I・W・D ラボ_メルマガ (IWD lab_ mailmag)

日本、そして世界に点在する経営者やリーダーたち1893名と、平日、毎朝6時(日本時間)に朝礼をしている気持ちで配信しています!ここからの気づき、学びをもとに、今日一日、部下とどのようにかかわろうか、組織に還元していこうか、を考え、職場にて実験(実践)していくことが期待されます。

 

最新メルマガ

2021年

3月

05日

『トップになる皆さんへ』


このメルマガを読まれている方で、
この度、トップになる方が、
何人かいらっしゃいます。

さあ、いよいよですね!!

職場の長に、はじめてなる方も、
今回、100人規模の組織の長になる方も、
海外法人の社長になる方も、
単独1000人、グループ5000人クラスの社長になる方も、
そして、10000人を超える組織の長になる方も…

全てのリーダー達にエールを贈ります。

まずは、私の創業からの想いを!

『幸せの総和が私の幸せ』
 https://bit.ly/3q1u6mI

そして、トップの方には、これらのスタンスを!

『大河の流れも一滴の雫から』
 https://bit.ly/2PlL1nt

『あらたな慣性をつくる【覚悟としつこさ】』
 https://bit.ly/3dQPAQL

『不信は不振』
 https://bit.ly/3r31nPT

『あなたは最初の100日間に何をすべきか』
 https://bit.ly/37Ws411

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

3月

04日

『子どもの視点 ホメラー?』の返信

昨日のメルマガ

『子どもの視点 ホメラー?』

 https://bit.ly/2NZO0lc

多くの返信をありがとうがとうございます。

 

こんなにお便りをいただきました。

 

 

***Aさんより

 

LDP研修のワークで褒めあう、という場面で

数十年ぶりにたくさん褒められたと思いました。

 

最初はちょっと背中がムズムズして違和感を感じていますが、

少しずつ「あ、自分頑張ってるんだ」と思うこと

ができるようになりました。

 

そこからホメホメを実感できるようになりました。

しわしわだった心にホメホメが浸み込んで

少しずつ元気が取り戻せたように思います。

 

それからは、家でも、職場でも、

ホメホメと「ありがとう!」は、いつも伝えるようにしています。

 

今は、具体的なホメホメができるように、

眼を皿にして部下や家族を見ながら練習する日々です。

 

そういえば、以前アドバイス頂いた

離れてすんでいる介護状態の両親にも電話をするたびに

「ありがとう!」を言い続けてます。

 

その度に母親はちょっとうれしそうに「別にいいのよ」と言います。

ホメホメの力、絶大です!

 

***Sさんより

 

今日のお話し「ホメラー」には、

それいい!!!

と直感的に思いました。

 

クレーマーの反対に位置する、人やお店を幸せにするコメント者。

恥ずかしがり屋が多い日本人ですが、そんな人が増えるために、

「ホメラー」という言葉を流行らせたいですね。

 

ネーミングについて、若い人に意見を聞いてみます(^O^)

 

***Oさんより

 

最近、褒めると言う事の効果を日に日に実感しています。

 

先日、褒めすぎると相手が調子に乗るんじゃないか?

と話がありましたが、私も最初はそう思いました。

 

でも褒める事を続けると

自然と相手は考え始め、自分を自分で改善、修正し始める、

 

全員がそうではなく、こちらで修正のアクションを

多少入れてあげないといけない場合もやはりあります。

 

子供も子は親の背中を見て育つといいますが、

巨人の星の星一徹ばりの頑固オヤジも嫌いじゃないですが、

やはり褒めて伸ばすって大事ですね!

(今の若い人は『巨人の星』も知らないかぁ~笑)

 

***Yさん

 

ホメラー、笑ってしまいました。

毎日、うーん・・・とか、

おお~となったりしていますが、

今朝は、ぷっでした。

 

ホメリスト?

ほめるは動詞だからここは、ホメラーが正のようです(うそです)。

 

***Nさん

 

いつも興味深くメルマガ拝読させていただいております。

 

私も,食事処などにアンケートが設置されている時は,必ずアンケートは書くようにしています。

歳を重ねるにつれ,書き方を少し変えれば,受け取る側が受け取り易いかと思い,少し工夫するようになりました。

 

・●●がダメだという否定的な表現はしない。

 ●●を○○にすればもっと良いと思いますという肯定的な表現かつ具体案をお示しする。

 

・指摘と同じ,あるいはそれ以上の量のグッドポイントを記載する。

 当たり前のことだという思いこみを取り去れば,幾らでも書ける。

 

・最後は必ずグッドポイントで締め括る。

 人間,最後に言われたことの印象が一番残る。

 受け取る側の気分が少しでもアガるような内容にする。

 

大した話ではありませんが,久しぶりにアンサーしてみました。

2021年

3月

04日

『子どもの視点 ホメラー?』


書き続けてきた10年日記。
今年は15年目です。
(つまり、二冊目の真ん中くらいです)

2月もおわり、月の総括をするときは、
一冊前の、、、つまり、
2007年から2016年までの2月も眺めます。

すると、10年前の2011年の日記に
こんなことが書かれていました。

***

よくいく〇〇(※外食チェーン店)にて息子が、
この手のお店によくあるアンケート用紙を発見。

<これって何?>

...と聞かれたので

「この店を良くするための意見を書いてあげるもんだよ」

...といったら、息子が、

<そうか、褒めてあげればいいだね>、と。

ほーーーーー、なかなかおもしろい。

通常、店へのアンケートだと、ここは悪い!、ここを改善せよ!!、
時にはクレーマーもどきになってしまうこともあるかもしれないけど、
良いところを徹底的に指摘してあげて、伸ばすのもいいかもね。


で・・・クレーマーという概念はあるけど、
その反対って、なんていうんだろう?・・・うーむ。

ホメラー?!(笑)

***

当時11歳の息子との他愛のない会話から
オトナが刺激をうけていたのですね。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

3月

03日

『自分に対して100良いね!』

メルマガ読者で、
トランジションマネジメント3に参加されているAさんから
こんな投稿が!

「自分に対して100良いね! 
 というイベントに参加しました。
 とても楽しかったですし、自己肯定感が上がったのでスタエフで報告しました。

 ルールは、
 自分についての良いところ、素敵なところを百個書き出す。
 家族や仕事仲間に言及するのもOK
 否定的な言葉を使うのはNG
 
 10人ぐらいで参加し、お互いに褒め合いながら100いいねを作ります。
 他人のいいねを見ていると刺激になりますし、
 とてもほっこりした気分になります。

 100作るのはそれなりに大変だったですが、
 自分の場合は、奥さんの一言がきっかけで何とか100作ることができました。」

いいですねー。

Aさんの場合、
やっていたら一時間くらいかけて
20個だしたところあたりで、止まってしまい、、、、(あるあるですよね?)
そのあと、まったく出せない

とてもでないけど、だせない、、、

ということで、Aさんは、
周りの人にきいてみようということで
奥さんに、

これこれ、しかじか、こうじかで、
こういう事情でやっているのだけど、
自分のいいところってある?って。

そしたら、奥様からは、即答!!
「すぐに20くらいしか、でてこないところが、いいね!」
「そういう謙虚なところがいいね!」
「すぐに100個あげられるほうが、、、なんともね~」

すごい!!!秀逸!!!

このあと、Aさんのブレインロックがはずれて、
なんと一気に100個書き上げちゃったそうです。

このエクササイズもいいし。
取り組んだAさんもいいし。
なにより、奥様がいい!

ほっこり話でした。
ちょっと、皆さん、やってみませんか?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

3月

02日

『16時間断食…よっしゃ作戦成功!』

メルマガ読者の方の数人から
「16時間断食」をしてみて、快調!
というご報告をきいて

ちょっと、試しにやってみよう!!

ということで
YouTubeで取り上げられているので、
いくつか代表的なもので注意点なども学びながら、
先週末、土曜日と日曜日と月曜日と3日間、実施してみました!!!

いいですねーーー。
気軽にできるのがいいですね。
※年に一回は伊豆高原のやすらぎの里にいって3泊4日の
 断食体験は複数回あるのですが、自宅での16時間断食は初体験です

金曜日の夜20時くらいまで食事をしていたので、
翌日の朝ごはんを抜かし、土曜日の12時の昼食までの
16時間空腹の時間を設ける、というもの。

昼12時から夜20時までの8時間は
普通に食事をしてよい、、、というもの。

まあ、やってみての効能はネットにも
Youtubeにものっているので、観ていただくとして。

とにかく、お腹が、ぐぅー。
そして、頭スッキリ!
朝の頭がかなりすっきりしていて、作業もとことん進み、
なんか前向き度合も変わりますね。

もともと、リモートワークで運動量が落ちていて
健康維持のためのジョギングも温かい時期はよかったものの
年末くらいから寒いので(笑)頻度が落ちてきていたこと、、、

にもかかわらず、食事量はそのまま…
じわりじわりと、体重があがりはじめていて、
なんとかせねば…と思っていたので
この16時間断食は、毎週末はやっていこうと思います。

そして、今回は、家族全員を巻き込みました。

Youtubeを一緒に見ながら、
それぞれの各人の課題も、だいだいわかっているので、
それぞれにとってのメリットを感じさせるトークを
体験談とともに織り込み、口説いていきます(笑)

意外とすんなり。

そして、日曜日のお昼には、
各自、ちょっとした効果体験もあったようで、
引き続き、やっていけそうです!

家の中の慣性も醸成できたようです(笑)
まずは、なにをするにも、継続させていくには
仲間がいないとね。。。よっしゃ作戦成功!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

3月

01日

『すべては私が選んでる』

この言葉に出逢ってから20年は経ちます。

とかく人は、他責になりがちです。

「忙しくって、なかなか…」
「ついつい、〇〇だったので、できなかったんです」

など言い訳もいいたくなりますよね。
わかります。

一方で、同じ状況下でも、
できている人もいるのも事実です。

また、ずいぶんと若いときの話ですが
当時のリーダーやマネジメントサイドに対して不平不満を愚痴っていたときに、
とある先輩が、言ってくれた言葉も、私に突き刺さりました。

『この言葉で、不平、不満、愚痴、言い訳だらけの人生とサヨナラできた』
 https://stand.fm/episodes/60371cf20ec063fe31689b0f

言い訳ばかりいって、結局は、なんにもできていない自分。
不平不満愚痴にいって評論家になっていたり、被害者になっている自分。

そのままのスタンスでいくのか。
いやいや、スタンスを変えていくのか。
それも自分次第。

すべては私が選んでいる。
自分で自分の人生の手綱をもっていたいものです。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

2月

26日

『昨年の今日。この日を境に99.99%集合研修が消滅しました』

去年の2月25日。
この日は私にとって特別な日になりました。

だんだんと街中でコロナでざわめき始めていたときです。
このままだと、おそらく人が集まる「集合研修」ができなくなる。
※まだ3密という言葉が発表される前です。

延期や中止という選択肢もあるが、
5ヶ月間のプログラムでせっかく盛り上がったボルテージを
最終回で、延期などで間延びさせたくない。
ましてや、中止などありえない。

延期や中止をイメージしたら思考停止になる。
やる!という前提で、オンライン研修にシフトできないものか?

かたっぱしからリサーチし、仲間内でテストをし、
なんとなくできそうだ、、、ということで、
お客様にこちらからオンライン研修にシフトを呼びかけ
人生初の事務局担当者の方向けのオンライン研修のデモをしたのが2月25日。

各社事務局の皆さんも
「これならいけそうですね!」という感想とともに
どうやって社内のシステム担当者を口説こうか、、、、
多いに迷ったことと思います。

でも、「学びは止めない!」という合言葉で、進めていきました。

そして、2月28日。
人生初のオンライン研修。
一日は辛いだろう、ということで、3時間でした。

無事、完了!!
受講生の方も感動されていましたが、
なにより、どうなるかわからない中、実施に踏み切った
事務局の方が一番、ホッとされていました。

「入社式も、これでいけるかも!」
「自宅待機で新入社員研修はどうしよう…と言う話があったけど、これでできるかも!」

未来がすこしだけひらいた時でした。

そして、、、
この日を境に、99.99%集合研修が消滅したのです。

あれから一年たちました。
当時から、1年半はきっとコロナとともに過ごすだろう、
と思いっきり舵をきったのがよかった...

この一年間は、徹底的に「オンラインでの学び」を研究し
Youtube80本、stand.fm220本、電子書籍1冊
自己変革コミュニティ「トランジションマネジメント」の運営
をしてきました。

コロナのせいで、、、、
いや、コロナのおかげで、ここまで変容できました。

まだまだ、トランジション、進めていきます。
きっと、5年後には、原形とどめない変容を遂げていることと思います。

『昨年の今日。この日を境に99.99%集合研修が消滅しました』
 https://stand.fm/episodes/6036d46cea02750c64673ac2

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

2月

25日

『さっさと手放して、あらたな役割を全うしよう』


この季節、人事異動のご案内。

メルマガの返信で、
「四月一日付で○○に異動となりました」と
近況をちらほらとご案内いただくことがしばらく続きます。

中には、
これまで長いことすごしてきた場所と全く異なる新天地への着任を
命じられた方もいらっしゃいます。

まったく知らない事業
まったく知らない技術
まったく上司も、部下も、同僚も、まったく知り合いがいない組織

本当にドキドキすることと思いますが、
ここまで知らない世界だとなると、逆に割り切りができるようで、

「まずはいろいろ教えてもらおうと思います」
「部下の顔と名前を、いま必死に覚えています」
「要は私に「プレイヤーや職人であることを求められていない」
 ことははっきりわかりましたので、マネジメント、そして、
 経営者としての視点を身に着けられるように、割り切っていきます」
「いっそ、誰も僕のことをしらないので、別のキャラクターでいこうかと…(笑)」

そうそう、その調子(笑)

いままでのギアをさっと入れ替えて(入れ替えざるを得ず?)
前に一歩、踏み出せている方の方が多いようです。

***

一方、
馴染みの事業、馴染みの技術、馴染みの仲間たちに囲まれて、
さらに上位職への切符を手にされた方の中には、

さささと、いままでのことを手放して、
これから期待される新しい役割を演じてやろう、、、という形で、
ギアをさっと入れ替えることのできる方も、いることにはいますが、、、

どうしても、
これまでの関係性が気になったり、
任せるべきことを任せられなかったり、
その結果、忙しい、忙しい、と繁忙感が増すばかり。
そして、期待されていた新しい上位職としての役割をまったく全うできていない、、、

といったリーダーも結構、多いものです。

状況としては、
まるで、一速ギアで、ギアチェンジせずに
時速200キロまで引っ張ってしまって
エンジン焼き切れんばかりな状態。

本来ならば、三速、四速、五速、、、と、
ギアチェンジを求められているのにもかかわらず、
あらたな方法や変化をおそれ、もしくは、自分の裏目標を握りしめているがために、
自分の得意技を手放すことができずに、そのまま強引にひっぱってしまって、
結果的に、組織の崩壊の危機になっているわけです。


まったく異なる新天地に辞令が出たときは、
諦めがついて手放せたのに、
後者のケースで手放せないのは、
あきらかにエゴとへんてこりんなプライドと、
どうしようもない裏目標を握りしめて、身動きとれなくなった証拠。

手放していきましょ!
さっさとね。
さもないと、「うんこ」になっちゃうよ(笑)

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

2月

24日

『継続のコツは、〇〇にならない!』

私は、経営者や次世代幹部の方々を対象に、
一対一でコーチをするお仕事と、
一対多(約20名)にはなりますが、半年くらい時間をかけての
リーダーシップトレーニングをするお仕事をしています。

後者のお仕事は、キックオフの合宿のあと、
一カ月半に一回のピットインを数回、経て、
半年後に卒業をしていく流れとなります。

毎年、卒業生は各社合わせて約400名となります。
(今年はWEB講演も多かったので、上記に加えて850名です)

先週末も22名がこれまでの成果共有会にて卒業。
そして3月末までに、4クラスが修了していきます。

皆さん、半年間にわたって、参加者同士で刺激をしあって、
一人では考えられないほどのOSのバージョンアップをしていく方も数多くいらっしゃいます。

そして、このあとは、
いったんはプログラムが終了となるので、
受講生の中からは、

「いままで、こうした場があったからここまでこれたけれど、
 このあと、どうやって継続していったらいいのか...ちょっと不安です」

という声もよく聞きます。

そんなときは、私からは、この一言をプレゼント。

「継続のコツは、一人っきりにならない!
 そして、一人っきりにさせない!(笑)

 皆さんは、お互いに支援しあってここまで成長してきたのですし、
 せっかくここでつながったのですから、
 ぜひ、自主ピットインを開催してくださいね。
 お披露目の場があると、人って、頑張れますから!!!」

いろいろな企業で、実は、
自主ピットインは、いまも、どこかで開催されています。

コロナ禍だと、むしろオンラインでのピットインが
簡単にできるようです。

さあ、ピットインの日程をきめちゃいましょ!

めんどくさいな…と思うかもしれませんが、
リアルな懇親会場を用意することもなく、
オンライン会議室を予約して、募集をかけるだけ。
実は、リアルの時よりも、集まる率が高いとの声もききますよ!

そう。
あなたのこの指とまれ!という、
ちょっとしたリーダーシップから何かがはじまります!
継続のドアはそこから開きます。

今日もきっと・・・I・W・D!

参考となるメルマガ_____

『独自開催ピットイン』
 https://bit.ly/3dExfGO

『アウトプットの場をつくる』
 https://bit.ly/2MgAZD1

『やり続けるための環境設定』
 https://bit.ly/2NRqIh3

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

2月

22日

『やっぱりいいね!反転学習 〜パンパンで内容の薄い会議さようなら』

以前、こんなテーマで配信しました。
『連続的成長ではなく、非連続的成長を自らに課す方法とは?』
 https://bit.ly/2NiwWqo

さて、この間、一ヶ月ほど試してみたのですが、
こんな感じでした。

『やっぱりいいね!反転学習 
  〜パンパンで内容の薄い会議さようなら』
 https://stand.fm/episodes/60310036ea0275789666c4d7

これは、会社の中でも応用ができそうですね!
パンパンで内容の薄い会議よ、さようなら!

※「stand.fm(音声配信)」のアプリをダウンロードし、
 フォローしていただくと、私が配信した瞬間からすぐに聞くことができます。
 
今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook