I・W・D ラボ_メルマガ (IWD lab_ mailmag)

日本、そして世界に点在する経営者やリーダーたち1893名と、平日、毎朝6時(日本時間)に朝礼をしている気持ちで配信しています!ここからの気づき、学びをもとに、今日一日、部下とどのようにかかわろうか、組織に還元していこうか、を考え、職場にて実験(実践)していくことが期待されます。

 

最新メルマガ

2021年

10月

15日

『もう二度とない機会をぜひ!残りあと3日』


昨日の朝礼メルマガでリリースしてから
NTP(ノータイムポチ!)をしていただいた方が、
おかげさまで195名!

さすが!このメルマガを読まれている方は
日頃から「NTP筋」を鍛えてきただけあります。

そして、お便りが昨日は30通をこえました。
このメルマガ配信史上、最多です 驚

普段、お便りをいただかない方からもいただき

「いつもメルマガ、スタF等々楽しみに、刺激を受けながら読んでいます。
 今回衝撃の割引率に驚いた勢いで、受講申し込みにNTPして
 更に初めてメール返信までさせてもらってます。」

とか

「2年前に新任研修でお世話になった○○と申します。
 今回、ようやく初・NTPを経験しました(笑)
 OSハンターをしようしようと思って、全然できていないままですが、
 40歳を過ぎて、ちょうど人生の分岐点のような気がしているのに
 何も動けていない自分に焦り、いら立ちを覚えている、この1年半です。
 朝礼、当初は毎日刺激的で、最近では聞いたことある内容も多いのですがw
 それでもKindleの話とか、中島さんもどんどん新しいことに
 チャレンジされており、とても刺激をもらっています
 頭では理解しているが実践できていないことを、今日から1つ1つ実践し
 成長できるように頑張ります。」

とか。

なじみの方からは

「今日はホテルワークで集中して資料作ろうと思いながら
 ついメールをみてNTPしてしまいました。
 では資料作成に戻ります。」

とか

「中島さんの動画なら、一気にいけそうなので、
 74本、5時間も全く問題ないと思います笑!」

とか

「さっそくNTPさせて頂きました!
 94%引きだったので、目ん玉が飛び出ました!(笑)
 週末はLDPの名場面を楽しみたいと思います。
 6年ぶりにワクワク(^^)/」

とか。

そして、こんな方もいらっしゃいます。

「当社内でも、
 是非この講座の受講推奨を告知させていただきます」

とか

「買ったついでに、
 幹部のみなさんに、売り込んどきました!(笑)
 誰がNTPするかなぁ~。。。」

とか。
なんだか、みなさん、楽しそう!(笑)

そして、昨晩からは、続々と直接みての感想を

「閉じるリーダーの解説、笑った!
 ネジが外れている語り口、最高ですね(笑)」

「このテンションで、オンラインで話す人、
 いないんじゃないか?」

とか

「身振り手振りで、たまに「ガキデカ」がでますね?」

とか

「よくもまあ、パワポ一枚で
 16分も話きかせる講師、みたことないっす」

とかとか。
まるで実況放送のように
メッセンジャーで送ってくださる方々も(笑)

私もそういわれてみれば、と
自分で自分の動画を改めてじっくりとみてみましたが…

要は、本人が一番愉しんでました!!(笑)

ということで、
それぞれ平均4分の動画レクチャーが74本
トータル約5時間。

ぜひ、購入された方は、ちょこちょこ進めてもいいですし、
土日、一気に見ていただいても結構です。
ぜひ、お楽しみください。
エンターテインメント要素は、意外にあると思いました。
皆さんからのFBを受けるまでは、自覚はなかったけど…。(笑)

***

さて、今日で最後の告知です。

定価19,800円でのリリースですが、
今回は、メルマガ読者特典割引価格にて
94%割引の1,200円でご提供させていただきます。

ただし、期限は「10月18日18時まで」となっています。

最安値での提供は、今後二度とありませんので、
この機会に、ぜひともNTP(ノータイムポチ!)をしてください。
このチャンスを、お見逃しなく。

さて、具体的には
下記のリンクをクリックしていただくと、
Udemyサイトで私のコースがでてきます。

94%引きの1,200円であることをご確認の上、
「いますぐ購入する」をクリックすると、
アカウントの新規登録画面になりますので、
「氏名」「メールアドレス」「パスワード」を登録し、
支払いに進む形です。

https://www.udemy.com/course/coaching-leadership/?couponCode=A984F3B0C992E469CFFB

そして、
ここからは既に購入された方にお願いです。

ぜひ、あなたが助けたいな、と思う方へ、
例えば「社内同僚、部下(上司も(笑))」「友人・知人・親戚」にも
ぜひ、プレゼントとして、この割引リンクをお贈りください。
より多くの方の力になりたいと思っています。

では、よい週末を!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

14日

『うちでコースを作ってみませんか?』


1年前、世の中が激変してしまいました。
コロナ禍で私も集合研修が99.9%がなくなり
急遽、すべてをオンライン研修に置き換え

置き換えただけでは研修の質も劣化するので
ブレンディッドラーニングを学び、認定資格を取得し
必死にさまざまなことにチャレンジをしているときでした。

ブレンディットラーニングとは、
事前にティーチング動画を受講生にみてもらっておいて、
オンラインではティーチングは少な目にして
ディスカッションを中心に進めていく「反転学習」だったり。

動画を作成するも、長いものだと集中力がなくなるため
4分から7分くらいのものにする「マイクロラーニング」とか。

日々、新しい概念を手にしては、
Youtubeなどで試し、毎日配信をしていました。
はじめは、話し方もいまいち、照明も、音声もいまいち。

いまでは、昨年の8月頃に撮ったものが、
見ていて本当に恥ずかしいのですが、経験値があがると、
なかなか楽しいもので、私のプログラムがどんどん
進化していったのも、昨年10月くらいだったかと思います。

そんな時、10月19日に
世界最大級の学習プラットフォームでもある
Udemy社のスタッフから連絡があり

「うちでコースを作ってみませんか?」

という提案をいただきました。

はじめは、なんだそりゃ?と思いましたが、
なんと先方は私のYoutubeの配信をみてくれての提案だったのです。

そこからです。
Udemyスタッフの方と相談をしながら、
企画を練り、打ち合わせを重ね、
でも、私がなかなか約束通りに進まないところを、
辛抱強くまっていてくださり、

丁度、私がKindleを三冊上梓したあとくらいから、
私の中でのメンタルブロックがなぜか削ぎ落され、
作品創りに没頭しはじめたのが、お盆休みを越えたころ。

そこからは昨日もご案内したように
反徹(徹夜がもはやこの歳だとできないことがわかったのが悲しい)
を続けながら、ようやく、今回、リリースまでこぎつけました。

***

今回のこの作品は、
そんな流れの中から産まれたものです。
タイトルと内容は以下の通りです。

**最下部のところに、割引クーポンあります!**

新任リーダー・管理職向け
『業績を上げ続ける組織へと変える!』
理論を学び再現性のあるコーチング&リーダーシップ講座
____________

セクション1 
はじめに
 本コースの対象者・進め方
 講師の自己紹介

セクション2 
準備運動
 セルフチェック(打ち手のレパートリー)
 セルフチェック(部下や組織の状態)

セクション3 
理想と現実を明らかにしよう!
 理想の姿(組織/自分自身)
 現実の姿(組織/自分自身)
 理想と現実のギャップ(組織/自分自身)
 ビジョンを地に足ついたものにするために (FB/FF)

セクション4 
人と組織の可能性を閉じるリーダー/開くリーダーとは?
 あなたが出逢ったリーダーは、どんな方?
 閉じるリーダーとは?(解説)
 開くリーダーとは?(解説)
 一年で最下位店舗を再生させる店長の「再生の手順書」とは?
 ワーク

セクション5 
どのようにして望ましい行動を増加させるのか?
 部下にどんな行動をとってほしい?(ワーク)
 ABCモデル
  1)来店客数を増やすためには?
  2)部下の望ましい行動を増やすためには?
  3)行動をはさみこむ! 「ブックエンディング法」
  4)1on1コーチングの最適なタイミングとは?
 問いの方向に人は流れる
  1)あなたの職場では、どんな問いが流れていますか?
  2)あなたは、これからどんな問いを流していきますか?
  2-1)昨日から今日までになに成長しちゃった?
  2ー2)あなたにとって最高のサービスってなに?
      それを今日、どのようにして体現する?
  2-3)良質な問いの作り方
  2-4)俺たちの本当に敵って誰なんだろうね?
  2-5)V字回復を成し遂げた大企業。
      超低迷期に流れていた問いとは?
 承認の方向に人は流れる
  1)3つの承認 あなたは承認できていますか?
  2)もし、職場で承認が枯渇してきたら、
    人はどうなってしまうのか?
  3)コロナ禍で、地盤がゆるんできてはいませんか?
 人は「即・確実・メリット」で動く
  1)事例 営業データベースに投稿されない。さて、どうする?
  2)事例解説
  3)事前にシミュレーションをする大切さ
  4)大きな塊を細かく砕いて扱いやすくする「ベイビーステップ法」
  5)濡れ木に火をつけても決して燃えない 変革活動の手順「焚き火理論」
  6)人は大きな変化に抵抗する「脳をうまくだます」
 変革行動を継続させるための5ステップ
  1)事例 営業所での目標ビンゴゲーム
  2)事例 資材部門での「教えてシグナルシート」
  3)5ステップ まとめ

セクション6
どのようにして、業績を上げ続ける組織を創るのか?
 業績を上げ続ける組織の創り方3ステップ
 具体的な事例と注意点

セクション7
なぜ人や組織は変われないのか?どう乗り越えるのか?
 裏目標と表目標
  事例)「お前の握りしめているものなんだと思う?それ、〇〇〇だから!」
  ワーク)あなたの裏目標は何だと思いますか?
「刺激と反応」 ~捉え方が変わらないと何も変わらない
  1)捉え方を変えるために「OSハンター」
  2)事例「競争から共創へ」「タレント事務所の社長としてどうなんだい?」
  3)まとめ
「OSのバージョンアップ」の手順
  事例)裏目標が邪魔してメルマガが書けなくなった自分…
  OSハンターを5人にしてみたら全員からこんなことを言われました  
 リーダーが躓きやすい8つのハードル 「視点のシフト」
 ワーク)自分のリーダーとしての器はどのくらい?
     レーダーチャートを作ってみよう!

セクション8 
最初の一歩、どう踏み出す?
 一年後ビジョン
 バックキャスティング/ フォアキャスティング
 3つの慣性について

セクション9 
おわりに
 このコースのまとめ
 今後の学習方法(定期的な刺激を設定しよう)
 ボーナスレクチャー

_________________

このメルマガを読まれている方は、
LDP(リーダーシップ開発プログラム)の受講生や
講演の参加者の方が多いでしょうから、

「あぁ、この場面!」
「そうそう、この話!なつかしい」

そして、あの懐かしの名場面(笑)

「お前の握りしめているものなんだと思う?
 それ、〇〇〇だから!」

も、でてきます(笑)

あのLDPの名場面を、贅沢に、
ぎゅーっと詰め合わせた作品となっていますので
履修してから数年たつ方は、ぜひぜひ復習に。
永久保存版として何回も何回も聴いていただき
OSインストールを徹底的にしていただければと思います。

そして、Kindleなどの電子書籍から
もしくは、知人からの紹介でこのメルマガを読まれている方は、
おそらく私の伝説(笑)の講義はご覧になっていないと思うので
ぜひぜひ、この機会にお手に取っていただければ、と思います。
これを見ていただければ、さらにこのメルマガの意味が
深く理解できることでしょう。

それぞれ平均4分の動画レクチャーが74本
トータル約5時間。

定価19,800円でのリリースですが、
今回は、メルマガ読者特典割引価格にて
4日間限定で94%割引の1,200円でご提供させていただきます。

最安値での提供は二度とありませんので、
この機会にぜひともNTP(ノータイムポチ!)を
されることをおススメしまーす。

さて、具体的には
下記のリンクをクリックしていただくと、
Udemyサイトで私のコースがでてきます。

94%引きの1,200円であることをご確認の上、
「いますぐ購入する」をクリックすると、
アカウントの新規登録画面になりますので、
「氏名」「メールアドレス」「パスワード」を登録し、
支払いに進む形です。

https://www.udemy.com/course/coaching-leadership/?couponCode=A984F3B0C992E469CFFB

この割引リンクは、有効期限は2021年10月18日18時をすぎると無効になりますので
お気を付けください。

では、コースであいましょう!!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

13日

『いよいよ、今週中にも動画コンテンツリリース!?』


前回(8月中旬)、動画コンテンツの作成をしていることを
ご案内してからそろそろ二ヵ月。

『新たなチャレンジのときの呪文は淡々と積み上げ』
 https://bit.ly/3iQ8MzS

このときは、産みの苦しみのど真ん中。
うんうん唸りながら、夏季休暇やシルバーウィークとも
動画撮影で潰し、なんと、この繁忙期真っただ中、夜な夜な
動画編集とアップなどをこなしてきました。

いまは、アメリカのUdemy社の「審査待ち」ということで、
おそらく数日後にはOKがでて、リリースされると思います。

****

新任リーダー・管理職向け
『業績を上げ続ける組織へと変える!』
理論を学び再現性のあるコーチング&リーダーシップ講座
____________

セクション1 
はじめに
 本コースの対象者・進め方
 講師の自己紹介

セクション2 
準備運動
 セルフチェック(打ち手のレパートリー)
 セルフチェック(部下や組織の状態)

セクション3 
理想と現実を明らかにしよう!
 理想の姿(組織/自分自身)
 現実の姿(組織/自分自身)
 理想と現実のギャップ(組織/自分自身)
 ビジョンを地に足ついたものにするために (FB/FF)

セクション4 
人と組織の可能性を閉じるリーダー/開くリーダーとは?
 あなたが出逢ったリーダーは、どんな方?
 閉じるリーダーとは?(解説)
 開くリーダーとは?(解説)
 一年で最下位店舗を再生させる店長の「再生の手順書」とは?
 ワーク

セクション5 
どのようにして望ましい行動を増加させるのか?
 部下にどんな行動をとってほしい?(ワーク)
 ABCモデル
  1)来店客数を増やすためには?
  2)部下の望ましい行動を増やすためには?
  3)行動をはさみこむ! 「ブックエンディング法」
  4)1on1コーチングの最適なタイミングとは?
 問いの方向に人は流れる
  1)あなたの職場では、どんな問いが流れていますか?
  2)あなたは、これからどんな問いを流していきますか?
  2-1)昨日から今日までになに成長しちゃった?
  2ー2)あなたにとって最高のサービスってなに?
      それを今日、どのようにして体現する?
  2-3)良質な問いの作り方
  2-4)俺たちの本当に敵って誰なんだろうね?
  2-5)V字回復を成し遂げた大企業。
      超低迷期に流れていた問いとは?
 承認の方向に人は流れる
  1)3つの承認 あなたは承認できていますか?
  2)もし、職場で承認が枯渇してきたら、
    人はどうなってしまうのか?
  3)コロナ禍で、地盤がゆるんできてはいませんか?
 人は「即・確実・メリット」で動く
  1)事例 営業データベースに投稿されない。さて、どうする?
  2)事例解説
  3)事前にシミュレーションをする大切さ
  4)大きな塊を細かく砕いて扱いやすくする「ベイビーステップ法」
  5)濡れ木に火をつけても決して燃えない 変革活動の手順「焚き火理論」
  6)人は大きな変化に抵抗する「脳をうまくだます」
 変革行動を継続させるための5ステップ
  1)事例 営業所での目標ビンゴゲーム
  2)事例 資材部門での「教えてシグナルシート」
  3)5ステップ まとめ

セクション6
どのようにして、業績を上げ続ける組織を創るのか?
 業績を上げ続ける組織の創り方3ステップ
 具体的な事例と注意点

セクション7
なぜ人や組織は変われないのか?どう乗り越えるのか?
 裏目標と表目標
  事例)「お前の握りしめているものなんだと思う?それ、〇〇〇だから!」
  ワーク)あなたの裏目標は何だと思いますか?
「刺激と反応」 ~捉え方が変わらないと何も変わらない
  1)捉え方を変えるために「OSハンター」
  2)事例「競争から共創へ」「タレント事務所の社長としてどうなんだい?」
  3)まとめ
「OSのバージョンアップ」の手順
  事例)裏目標が邪魔してメルマガが書けなくなった自分…
  OSハンターを5人にしてみたら全員からこんなことを言われました  
 リーダーが躓きやすい8つのハードル 「視点のシフト」
 ワーク)自分のリーダーとしての器はどのくらい?
     レーダーチャートを作ってみよう!

セクション8 
最初の一歩、どう踏み出す?
 一年後ビジョン
 バックキャスティング/ フォアキャスティング
 3つの慣性について

セクション9 
おわりに
 このコースのまとめ
 今後の学習方法(定期的な刺激を設定しよう)
 ボーナスレクチャー

_________________

それぞれ平均4分の動画レクチャーが74本
トータル約5時間。

このメルマガを読まれている方は、
LDP(リーダーシップ開発プログラム)の受講生や
講演の参加者の方が多いでしょうから、

あぁ、この場面!
そうそう、この話!

そして、あの懐かしの名場面(笑)
「お前の握りしめているものなんだと思う?それ、〇〇〇だから!」
もでてきます(笑)

あのLDPの名場面を、贅沢に、
ぎゅーっと詰め合わせた作品となっています。
ぜひ、永久保存版として何回も何回も聴いていただき
OSインストールを徹底的にしていただければと思います。

そして、Kindleなどの電子書籍から
もしくは、知人からの紹介でこのメルマガを読まれている方は、
おそらく私の伝説(笑)の講義はご覧になっていないと思うので
ぜひぜひ、この機会にお手に取っていただければ、と思います。
これを見ていただければ、さらにこのメルマガの意味が
深く理解できることでしょう。

今回は初動画コンテンツ作品リリース記念ということで
このメルマガ読者/Facebook特典割引価格にて
ご案内をさせていただきますので、お楽しみに!!!

明日、あさってのメルマガには、要チェックです!
発行されるクーポンには有効期限が3日ですので
期限が切れる前にぜひぜひNTP(ノータイムポチ!)を(笑)
お楽しみにー!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

12日

『賢い人ほど動かなくなる組織』


行動科学では、ABCモデルという考え方があります。

簡単に紹介すると、
人は、なにか自分がとる行動で、
そのあとに、メリットを手にするならばその行動はとり続け、
自分の行動で、手痛い仕打ちやデメリットを被るときは、
その行動を止めるようになる、、、

というもの。

詳しくは、廃版になっていますが(笑)
中古でお安く手に入ります。

参考:
「変革を定着させる行動原理のマネジメント」https://amzn.to/2xpHyI0

***

この傾向は賢い人ほど顕著にあらわれていきます。

いろいろな企業を観察していると、
こうしたことに悩んでいる職場もあるようですね。

例えば、
『言ったもん負け』
https://goo.gl/WBGdT2

なんていうのも、典型的な例といえましょう。

ようは、
「賢い人ほど動かなくなる組織」になってしまっている、ということ。

本当だったら、
「賢い人ほど動きだしたくなる組織」にしなくてはいけないわけで。

経営者やリーダーとしては、
自らの作品(社員たちの行動や発言や業績などすべてのこと)を
後者になるようにしていかないといけないわけです。

さあ、チェックをしてみてください。

あなたの組織は、
「賢い人ほど動かなくなる組織」ですか?

それとも、
「賢い人ほど動く組織」ですか?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

11日

『なんとなく...人生100年時代での出来事』


2017年にパーソナルトレーナーを
していただいていた須山翔太郎さんの応援に、

週末の浜松町のメルパルクホールでおこなわれた
「第67回男子日本ボディビル選手権大会」
にいってまいりました。

ガタイのデカい方々ばかりでしたが、
観客も半分、声援も禁止。拍手のみ。
私ははじめて日本選手権をナマで
みにいったわけですが、常連さんいわく
普通だったら、ここで

「キレてる、キレてる!」
「冷蔵庫ーーー!」
「チョモランマ―!」
「しょーたろーーー!」

などの掛け声で、アナウンスの声が
聞こえなくなるほど、といっていましたが、
今年は、みなさん、本当に礼儀正しく
観戦をしている様子でした。

40歳になる須山さんは、絶対王者がいなくなった今年、
今回こそは、日本のトップになるぞ!と
活き込んでいたと思いますし、多くのファンたちは
今回は須山さんだろうな、と思っていたと思うのです。

が…大波乱の日本3位。
※いや、3位もすんごいのですが、今年は
 狙っていたと思うのです。本人も。ぐぅ。…

なんと、1位は22歳の選手でした。

なんとも勝負の世界の厳しさを感じましたね...
須山さんも最高の仕上がりだったのだと思います。
しかし、それを成長と勢いで上回ってしまったわけで。
タイミングとは、恐いものです。

さて、驚きはもう一つ。
女性の部「女子日本フィジーク選手権大会」も、
その前に行われたのですが、

ここでの優勝者、2位、3位の方々は、なんと

60歳、57歳、56歳

なんです...。
まったくその年齢を感じさせない。
パンフレットの年齢をみて、二度見するほどです。

そして、最後に、
優勝者の22歳と60歳が一緒にポージングで写真撮影…。

今回は特にオチはないのですが、
なんとなく人生100年時代では、
こんなことが、たくさん起きるんだろうな、と。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

08日

『ひとりじゃない』


昨日のメルマガにも
20通くらいのお返事をいただきました。
ありがとうございます。

***Yさんより***

今朝の内容は、かなりドキッとさせられました。
自分自身も断られることは「恐れ」と認識していると思います。

おそらく、
誘って集まってくれる=承認
という思考回路だと思います。

そのために、
いろいろと考えるし準備をしているものだと思うので。

そうなると、
断られるという=否定
ということになり、

何がいけなかったんだろうという
回路が働き、この経験が次の「誘う」という行動に邪魔をする。
負のスパイラルに陥ってしまいますね。

断られたことよりも、
来てくれた人のことを第一に考えると
うまく切り替えられるかもしれません。

なんかヒントをいただけたような気がします。
うまく付き合っていく方法、これからも模索していきます!

***Yさんより***

本日の内容、とても共感できます。
私は以前はお誘いを受けてお断りするのが苦手で。。
また、自分から誘って断られるのもつらくて。。

だったのですが、あるイベントをよく主催されている方に出会って、
「ああ、それでいいんだ」って気づき。
その方は、まさに、中島先生のような考え、行動の方でした。

悩んでいるより、早く参加、不参加、検討中などを回答することのほうが、
主催者には助かることなんだと気付けました。

本当にこの考え方は、仕事でも活かせますね。
営業でお客様に1回お断りされたら、次に電話をできない方がみえますが、
お客様はそこまで深刻に考えてはみえない。
たまたまその時都合がつかなかっただけ、他の優先事項があったかもしれない。

だから大切な、重要なお客様にはこちらから、気負うことなく、さらっとコンタクト
し続ければよいのです。

今日も、よい気づきをありがとうございました。
よい一日をお過ごし下さい。

***Mさんより***

おはようございます。
公私共に企画することが多いのですが、
断られるって何となく心が痛むのは変わりません。
でも、考え方ひとつですね!

もちろん、どーしても参加してもらいたい時は、
あの手この手を使いますけど(笑)

***Mさんより***

私、断るのが苦手なんです。

だからこそ、
人に「断わられる」のはそうでもないのですが
人に「断らせる」のがダメみたいです。
こちらからお願いして、「すいません。できないんです」と言わせるのが申し訳ない・・・。
(そんな記憶がいくつか出てきます)

いい訳でした。
でも、言語化すると何を変えればいいか分かりそうです。
反応しまくっているんですね。(笑)

中島さんから●●●の誘いが無ければ、今は無かった。
誘うことが、他の人に良いきっかけを与える事例を
目の前に見ているんですけどね。

さて、3ヵ月でどれだけ変わりますか、こうご期待です。

***Iさんより***

今日のメルマガを読んで思ったことを書かせて頂きます。

職場で「キャリア面談」という1対1の個人面談をやっています。
課長の皆さんに自分のキャリアを考えてもらおうと思い、
私が課長になってから、毎年続けています。

4~50人の職場になると、苦手な人もいるのですが、課長になった当初は
苦手な人と面談する前には「何か嫌な事言われたらどうしよう」などとネガティブな
ことばかり思って憂鬱になったり、苦手な人を後回しにしたりしていました。
でも、最近は「いろんな人から個人・職場の不満を吸い上げるのが自分の仕事だ」
と開き直って、苦手な人でもグイグイ情報を引き出すことができるようになりました。

今日の話の”耐性”というところに非常に共感しました。
まだ耐性が足りない部分もたくさんあるので、これからもどんどん耐性を
付けていきたいと思います。

***Aさんより***

今日も朝礼ありがとうございます!

断られることにも効用がある、なるほどでした。
メルマガを読んでいて、自分がイベント開催しようと思ったときに、
「断られる」かもしれないことが一番のハードルになっていることに気が付きました。

相手にもいろいろな理由があって断ってくるのであって、そこでいちいち凹んでいてもしかたないですね。
断られることに凹まなくなり、でも来てほしい人には誘い続ける力、これからの自分に必要だなと思います。

相手も断ると、その次に断りにくくなる。だから断れることを気にしてもしかたないんでした。
人とのつながりが増えて、複雑になっていくこれからの時代に、とても大切な力だと思いました。

***

みなさん、いかがでしたか??
沢山いただいたメッセージの中の一部分ですが、
多くの方が、悩み、取り組み、乗り越えようとしていらっしゃいます。

ひとりじゃない!

前へ、前へ、ですね。
私が一番、勇気をもらっているので、
今回は、おすそわけです。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

07日

『断られることへの耐性』


飲み会の主催者
イベントの主催者
プロジェクトの主催者

なんでもいいので、主催者になると、
企画はもちろん、誘って人を集める、、、ことで、
はじめてなりたちます。

そこで経験するのが「断わられる」ということ。

「予定が合わない」
「興味がない」
「忙しい」
「いくといったけど、都合が変わってキャンセル」

いろいろな理由で、「断られる」のです。

おそらく、ここ10年間で
私が一番身に付けた能力は、

「断われることへの耐性」
…なのではないでしょうか。(笑)

10年前は、
いまよりもかなり凹んだと思います。

しかし、いまでは
(ものによってですが)誘って一割くれば御の字!
くらいに思うようにしています。(笑)

そして、一度誘って断れたとしても、
以前は「自分を否定された」という気持ちもあったのですが、

今では、
「単に興味がない」
「単に用事が入っていた」
「気分がのらないのでしょ?」
と思うようにして、
さっさと次の方に声をかけられます。

今では、
何度か、断れても、
(来てほしいなという人に対しては)
何度でも誘い続けられます。

すると、来てくれるときもあるんです。(笑)

そこから派生して身に着けたのは
「誘い続ける力」そして「要望力」

実は、これって、
仕事にも本当に活かされています。

なので、よくリーダーで、
「人を巻き込むこと」が苦手だったり
部下に要望をすることをためらったり、遠慮しちゃう方がいますが、

なにか気楽なイベントなどの主催者になって、
誘って、とことん断られる練習(エクササイズ)を積んでいけば、
かなり効果的かと思います。

エグゼクティブコーチングでは、
そんな練習をされて、ものすごく改善された役員の方もいらっしゃいますよ。

あなたは、いかがですか?
ご参考までに。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

06日

『 失敗して、あちゃーのほうが100倍いい !』


昨日のメルマガに
たくさんの返信をいただきました。

***Kさんより***

いつも有難い言葉有難うございます。

つべこべ言わずに、とりあえずやってみる。
結果がダメだったら何がダメか考えて次の手を打つですよね。

やる前から結果が出なかったらどうしようと思って、
二の足を踏んだらどんどん落ちぶれていくと思いました。

自分の価値観は常にアップデートですね。

***

Kさんありがとうございます。

そうなんです。
バタバタしながらとりあえずやって、ぶちあたって、、、、
でも経験値が高まって、経験値という武器を手にする。

いまのステージで、この武器をゲットしてないと、
次のステージにいったら大変なことになるのに
こうやってバタバタチャレンジをして、
モンモンとしちゃっている人を、嘲笑っている人がいますが、

数年先には、
武器をもっていない自分のこと、笑えなくなるのに、、、、
と思いますよね。

ま!とにかく、前へ前へ!ですね!!

***Aさんより***

今日も朝礼ありがとうございます!

「ゴミのような言い訳けに囲まれて、この先も生きていくの?」
胸にグサグサ刺さりまくりました。

やったことがないことって、怖いんですよね。
でも考えてみれば、誰でもそうなんじゃないかと思います。
やったことがないことはリスクが見えないですし(これが大きい気がします)、
どうやってやるのか考えるのにも大量のエネルギーが必要です。

誰でも同じだとすると、あとはやるか、やらないかですね。
キラキラしているあの人も、悩んで苦労しながらやっているはず。

だったら、それを愚直にマネしてみる。
まあ、最初はうまくいかなくてもしょうがない。
死なない範囲でやってみて、
ダメだったら場合はそれをフィードバックとして、
もう一度やってみる

と、書くと簡単そうですが、
現実は出来たり、出来なかったりです。

でも、このまま立ち止まってうだうだしているよりは、
失敗してあちゃーとか思っているほうが
100倍良いと、思えてきました。

***

Aさん、ありがとうございます。
ほんと、とにかくうだうだしていても何もはじまらない。

せっかくの人生。
あちゃー、だったり、
ありゃー、だったり、
そんな体験がひとつもないとしたら、
さみしいものですものね。



皆さんからのお便り
全部は載せられませんが、
こうやって、朝、10~15通くらいのメールで
皆さんの人生に触れられるのがとても刺激的です。

そう、そして、皆で一緒に踏み出そう!
 今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

05日

『残念街道まっしぐら!な人の特徴』


人に、アドバイスを求めておいて、
こちらも、いろいろ考えて、
配慮の言葉も添えてアドバイスをすると、

そこで、すぐさま、

「それは、ちょっと難しい」

とか

「できないと思う」

とか、決めつけちゃう人っていますけど、
申し訳ないけど、そういう人って、

残念街道まっしぐら!(笑)


あのね…

「いま、あなたが誤作動を起こしている」原因のほとんどは、
そこ!から発生しているんですよ。


「できてない理由」は、ただ一つ。

せっかくもらったアドバイスを、
「既存の自分のOSで、評価して、判断しまっている!」ということ。

バグを起こしているOSに、
評価させちゃっているのだから、
ダメに決まってんじゃんね?!

「ここは、自分っぽくないから」

とか

「ここと、ここだけは、やってみようかな?」

とか、
バグを起こしているOSに選択させちゃー、だめだっつぅーの!

そんなことやっていても、
はっきりいって永遠にできるわけがありません!(キリっ!)

だって…
それって、もう、すでに、たくさんの人から
アドバイスもらっているのに、まだ、できないのだから。(ドキっ!)


進化し続ける人は、
そもそも、なにかを初めて学ぼうとするときは、
「完コピ(完全にオリジナルを真似てコピーする)」です。

要は、つべこべいわずにやれ!
そして、そのまま全部、今すぐ、マネろ!!です。(笑)

伸び続ける人は、間違いなくこれ。

本当にシンプルなことなんですけどね。

私は、はっきりとお伝えする方なので、
最近は、もうそういう方は、目の前に現れなくなりましたが(笑)

正直言って、
出来ない理由並べまくる人には、

「ゴミのような言い訳けに囲まれて、この先も生きていくの?」

とお伝えしますし、

「考えてみます」と言って、そのあと行動もせず、
さらに姿を消して、一切、音沙汰なくす人には、

「この人、一生それでいくんだろうな」って思っています。
(でも、、、消える人には、お伝えできないんですぅ(笑))

こっちは、もう、
ホント、やりたいことがいっぱいあって、
そんなことしている場合じゃないんですから。

ねえ、みなさん!
でしょ!?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

10月

04日

『GOKIGEN‐Hacks LIVE_45 10月号』


10月2日、月例LIVEを19時より、Youtubeにて、
『GOKIGEN‐Hacks LIVE_45!』を開催いたしました。
 https://youtu.be/H7kQ0LVm-yM

****

今日のテーマは
「今年もあと3ヶ月! あなたは何を成し遂げていますか?」

2021年も、あと89日。
(土曜日では89日。因みに、今日だと87日)

えええ?・・・あと、それしかないの??
いえいえ!・・・まだ、そんなにもあります!!(笑)

みなさんの成し遂げたいこと。
がんがん書き込んで、予祝していただきました!

書き込むことで、なにかが起こる!
誰かの書き込みをなにかが変わる!!
皆さんの3ヶ月ビジョンを聞けて、わくわくでした!

 https://youtu.be/H7kQ0LVm-yM


◇◆◇今後のLIVE配信スケジュール(予定 )◇◆◇

【2021年】
10月2日 19時~19時45分(←今回)
11月6日 19時~19時45分(←次回)
12月4日 19時~19時45分
に開催する予定です。

昨年からのアーカイブは、こちらです。 
https://youtube.com/playlist?list=PL3QKkbddO6ozzxo7zEprqa2oinarHrlz8

今日もきっと・・・I・W・D!

◆無料メルマガ(平日毎日配信)

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆Kindle出版(電子書籍)

◆ラジオ(音声配信)

◆YouTube(動画配信)

◆Facebook(情報配信)