織にインストールされていさえすれば、生き続ける。

 

「私の仕事はね、

 この会社がごくごく自然に成長するルーティンを構築することなんです」

 

心にずしんと響くお言葉でした。

 

あなたの会社は、

ごくごく自然に会社が成長するルーティン。

構築していこうとしていますか?

 

今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)