I・W・D ラボ_メルマガ (IWD lab_ mailmag)

日本、そして世界に点在する経営者やリーダーたち1570名と、平日、毎朝6時(日本時間)に朝礼をしている気持ちで配信しています!ここからの気づき、学びをもとに、今日一日、部下とどのようにかかわろうか、組織に還元していこうか、を考え、職場にて実験(実践)していくことが期待されます。

 

最新メルマガ

2019年

9月

19日

『未来を描くときのコツ』

昨日のメルマガ。

 

猛スピードで駆け抜けているあなた

 

あなたの名前が最後に差し込みされていたので、

ちょっとびっくりした方が多かったかも。

 

なので、返信がいつもより多めでした(笑)

 

ここで紹介した「5(ファイブ)」

この中のとあるページのこの一文が、

(自分への戒めも含めて)私は大好きです。

 

最後に「初めてのこと」をしたのは、いつ?

 

***

 

私が、そのページに真っ黒になるまで、ぎっしりと書き込んでいる内容を

ここで一部紹介をすると、

 

2014年3月 初めて断食道場にいく

2014年5月 初めてメルマガを週に一回から平日毎日配信にする

2015年10月 初めて1000人を前にして講演をする

2016年1月 初めてパーソナルトレーナーをつける

2016年11月 初めてネットラジオに出演する

2017年10月 初めてベンチプレスで115キロをあげる

2017年12月 初めてベンチャー企業に出資をし、事業投資家の一歩を踏み出す

2018年2月 初めて皇居勤労奉仕団を結成し、参加する

2018年3月 初めてZOOM飲み会を開催する

2018年4月 初めて(全く自分は走れもしないのに)ランニングイベントを主催する

2018年7月 初めて筋トレ&ダンスイベントを共同主催する

2018年10月 初めてハーフマラソンに出場し、完走する

2019年2月 初めてフルマラソンに出場し、完走する

2019年3月 初めてウルトラマラソン75キロに出場し、完走する

2019年4月 初めて強歩大会78キロに出場し、完歩する

2019年9月 初めてガチウルトラマラソン100キロに出場し、32キロで棄権し初めてリタイヤバスに乗る

2019年10月 初めて新規事業(治療院)のオーナーとなる

 

***

 

私は、自分の5年後をイメージするときは、

過去5年間を振り返ります。

 

そうすると、

 

「結構、やってきたなー、自分」

 

「これだけできたんだから、

 これからの5年間も、それ以上にもっといける!!」

 

と思えるのです。

 

そして、10年後をイメージするときには、

過去10年間を振り返ります。

 

 

すると、原形をとどめないくらい変容しているところもあり。

だからこそ、未来の5年後、10年後も、

果てしなく遠く、限りなく高く、

そして、今の延長線上ではない魅力的な未来を描けるようになるのです。

 

おススメですよ。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

18日

『猛スピードで駆け抜けているあなた』

 

昨日は、お休みをいただいて、

早朝から箱根湯本の天山湯治郷へ。

 

http://tenzan.jp/tenzan/

 

年に数回とるビジョンメイキングの日です。

 

平日の天山湯治郷、特に午前は本当に空いていて、

川の流れの音と、蝉の合唱しか聞こえません。

 

お客も、ここでは

私語を、ほとんどしている人はいません。

 

なので、考えたり、

集中したいときは、最高です。

 

創業時、何回もここに通って、

ビジョンを描いてきました。

 

何度も何度も書き足して

いまでは、「5」も真っ黒です。

 

そのころ書き込んだ言葉が、

自分を突き上げ、押しだし、

今の自分がここにいます。

 

そして、

今月末で起業、丸七年が経ちます。

 

次の10年は既に考えてはいますが、

なんとなく、ここに来たくて。

 

この場だと、

何かが降りてきそうなんです(笑)

 

猛スピードで駆け抜けているあなたへ。

 

すこし時間をとって、「これまで」を。

そして、「これから」を描いてみませんか??

 

オススメです。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

 

※「5」の使い方は、こちら

 

2019年

9月

17日

『メイクボランティア』

 

昨日は敬老の日でしたね。

 

以前、配信したメルマガには、

多くの方から返信をいただきました。

 

***

 

『「大きな石を先に入れなさい。」

 このお話をしていただいた時に、両親のところにいく計画を定期的に立てて、訪問しています。

 また、旅行も計画したのですが、最近、父が、脚を怪我して、あまり歩けなくななってしまいました。

「大きな石」を早く入れていかないと、思っていた以上に、両親と一緒に出来ることは少なくなって行く…

 と感じています。』

 

***

 

『私の母親も介護施設に入居して2年になります。 家で介護しているときは

 奥様に苦労掛けてましたので、結果として良かったと感じてます。 毎週日曜日

 におむつを持って行き1時間程度話をしますが、笑わせてくれることが多く、

 「兄貴の名前が全然知らない人の名前」だったり、

 マイワイフの年齢が36歳だといったら物凄く悩んで固まったり、

 家では出来なかった感情で接してます。 敬老の日は大きい石ですね。』

 

***

 

『今日の話、自分も遠い〇〇のド田舎に母親を施設に預けているので、すごく共感できました。

 この田舎で良くしてくる人が、

「それぞれの都合があるんだから、自分中心で出来る事をすれば、まんずそんでいんだ」

 と言われてとても救われた事がありました。

 (この人は、父親が亡くなった後の○○回忌の時も「生きている人の考え中心でいんだ」

 とも言っていました。)

 やっぱり、これからの高齢化社会、介護人材、入居施設不足、難儀事が多いですね。介護師さんに感謝!』

 

***

 

『昨日のメルマガですが、数年前に亡くなった両親のことを思い出して柄にもなく涙がにじみました。

 あの時、弱っていく父に今でも一番尊敬する人が父であることを伝えれば良かったと、ずっと後悔しています。

 思っていることや感じたことをちゃんと言葉にして伝えなければと心に決めたのに、

 なかなか実践できていないように思います。

 久しぶりに両親のことを想い、初心に戻らなければと思いました。』

 

***

 

その他、いただいた返信メールに目を通しながら、

私も、今できること、しっかりとしていこう、、、と思ったのでした。

 

参考:『それでいい。それがいい。

 

さて、その返信の中で、こんな活動をされている方もいるんです。

 

私のメルマガには、何度か登場してもらっていますが、

ああ、こういう活動をもって、恩贈りをしていくこともできるんだな、と思うところ。

しみいりました。

 

以下、大塚さんからの返信です。

 

本人にも許可をとって、掲載しています。

ぜひ、メイクボランティアの様子もみれますので、覗いてみてください。ちょっと感動です。

 

****************************

 

とーってもステキな話ありがとうございます!!

 

外に外に刺激を求めたり、影響力を発揮するということ自体は素晴らしいと

思うのですがそればっかになるとつい自分の身近なことって置き去りにされて

しまいますよね。

 

外にも内(この内には身内や近い方も含む)にもバランスよく関わっていくこと

の大切さを改めて教えてもらいました。

 

そういえば、私も今年から知人が活動し始めて4年にもなる

介護施設でのカット&メイクボランティア活動に参加し始めました。

 

カット免許はもっていないので、素人でもできるメイク部隊として。

 

何でも男の人からメイクされるとおばあちゃんたちも元気になるそうで。

メイク自体も初体験でドキドキでやってみたら確かに素人の僕でも

お祖母ちゃんたちの顔色、醸し出す空気感が始める前とメイク後では

全く違うことに気づかされます。

 

そして、ご家族からもメイク後はとても体調も良い気がするとのこと。

 

この活動を通して、引き続き参加しよう、そしてゆくゆくは自分の母親に

メイクをしてあげよう!今はそんな目標も持つようになりました!

 

■メイクボランティアの様子はコチラ

https://ameblo.jp/coyote16/entry-12499698465.html

 

ではでは!

 

****

 

毎回、積極的に活動をしている大塚さんには

私もいつも刺激をうけます。

 

もしメイクボランティアに興味ある方がいらっしゃったら、

大塚さんを紹介しますので、お声がけください!

 

彼曰く

 

「初めて挑戦する人を応援し、

 同じように素晴らしい経験をしてもらいたいと思っていますので。」

 

とのこと。

 

なんだか、こういう話。

好きなんですけど!!!泣

 

今日もきっと・・・I・W・D!

 

2019年

9月

13日

 『私の誤作動の原因』

ここ二日間のメルマガ

 

撃沈。ここからがスタート!

 

人生初のリタイアバスから見えた風景

 

 

には、30通を超えるエールメールをいただきました。

本当に、励まされますし、次への活力になります(涙)

 

ありがとうございます!!!!

 

今日がウルトラマラソン関係のメルマガは最後。

今回の結果から、未来をイメージしてみました。

 

まずは、人が誤作動(望ましい結果や望ましい行動がとれない)を起こしているときは

過去のメルマガでも、私のプログラムでもご案内していますが、

 

原因は、二つです。

 

①正しい知識、スキル、技術がインストールされていない

 

そして、

 

②メンタルブロックの解除がされていない

 

この二つです。

 

今回の私の誤作動の原因の多くは①であり、

そこをこれから徹底的に修正をかけていくことにしました。

 

***

 

まずは、

 

1)走力分析と、徹底的なトレーニング。

 

今後、パーソナルコーチをつけて、

分析、計画、トレーニングレッスンをしていくつもりです。

いま、自分の方向性にあった団体やコーチを精査中です。

 

2)お披露目の場でもある「大会」の精査

 

いままでは、正直、NTP(ノータイムポチっ!)と、

ノリで大会を申し込んでしまっていたところがあります。(笑)

これ自体は、自分のメンタルブロックを解除するのに、とても効果がありましたが、

もはやはずすネジもネジ山もなくなりつつあるので(笑)、これはもういいかな、と。

 

これからは、3年後、5年後のウルトラ100をリベンジしていくために

意味をもった大会を、意図的に設定していくことにします。

 

今回は、なんといっても「変数」が多すぎました。

 

75キロしか、経験がないのに、、初めての100キロ…【距離の変数】

ゆるいウルトラしか経験がないのに、がちウルトラ ……【時間制限の変数】

そして、フラットではなく、高低差が1000m  … 【難易度の変数】

 

そして、ここに、予期せぬフェーン現象からくる灼熱!が加わりました。

 

通常、変数を替えずに、何度も練習をし、

これでもうやるべきことはない!という状態で

お披露目の場にて、チャレンジ!!!

 

そして、成功したら、次の変数を替えて、何度も練習をし、、、、と

だんだんと、レベルを高めていくのが正攻法。

 

これからは、それを意識して、着実に成長させていく計画をたてて、

これから逢うパーソナルコーチに、計画の立て方に対しても指導をいただこうと思っています。

 

え?

なんか急にガチになりはじめたって??(笑)

 

えぇ、、、、

わたし、一応、

行動科学、行動変容のプロですから、

ガチでやらせていただきます!!!(笑)

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

12日

『人生初のリタイアバスから見えた風景』

ウルトラマラソン100キロのうち、

3割をすぎたところの第一関門。

 

私は、そこで力尽きてレース棄権をしました。

 

そこで収容された20名ほどのランナー。

 

10時20分に出発したリタイヤバスは、

ゴールまでの残りのコース、70kmを走ってくれます。

 

私は、ちょっとセンチメンタルな気持ちで、窓の外の風景を眺めていました。

ああ、この道をいまも走っている人がいるんだな、と。

 

ビデオの早回しで見ているようなもので、

私が体験したかった道を、どんどん速度をあげてみることができます。

 

そして、20分くらいしたときでしょうか。

ふと、私はこう思いました。

 

「これって、すごい経験かも!

 だんだんとレベルの高い、走力のあるランナーが走っているリアルな今の様子を観察できるんだもの。

 棄権したときの俺の周りはみな、完全に歩いていたけど(笑)

 回収バスが出発して20分もすると、

 み、み、みんな、いまも走ってるー!すごい!!

 そして、トップランナーにいたっては、信じられないほどのスピードで走っている!!!」

 

と。

 

 

人は、なんとも易きに流されやすい生き物。

 

皆が歩いていると、歩きたくなる。

みんなが歩いているならば、まあ、いいや...と思ってしまう。

もう、勝手に「走ることを辞めてしまう」わけです。

 

あんなに、霧降高原のとき

伴走してくれたトップアスリートにひっぱられ、

踏ん張れていたのにも関わらず。

 

周りにあわせて、堕ちていく。

それも、自由落下のように。

 

本当に、強い意志を持ち合わせていないと

いとも簡単に流されてしまうものなんだな、と痛感しました。

 

 

そう思うと、

あのリタイヤバスでみることのできた「早い集団」の存在。

鍛えて、鍛えて、鍛えまくって、その集団のそばにいないと、

また、あの嫌ーーーな世界に引きづりこまれると思うと、

もう、やらないではいられない。

 

人生初のリタイアバスから見えた風景が

私をかえていきます。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

11日

『撃沈。ここからがスタート!』

 

先週、9月8に

白山白川郷ウルトラマラソンに参加してきました!!

 

応援してくださった皆さん。

数々のエール、メッセージ、

ありがとうございました。

 

これまで

ゆるーいウルトラマラソンは何度かでましたが、

今回はガチウルトラマラソン!!(笑)

 

スタート会場について、

ちょっと今まで参加してきた大会とは、

参加者の雰囲気や、仕上がり方が…全く次元が違うぅ…!

 

…あれれ?ちょっと、…場違いか?

 

と何度も呟きながら、チャレンジしてきました(泣)

 

***

 

結果は、32.5kmの第一関門を制限時間ギリギリでの通過。

 

ただ、もうその時点でかなり限界。

 

激坂(20キロかけて標高500から1445mまで上がり、そのあと80キロかけて降る)の

最初の30キロ区間は、まさにこの大会のメインディッシュ!!!

 

もう、この時点で、鍛え不足のモモとふくらはぎが何度もつりかけて、、、ボロボロ。

もともと時間制限がキツイところに、この状態で第二関門通過は、どう考えても到底無理。。。

 

そして、

台風のフェーン現象で気温がぐんぐんあがり

(気象庁発表によると34℃までいったとか)まさに、灼熱地獄。。。

 

 

…これ以上は危険だと思い、残念ながら棄権としました。

 

 

まぁ、気合いと根性ではダメなのはわかってはいましたが、

走力のなさが、まざまざと見せつけられ、

これからの反省材料てんこ盛りな…大会となりました。

 

今回の大会で、いろいろなものが見えてきました。

 

●基本的な走力アップ

 これから体幹トレーニング、体重減量、坂道の登り方、降り方の体得。

 

●環境の整え方

 睡眠、食事、栄養学、シューズ、ウェア、ツールなどの知識。

 

●目標設定の仕方

 今後の大会のチョイスを抜本的に変えていきます。

 すでに11月まで入っているもの(横浜マラソン、南伊豆ウルトラマラソン)は走るとして、

 来年からは、3年後、5年後のRUNビジョンを逆算して詳細設計をしていきます。

 

今回、撃沈をしたことにより、

とてもシンプルなものだけが残った気がします。

 

まさに、ここからがスタート。

 

3年後の白山白川郷100。

5年後の野辺山100。

のリベンジにむけて、詳細設計をし、淡々とチャレンジをしていきます。

 

なぜ、こういう思考になったのかは、

また、明日からのメルマガにて(笑)

 

 

追伸:

 

昨日まで、ぎこちないロボット歩きでしたが、

今日からは、人間にもどりました。。。

今週、お逢いする皆さん、よろしくお願いいたします(笑)

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

06日

『成長する人が、やっていること』

 

 

「なかなか褒めることができない」

「なかなか部下に任せられない」

「なかなか痩せられない」

 

 

よくある「なかなかできない」事例の数々。

皆さんもきっと、お持ちなはず。

 

 

出来ない理由は、基本的にこの二つ。

 

 

一つ目は、「知識がない」

二つ目は、「しなくてすんでいる」

 

 

です。

 

 

出来ない人は、

基本、成功するための知識が充足していません。

 

 

ちょっと試しただけで、

「ああ、これは、意味がない」といって、諦めてしまう。

とてももったいないことです。

 

 

でも、これって、

「あることを、していない」からなんです。

 

 

「あることを、していない」人の多くは、

 

 

「知識がついたら、やろう」

「時間があれば、取り組もう」

「いつか、そのタイミングがきたらやろう」

 

 

というセリフが頭の中に充満してくるわけです。

 

 

でも…

そんなことを言っているうちは、

その「たら」とか、「れば」とか、むなしく終わりますし、

「いつか」だなんて、永遠にきませんので、

一生できないままで終わるのです。泣

 

 

では、逆に、

成長する人が「やっていること」とはなんでしょう。

 

 

それは、「宣言」です。

 

 

私のプログラムの中でも、

著しく成長している人のほとんどは、

宣言を行っています。

 

 

部下に宣言をする

上司に宣言をする

だれかに宣言をする

 

 

そうすれば、

「知識がない」「しなくてすんでいる」という状態から、

 

 

他人の目が加わり、

「足りない知識が充足され」

「しなければならない状態を自らつくれる」わけです。

 

 

若いうちは、他人からその状態を作ってもらうこともありますが、

だんだんと歳をへて、経営に近くなってくると、

自らが、自らを奮い立てさせる環境をつくらねば、

易すきに流れることを知っているのでしょう。

 

 

成長する人は、宣言をする。

 

 

あなたは、最後に宣言をしたのはいつですか?

宣言をすると、他の人が協力もしてくれるんですよ。実は。

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

05日

『なりきる力』

 

研修などで、二人組になってロールプレイなどをする際に、

今後、伸びる人と、伸びなやむ人は、すぐに見わけがつきます。

 

それは、

 

「なりきる力」

 

ロールプレイのエクササイズでは、

 

Aさん役は●●を。

Bさん役は▲▲を。

 

…と細かく設定をしていきます。

 

 

そういった役になりきって、すぐに演じることのできる人は、

「なりきる力」が高いので、現場に戻ってからも、部下を目の前にして

「新たな台本」に従って演じ始めることができます。

 

そして、成功もするし、もちろん失敗もするのですが、

でも、この体験数が多いのでぐんぐんと伸びるのです。

 

しかし、ロールプレイのエクササイズのときに、

 

〇「そもそも、これって、どういう意味かね?」という会話をして緊張をリリースしたり、

〇「うまくてきなくてもしかたない」という前置きをしたり、

〇「そもそも現場ではこんなシーンがないよね」と評論していたり、

〇 エクササイズ中に、恥ずかしそうに笑ったり、

 

これって、もう「なりきり力」はゼロに近い。

 

で、こういう人は、この場でその行動をとったということは、

職場に戻ったら、部下の前で実行に移す可能性は、ほぼゼロに近いでしょう。笑

 

 

基本、この手の方たちは、

その他の刺激に対しても同じ反応をしまします。

 

つまり、そうしたOSの持ち主なわけです。

 

ちょっと、自分も当てはまるかも、、、とドキッとした方。

 

注意が必要です。

 

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

04日

『運動の秋、食欲の秋、学びの秋』

 

本メルマガ(今日もきっと…I・W・D!)読者は、

現時点で、1642名。

 

「いきいき、わくわく、どっきどき」な生き方を探求し、

自らのOSのバージョンアップに挑戦し続ける熱量高き経営者やリーダーたちです。

 

このメルマガは、朝礼ですので、

私個人としては、「繋がっている!」と思ってはいますが、

 

やはり、リアルに「繋がる!」ときが必要だろうな、ということで、

私も皆さんと繋がりたいし、読者のみなさん同士も繋がりたいであろうと思い、

2017年の夏から開始したのが、

 

IWDラボリアル

 

 

まぁ、スタートは、「飲み会」から始まりました(笑)

 

そこからはじまって、つながった読者の皆さんは、

独自で「自主ピットイン」(懇親会)をしてくださっているようで、

 

今年の6月6日には

 

勝手にIWDラボリアル

 

が開催されました。

 

そこでは、一人一人、ビジョンや宣言を行って、

なんと、

 

「いつかきっと、一日店長とか、一日ママをしたい!」と宣言したYさんは

 

プチデビューを達成しました(本番は来年です。日程は決まっています)

 

 

また、別件で、「日本酒部会」を立ち上げたNさんは、

先週、あの日本酒の聖地、「animism bar 鎮守の森」@四谷で、開催されました。

 

 

だんだんと、自走してきましたね!!!

私の大好きなモードです(笑)

 

さて、今回はそんな

『第二回 勝手にIWDラボリアル』

 

が開催されますので、そのご案内です。

 

そもそも、このイベントも私主催ではなく、

IWDメルマガ読者の方が「勝手幹事」を買ってでて(笑)くれて

開催してくださっているものです。

 

幹事から、ご案内をいただきましたので、

私からメルマガ読者のみなさんへシェアさせていただきます。

ぜひ、参加されたい方、こちらより

https://kokucheese.com/event/index/578452/

 

 

***【第二回 勝手にIWDラボリアル 開催のご案内】***

 

IWDに共感するメンバーが、わいわいがやがや集まって、

四半期に一度、時間を共にする会です。

 

最近、IWDする機会が少ないなぁ・・・という方も、

IWDの報告したい!という方も、ぜひ足をお運びください。

 

1人参加を心配される方もたくさんいらっしゃいますが、

来てみると一瞬で馴染みます。笑

 

IWDの共通言語があるので、どうぞご心配なく。

皆さまの「ノータイムぽち」お待ちしてます。

 

https://kokucheese.com/event/index/578452/

 

勝手幹事 あおみな&もも

 

-----------------------------------------------------------------

【第二回 勝手にIWDラボリアル日時&会場】

 

日時:9月29日(日)13:30…15:30

会費:5000円

場所:東京都千代田区神田錦町3-11弦本ビル2F

アクセス:神保町駅a9出口より徒歩5分

 

竹橋駅3b出口より徒歩3分

 

参考情報:

https://www.spacemarket.com/spaces/tokyoproducershouse/rooms/rMrznG0LT-GslNW1

 

*************************************

 

ということで、参加されたい方は、

 

https://kokucheese.com/event/index/578452/

 

よりお申込みください。

 

勝手幹事 あおみな&もも さんに共有しておきます!!

 

おそらく当日は20名から25名くらい集まることと思います。

いろんな業界の方が、ワイワイ話しながら、OSハンターしまくってくださいね。

 

食欲の秋、学びの秋です。

 

今日もきっと・・・I・W・D!

2019年

9月

03日

『それでいい。それがいい。』

春から父がお世話になっている施設へ

週末にいってきました。

 

最初は、テレビを見ながらお昼寝していた父も、

力を振り絞って起きてくれて、、、。

 

僕からは、

 

長男が、学生フォーミュラに没頭していること。

だから、ほとんど家に帰ってきてないこと。

 

長女は、部活が終わって、受験生らしい生活にシフトし

いまは、塾に行ったり、テストにいったり、大忙しなこと。

 

そして、次女は、長野県のキャンプに一週間、

一人で乗り込んでいって、たくましく育っていること。

 

妻と、自分の報告も軽く添えて。

それぞれの進捗報告。

 

すると、

スマホの写真を、目を細めて眺め、

だんだんと身を乗り出して聞いてくれています。

 

…ただし、返事が怪しいな(笑)

 

ビデオメッセージで次女がワンちゃんを抱えて

「ハナも元気でーす!」という映像をみても

 

「ワンちゃんがいるんだー」と。

 

…四年前からいますけど(笑)

 

***

 

「忙しくってなかなかいけない」

 

…だなんて言い訳にすぎないな、と痛感。

 

『大きな石から先にいれなさい』と、

いつも僕が世の中に提示していること...全く、できてないじゃんか。自分!

 

最も大切なことの一つとして、

今後の予定をいれてしまおう!

そう決めた。

 

どうでもいい話しかしないし、

父は同じことを何度も何度も言うんだけどね(笑) 

 

それでいい。それがいい。

 

 

***

 

そんなつぶやきをFacebookでしていたら、

国家機関への介護制度に関するコンサルティングをしている傍ら、

現場の体験を通じながら制度が現場にあったものにしたい、といるポリシーで

週に3日コンサル、週に2日介護現場で働くという「ダブルワーク」をしている元同僚からこんなレスが。

 

「ご家族さんが来た日の高齢者は明らかに違います。

 笑顔がよかったり、よく話してくれたり、ご飯がたくさん食べられたり。

 何を話すでなくても、家族にしかできない役割がありますね」

 

 

なんとも、

涙がでそうになりました。

 

二週間後、敬老の日ですね。

そこからはじめてもいいですよね。

 

※『大きな石から先にいれなさい

 

今日もきっと・・・I・W・D!

お問合せ先

 

〒100-0005

東京都千代田区丸の内1-8-3

丸の内トラストタワー本館20階

      Tel :03-6269-3183

   

お問い合わせフォームはこちら

 

無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

DTD代表のつぶやきTwitter

DTD代表のFacebook