『結果的に、一番、私を助けてくれた決断』


週末は、
急になにかに憑りつかれたかの如く、
思いっきり書斎の模様替えをしました。

断捨離は年に二回、定期的にしていますが
大々的な模様替えは、おそらく創業以来かもしれません。

机の向きやら、なんやらかんやらガラッと。
今年もほとんどがオンラインで進めるでしょうから、
書斎をスタジオとして進化させることを前提に、おもいっきり。

そうしたら、いままで手をつけなかったところも
封をあけてしまうことになり、、、、、、なんと
創業したての2012年〜2015年の状態のままになっていたエリアがあり(笑)

まるで遺跡から古文書発掘調査な気分です。

「会社名の検討ノート」
・結果的には会社名は
 ドリームチーム・ディレクターとなりましたが、
 創業時に、いくつかの候補名のリストがあったわけです。
 そして、それぞれの字画や、音からの印象で検討していました。
・ドリームチーム・ディレクターという韻を踏むところ。
 濁音を意図的にいれているところ。かなり念入りにこだわっています。
 まぁ、ようは、創業当時は、ちょう暇だったんですね(笑)

「会社の5年後、10年後、15年後...の具体的なイメージ」

・いまも毎年バージョンアップし続けていますが、

 一番最初の原案・原本にあたる戦略ノートは、9年ぶりに見たわけです。

 これ、、、、かなり刺激的でした。

 

 当時、書いていて、でも途中で

 なにかの拍子に消えてしまっていた「粗いけど熱い!視点」もあり、

 これは、今後のビジョンメイキングに再検討ですね!!

 

そして、

「おおおおお!」と

発掘された古文書の中でも、一番、インパクトがあり、

いま思うと、この決断があったからこそ、いまがある、、、

といっても過言ではないほど、

「あぁ、このとき、このリストを作ってよかったな」と

思えたのが、これ!

 

「決して、やってはいけない仕事」

「付き合ってはいけない企業リスト」

「付き合ってはいけない人リスト」

 

これ…絶対に他人には見せられないものですが(笑)

 

独立したての私が、

自分のGIFTをどこにどのように使うのか、を考えた結果

その反対のことも、くっきりはっきり定義していることは

実に、9年前の自分に「あっぱれ!」と言ってあげたいです。

 

これだけは絶対にやってはいけない仕事。

そして、この企業、この人とは、絶対に付き合ってはいけない、

というものを、実名入りで、刻み込んでいましたし、

実際に、この9年間、ずっと守ってきています。

 

この部分が、結果的に、

一番、私を助けてくれた決断だったな、と思います。

 

あなたにとっての

「結果的に、一番、私を助けてくれた決断」は

どんなものがありますか?


今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)