『自分にとって魂が歓喜することとは...に向き合う』

そもそも、「C・C・C」とは、

Charge
(チャージ:自分の「もともとの動機」としっかりと向き合い)
Change
(チェンジ:こころの師匠を徹底的にOSハンターし、新たな捉え方を自分の体内にインストールし)
Challenge
(チャレンジ:自分で勝手につくってしまっていた限界を突破し、新たな結果をだす)

***

今回は、わりとしっかりと3Cをしてきたので
ひとつづつ、ご紹介をしていきたいと思っています。

ちょうど、一週間づつ、
「Charge」
「Change」
「Challenge」
計三週間かけて、チャージング3weeks。

今日は、最初の一週間の「Charge」を紹介しますね。

意味合いとしては、「充電」です。
自分の魂が歓喜することをしているか?

どうしても繁忙期になってくると、
なにを(what)、どうする(how)に向き合いながら
爆走し、駆け抜けていくために
ともすれば、なぜ(why)それをやるのか、
それは、自分の魂が歓喜することなのか?
という問いに向き合う機会は、少な目になります。

私が定期的にチャージングweekをとるのも
この向き合う機会を蔑ろにしてしまうと、
放電してしまったり、漏電してしまったり、と
自分のエネルギーを高く維持しつづけることが難しくなり
だんだんと低下を起こしてしまうから。

2020年は、例年に比較して大きなトランジションを求められ
かなり忙しかったので、プロジェクトが終わる3月23日の夕方には
放心状態(笑)…泥のように速攻で寝落ちしました。

そのからの一週間は、
「Rest」をしっかりと取りました。

この期間、普通のお仕事は入っていましたが
この毎日のメルマガは、それなりのエネルギーがかかっています。
それを20日間停止するだけでも、かなりの「Rest」になるわけです。

そして、睡眠の質をここ10年間は継続してモニタリングをしていましたが
この2020年はコロナという有事もあり、平均睡眠時間が4時間半でした。
これも、7日間かけて、安定化へ。

あとは、年に2回の大規模な断捨離も、
スキップをしてしまっていたので、二回分の断捨離を断行しました。
本を段ボール4箱。シュレッダーゴミ袋6袋。

この過程で、埋もれていた宝物が発掘され、
「あぁ、ごめんね。自分!」となるわけです。

しっかりと、自分の体も、身の回りの環境も整えて、
やっと、「自分にとって魂が歓喜することとは?」に向き合うことができたわけです。

そして、次のステップの「Change」へといきます。
これは、明日にしますね。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook