『一年を、漢字一文字で表すと?』

私は年末年始は、例年恒例の

・断捨離
・2020年の全プロジェクトの総括
・30年カレンダーと5年ビジョンと2021年の計画のすりあわせ
・未来に向けての打ち合わせ
・メンターからの2021年に向けてのコンサル指導
・録りためていたビデオや積読本の読書

をうけ、

・自宅にこもって
仕事、家族、健康、知識、精神、経済に関する「ビジョンメイキング」

を、これまた、今年も、かなり詳細まで落とし込んでいきました。

これをみているだけで、ワクワクですし、
10年後を考えると、もう時間があるようで実はなく気合が入ります(笑)

***

そして、ここ数年続けているのが
年末の時点で、

「来年一年を、漢字一文字で表すと?」

というのを、実施しています。
まさしく、これは、バックキャスティング。

未来をイメージし、2021年一年間を振り返ったときに
「ああ、今年は、こんな年だったなー」と振り返るわけですが、
その時の一言を、一年前の2020年の年末にイメージする、というものです。

詳しくはこちらをお聞きください。
『#154 今年と来年を漢字一文字で言うと?』(大晦日収録)
 https://stand.fm/episodes/5fed58bf0ce24c475782b1c4

そこで語りましたが、
2017年末に、2018年を「築」になっている!と語り。
2018年末に、2019年を「施」になっている!と語り。
2019年末に、2020年を「昇」になっている!と語り。

これがまた、、、本当にびっくりするぐらいその状態になっています。

そして、今年は「激」

具体的には、また別途の機会にゆずるとして、
とにもかくにも、行動をもって、体言をしていきたいと思っています。

皆さんの今年の一年を、漢字一文字で表すとなんでしょう?

これを、10年日記や目に見えるところに書き留めておくこと、おススメです。
昨日ご紹介したLIVEでも、皆さんの漢字一文字を聴きたいなー、と思っています。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook