2021年

6月

25日

『自分と役割の間に適切な距離』


人は、いろいろな役割をもって生きています。

例えば、

どんなに大人になっても、
親の前では「子供」という役割を。

結婚されているのであれば、
「夫」や「妻」という役割を。

お子さんがいらっしゃるのならば、
「親」「お父さん」「お母さん」であり、

会社にいけば、
「課長」だったり、
「執行役員」だったり、
「社長」だったり。

…どれも「役割」。

人はさまざまな関わりを同時にもっていて、
さまざまな「役割」を演じています。
それも、ごくごく、自然に。

しかし、ときに、
その「役割」を長年演じていると、
その「役割」こそが「自分」だ、
と勘違いしてしまう人がいます。

例えば、
仮に会社で「社長」だとすると、
社員たちの前で「社長」のふるまいをするのは
なんら問題ありません。

しかし、その口調や姿勢や態度といった
「社長」らしいふるまいを、
地域のボランティアに参加したときや、
なにかの趣味のサークルでも同じように演じていると、
イケてません。笑

家に帰っても、誰に対しても
「社長」のふるまいをしていると、違和感があるわけです。

俳優は、時に「王子様」を演じるときもあれば、
別の舞台では「泥棒」を演じることもある。

どんなに「王子様」の役割とセリフが自分にしっくりくるといっても、
「泥棒」のときには、泥棒用の台本と振る舞いがあるわけで、
演じ切らないと劇にならないわけです。

「自分」と「役割」の間には、適切な距離が必要です。

俳優は、いくつもの「役割」を演じていますが、
自宅に変えればそれとは違う「自分」がいる。

人事異動で、新たな「役割」を手にしたとしましょう。
でも、前の役割や、前の成功体験から抜け出せず、
前の役割のまま、演じ始める人がいます。

そして、あげくのはてには、うまくいかないと、
自分はその役にあっていないのではないだろうか、
自分には能力がないのではないのか、と頭を抱え始めます。

しかし、それは、違います!

決して「能力がない」わけではなく、
「ない」のはその役割を、骨の髄まで「演じ切ろう」
「なりきろう」とする覚悟がないだけです。

くだらないプライドやちっちゃな成功体験が、
邪魔をしているだけなのです。

大切なことなので、もう一度。

「自分」と「役割」の間には、適切な距離が必要です。

どんな「役割」が目の前に提示されたとしても、
自分は自分。

「役割」で、自分があがったり、
さがったりするものではないのです。

目の前の「役割」をしっかりと演じきる。
きっと、その姿勢は、誰かがみていてくれるはず。
そして、きっと、次の「役割」が回ってくるはずです。

しっかりね!
演じきるだけですよ!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

24日

『介護、あれ、これ』

以前、本(※1)の紹介や
Youtube(※2)でもご案内しましたが、
ものすごい反響でした。

そのやりとりを通じて、このたび
6月30日水曜日19時より75分。
クローズな無料イベントをZoomにて開催します。

***

Zoomイベント
『介護、あれ、これ』のご案内

重要なのはわかっているけど、
まだ親も元気だし、なんとなく先送りしている方。

いやいや、
なんとなく、予兆があって、
不安なんですけど、と言う方。

おいおい、まさに真っただ中だよ、と言う方。

介護は大変だったな、、、
もう卒業だけど、今度は、自分たちだな、、、という方。

いろんなステージにあると思います。
このたび、私の配信したメルマガやYoutubeをみて
私の野村総研時代の同期のYさんとチャットしていて、

「なにか悩みとか不安とかあったら、
 お話し聞くことはできるよー。
 ちょっと人数あつまるんだった、みなで平日、夜、
 食事しながらでも、やろうか?」

といってくれました。

彼女は、コンサルファームで医療介護のプロ。
先日6月18日付で閣議決定された
「規制改革実施計画」の中の医療・介護WGのメンバ。
一方で、現場での学びをフィードバックしたい、ということで、
実は介護現場の最前線での仕事もしています。

コンサル3日、現場2日といったダブルワーカーという
数年前では珍しかった働き方を自ら切り開いた彼女をお招きし、
わいわい、と悩みや体験談を話あう場をつくります。

まさに、こここそ、BBQ会場。
彼女のレクチャーはありません。
むしろ、悩みや聞きたいことをもってきて、
それに対して、体験者の方からのお話しや、
Yさんからのお話しなどが交わっていくと、
いい場になるかなー、と思っています。

ぜひ、興味がある方は、お声がけください。
いま、13名の参加者ですが、特別に3名の枠を用意します。
このメールに簡単な理由を添えて「参加希望!」を
返信ください。(早いもの順で締め切りご了承ください)

あなたの不安がととけますように。

※1 参考文献
『10年前に読んでいたかった…』
https://bit.ly/3zOHp03

※2 参考メルマガ
『ある日突然、あなたの日常が崩れていく ~有事に備える6つの視点』
https://bit.ly/3j7fjac

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

23日

『関係性の固定が、流れるコンテンツを固定する』


あるリーダーがこうおっしゃいました。

『僕は、なかなか部下を褒めないですね。
 部下からの日報で、いいことが書いてあってもスル―。
 まあ、基本「やって当たり前」ですから。

 返信するとすれば、だいたいネガティブな報告のときだけ。
 どういうことよ!なんで、そうなの?いつまでやるの?
 と、できてないところを問い詰める…そんな感じですね…』

あらま、大変ですね…部下の皆さん。

あなたに部下がタグをつけているとしたら、
なんと書いてあると思います?

きっと、【ネガティブ掘削マシーン】
とでも書いてあるのではないでしょうか。笑

いいことは深堀してくれないのに、
悪いときだけ深堀してくる…。

だから、きっと普通の会話のときも、警戒してると思いますよ?
いつ掘られるかしれない。油断も隙もありゃしない。と。

***

このようにいつもいつも同じやりとりになると、
関係性が固定化してきて、流れるネタも偏りはじめます。

今回の場合だと、ネガティブなことが、なかなか流れにくい。
流れたとしても、遅いか、事が大きくなってからです。

あなたにとっては、それが最も「嫌なこと」にも関わらず、
それを引き起こしているのは、実はあなた…なのです。

***

こういう方もいますよね。

『部下に指摘をするときは、
 いきなり指摘をするのではなく、
 まずは、とりあえず褒め、そして、
 ころあい見計らってから指摘し、
 そして、最後に褒めて〆る。

 …これですよ!!』

えっと…、これも、技術としては確かにありなのですが、
いつもいつも、あなたがその方法しか使わないのだとすると、
関係性が固定化します。笑

つまり、最初に褒められたとしても、部下の頭の中では、


『ああ、このあと、注意されるんだよな…
なにか、やっちゃったのかな、俺』


と、褒められているのに、褒められた気になれず、
次の指摘に備えて、構えている…。

ね、だめでしょ?(笑)


関係性が固定化すると、流れるコンテンツも固定します。
なので、上司やリーダーは、この関係性が固定化していないか点検が必要です。
よかれと思ってやっていても、
あなたのその行為で、流れるものを固定化させてしまうのですから。


よく同僚同士でニックネームで呼びあっている職場がありますけど、

それって、

『私たち、仲間だよね?仲良しだよね?
 厳しいことなんて、私に言わないよね?』

そんなメッセージを言い合っているようなもの。
ですから、厳しい指摘はなかなかできない
「仲良しクラブ的な職場」に多いのです。

あなたは大丈夫?
点検してみませんか?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

22日

『そうね…毎日かな!』


『最後に「初めてのこと」をしたのは、いつ?』

この問いは、実は、
常に、常に、事あるごとに、
自分に問いかけています。

そうしないと、知らず知らずのうちに
自分の中の「おっさん」が、
偉そうに幅をきかすから。

先ほどの問いは、
「いいから、すっこんでろ!おっさん!!」

そんな戒め、呪文のようなものです(笑)

以前に、
こんなメルマガを書いています。

(まずは、読んでみてください)

『最後に「初めてのこと」をしたのは、いつ?』
https://bit.ly/3vNmbfE

*****

このメルマガを書き始めてから
私は、この問いを自分に問いかけ、

「そうだなぁ…
昨日も「初めてのこと」したし。」

「てゆーか、
 今日も、人生初!のことしているし」

ということは、

「そうね…毎日かな!」

と言える人生を送りたいと思っています。

これからが本番!
駆け抜けていきます!
(ぜーはー、いいながら(笑))

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

21日

『あなたの部下は、何角形?』


ある社長がこう教えてくれました。

「中島さん、僕は部下の顔を見ると、
 丸にみえたり、六角形にみえたり、
 三角にみえたりするんだよ。
 あ…別にその形は、顔の形ではないんですけどね。笑」

どういうことですか?と尋ねると、
おもしろい例え話をしてくださいました。

「正三角形ってありますよね。
 Aの辺、Bの辺、Cの辺があったとして、
 全部の辺が同じ(A=B=C)ならば、
 横から少し力をかければ、コロンと転がる。

 でも、人間って面白くって、
 しばらく時間が経ったり、成功しちゃったりすると
 底辺が長くなるんですよ。ビヨーンとね。

 すると、横から力をかけても、
 なかなかコロンと転ずることはない。

 ベテランになると、
 二等辺三角形の底辺が長くなる

 成功体験が強いと
 二等辺三角形の底辺が長くなる

 同じ部門でずっと下から上がってきたリーダーは、
 とかく底辺がやたらと長い三角形の人もいるから
 すこしの辺が長くなる前に、違う環境に動かしたり、
 変化を課すことが重要なんですよね。

 まあ、そうやって修羅場を乗り越えてくると、
 その角がとれて、だんだんと、多角形になってくるから、
 変化に対する恐怖心があまりなくなるし、
 転がる速度は速くなるんですよ。

 幸い、僕はこれまでの経営で、それを意識してきたので、
 うちの役員は、まあ、五角形か六角形くらいですかね。
 僕は、自他共に認める ” 丸 ” ですけどね。笑」

長いこと飛ばないと、飛ぶことに恐怖を覚えます。

飛ぶことの喜び。
変化する喜び…
進化する喜び…

飛ぶことの喜びを
感じることのできる企業でありたいですよね。

変化しつづけることが、
恒常化している企業は強いですよね。

さあ、あなたの部下は、何角形?
そして、あなた自身は、何角形?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

18日

『言っても動かないんです… 人は「A」でなく「C」で動き出す』


コロナ禍で、政治家やお偉いさんが
「早く帰りましょう!」
なんて、いっても、なかなか人はいうこと聞きません。

でも、そんな人たちが、
あることをしたら、みな、そそくさと帰り始めました。
なんだと思います?

***

「この本、いいよ!読んでみなよ!」
といわれて、買ってはみたものの、
読むのはちょっとめんどいし、後回し。
気付けは、読まなくちゃいけない積読(つんどく)の山、山、山、、、

でも、あることを設定したら、
とたんに、みな、読み始めるんです。
なんだと思います?

***

あるリーダーが部下たちに、
「人が財産。人材育成にもっとアンテナたてて、
 君たちにも部下育成、取り組んでほしい」
といったとしても、その場は、「はい」とはいいますが、
数週間後、やってる?ときいても、
言い訳だけはクリエイティブ(笑)

なーんにも変わってません。

でも、あることをしたら、
とたんに、みな、部下を観察し、履歴を残し
評価会議のときには、根拠をきっちり言えるようになるんです。
なにをしたと思います?

こちらで語っています。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『言っても動かないんです…
   人は「A」でなく「C」で動き出す』
https://stand.fm/episodes/60caae65307e66000612ab1d

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

17日

『待ってはくれない!!』


まさにいま、
猛獣が襲い掛かってこようとしているときに、

「待ってくれ。
 もうちょっと、待ってくれ。
 お前を倒せるくらいまで俺が強くなるまで、ちょっと待ってくれ」

といって、はたして猛獣は、待ってくれるだろうか…?
絶対に、待ってはくれない!!


      ***


まさにいま、めったに出会えない獲物が
ほんの目の前にいるときに、

「もうちょっと考えた方がよくない?」
「こうしたほうがいいよ!」
「いや、やっぱり慎重に!!」

という周りの無責任ないろんな意見を聞きすぎて、

「うーん、どうしようかな…」

といって、考えあぐねている人がいる。

はたして獲物は、待ってくれるだろうか…?
絶対に、待ってはくれない!!

      ***

傍からみていて、
あらゆる意味で機会を逃している人がいます。

「ああ、とっくに喰われているな…この人。」
「ああ、いつもチャンスを逃がしてしまっているな…この人。」

もう、いきましょうよ!
いまの「最高」で勝負しましょうよ!!

いつまでも「揃ってから勝負」するのは止めて、
「いまある自分で勝負」しましょうよ!!

うまくいっている人は、そのことを良く知っているのから、
「いま、ここ!」で勝負できるように、
普段から日々研鑽、鍛練しています。

残念な人は、普段、それをも怠っているのに、
目の前にみたときに、あわてて研鑽・鍛練をしようとします。

全てが手遅れ。…残念なお知らせです。

あなたは「いまある自分で勝負」していますか?
それは「勝負できるモノ」になっていますか?

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

15日

『「ノータイムポチッ!」力の鍛え方』


以前からこのメルマガをお読みの方は、
おなじみに、NTP!!
皆さん、NTPしてますかぁーーー!!!???(笑)

NTPとは、ノータイムポチッ!
すぐれた経営者やリーダーは、
チャンスを逃がさず、ものにします。

そのためにも、今のうちから
「ノータイムポチッ!」力
「ノータイムポチッ!」筋
を鍛えておきたいところですよね。

あの講座をうけたいけど…
あのコミュニティに入りたいけど…
ああ、この服、かっこいいな…

でも、ときたま躊躇しっちゃう自分
「なんか頭いい人ばかりいそうだな…」
「意識高い系ばかりいるんじゃないか…」
「ずいぶんと高いな…でも欲しい」

そんなことを考えていたら どんどん、
やらない理由、
行かない理由、
買わない理由が湧きあがり

結局、
やらない、
いかない、
買わない

という決断になってしまうことは多いのでは?

そんな自分とおさらばしたい方は、
ぜひ、この動画をご確認ください。

「ノータイムポチッ!」力の鍛え方。

これ、一年前につくった動画ですが、懐かしい。
当時、コロナ禍で、慌てて勉強して動画を80本、
毎日連続で配信していたころのことです笑

どちらも、倍速で聴けますので、
1.5倍あたりがおススメです。

vimeo https://vimeo.com/425863626/992187e6b7
YouTube https://youtu.be/hljKXBOWMwA

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

14日

『爆速で次元上昇したいときは、ジェットコースターに飛び乗れ!』


まったく自分とは縁がなかった仕事。
まったくいままで関わったこともない部下。

そこにリーダーとして異動が命じられ、
それだけでも、かなり負荷がかかるのに、

さらに、もうすでに超重要なイベントが用意されていて。
社長も参加するイベント。
重要な社外顧客とのやりとり。

まあ、そりゃー、爆速で成長しますわね。
たった2ヵ月で、一気に部下とも旧知の仲というより、
まさに戦友のような関係になり、
その部署の業務も一通り理解できるようになるわけです。

人は、4つの機能を有するコミュニティに押し込まれると
爆速で次元上昇で、成長をしていきます。

『爆速で次元上昇したいときは、ジェットコースターに飛び乗れ!』
 https://stand.fm/episodes/5fe06c9f9c5ceb3b9b10e823

すごいですよね!?

だから、もし、あなたが爆速で成長したいときには、
そして、非連続的な原形をとどめないほどの成長をしたいときは、
みずから「ジェットコースターに飛び乗れ!」なのです。

さあ、冒頭でもご案内していたトランジションマネジメント。
ここはまさに4つの機能
(宣言、お披露目の場、仲間、師匠)を有するコミュニティ。

2021年も半年がおわります。
2021年の後半戦を、自分の人生の中で、
最も非連続的な成長してきた時期にしたいならば、

ぜひ、飛び込むジェットコースターの選択肢の中のひとつ
になるのではないかな、と思います。

ただし、ここは、レストランではありません
ちーんと、なにか美味しい料理がでてこないかな、と待っていてもでてきません。
理想的なスタンスとしては、BBQ会場での振る舞い。

BBQ会場で、誰の手伝いもせず、席に座って料理をまっていたら、、、
そりゃー、イケてないですよね??(笑)
肉をもちこみ、誰を助け、ときに、どんな調理にしたらいいのかをヘルプを求め。
そんなふるまいができる方ならば、ぜひ、参加してみてください。

きっと、2021年を悔いの残らない年にできるかもしれません。
お待ちしています。

早いもの順↓ 無料
***(アクセスコードは、メルマガ読者の方には配信しています)

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

11日

『命綱を複数用意する ~隷属化からの解放』


今週は、この本
『ビジネスパーソンが介護離職を
   してはいけないこれだけの理由』
 https://amzn.to/3iJqbv5

と、妻の入院による10日間完全主夫体験
(昨日のメルマガにも記載しましたが、
 妻のリハビリが必要なので、主夫は予定通り継続して
 いっそ30日チャレンジして、定着させ、
 私の「生き方・あり方」に昇華させ中です!(笑))

から、多くの気づきと、視点のシフトが起きました。

この本を書って読まれた方からの感想文にもあったのですが、
私はここの部分が刺さりました。

『自立とは、誰にも頼ることなく生きられる状態
 のことではありません。これが人間を不幸にする決定的な
 誤解です。真の自立とは、その人が依存する先が分散
 されており、ただ一つの依存先に隷属(奴隷化)している
 状態から自由であることです。
 自立が進んでおらず、ただ、一つの依存先しかないと
 個人は依存先にに対する交渉力を失います。
 交渉力を失うと、相手に隷属することになってしまいます
 結果として、自分の人生のあり方を自分で選択することが
 できなくなるわけです。(p1引用)』

『子供は、自分の衣食住を支配する親に遠慮をして
 自分の意思を通せなかったこともあったでしょう。(p2引用)』

『収入源がただ一つの勤務先に依存しているということは
 隷属に近いとも言えます。(p3引用)』

『優れた介護においては、要介護者は、
 この人がいないと死んでしまうという状態、
 すなわち特定の人への過度な依存が
 上手に避けられています。(p5引用)』

『あなたは、親に介護が必要なとき、
 親のことを大切に思う気持ちから
 「介護のすべてを自分がやってあげたい」
 と思うかもしれません。しかしそれは、
 親からすれば、あなたがいなければ生きて行けない
 とう、ただ一人の人間への依存と隷属につながります。
   (p5引用)』

****

これらを読んでいると、
ああ、企業内でも隷属があるかもしれない
、、、と思うのです。

例えば、
上司と部下との1on1ミーティング(コーチング)
これも、上手くいっているならばよいのですが、
巷では、問題も多いようです。

それは、上司がこの場で、部下を問い詰めてしまって
部下が逃げ場を失い隷属化してしまっているケース。
しかも、最近は、オンラインという密室でおこなわれていて、
問題にもなっています。

ですから、
「上司と部下」といった唯一な関係で
とどめるのではなく

「ナナメ上の先輩と部下」、とか
「部下同士」とか。
もしくは他社とのリーダとの「交流」とか。

命綱をいくつも用意しておくことは、
隷属化を避けるためには、とても重要なことなのです。

また、私は以前からいくつかの異なる
コミュニティに属することを推奨しています。

会社の限られた、
もしくは閉ざされたコミュニティの中だけで、
生活をしていると、まさに隷属化していきます。

あるリーダーからのお話し。

前職の職場の人間関係はギスギスしていて
心地よい環境ではなかったのですが、
なにせ田舎で、仕事場以外で知り合いをつくる機会が
なかなかありません。

職場というコミュニティが
自分の人生のほぼ全てのコミュニティになってしまい、
このままだとヤバイと感じていました。

そんな時、たまたま通りすがりの
車窓から見つけた「料理教室」の文字。
料理にそんなに興味があるわけでもなかったのですが、
誘われるままに料理教室に入り、
週末はそこで料理教室に参加していました。

そこで知り合う人は全く業種が違う人ばかりで
(学校の教員、会社員、自衛隊、県職員、研究者・・・)、
あれよあれよという間に知り合いが増え、
出来もしないテニスサークルに誘われたりと、
かなり人間関係の幅が広がりました。

思えば、料理教室を起点に
人脈?の分散ができていたのだと思います。

もし、あの時料理教室の看板を見つけずに
あの職場研に引きこもっていたら、
間違いなくヤラれていたと思います。

当時はあっちこっちのコミュニティに顔をだして、
気分転換をしていました。

***

命綱を複数用意する。
これ、本当におススメです。
命綱が一本だと、、、、
その一本に依存してしまうから。

そうそう。
このメルマガでもおススメしているコミュニティ
トランジションマネジメントも
その一つかもしれませんね。

もし迷っている方は、NTP!
こういうときこそ、ノータイムポチ!ですよ!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

10日

『知識を得て、行動にして、あり方へと。 (Having→Doing→Being)』

『口が裂けても言えなくなった言葉』
 https://bit.ly/3wcQtJS

には、おそらくいままでで一番多くの
返信をいただいたメルマガになるかと思います。

その一部を抜粋して
ご紹介しますね。

***Oさんより

おはようございます。
今朝も心にズシーンとなるTIPSありがとうございます。
Youtubeを見て目頭が熱くなると共に、
母や妻に対しての軽い発言やもっと感謝すべきと
改めて考えさせられる内容でした。

当方が当時の学業や今の仕事に集中しているのも
母や妻のおかげであり、上っ面の感謝でした・・・。

当方も今日から「自分事!」というスタンスで物事を見て、
いまの生活スタイルを見直し、うまく分業してみます。
繰り返しになりますが、今朝もありがとうございました!

***Oさんより

初めての返信となります。
私の場合、妻の悪阻がひどく、
子供3人いますが悪阻の時期は会社の仕事と家の仕事を、
それぞれおよそ1ヶ月程度は両立していました。
その大変さは身に染みてわかっているつもりです。

その上で、現在は仕事に集中させてくれている妻や家族に
感謝の気持ちと、恩返しではないですが、
なお一層成果を出すことへのこだわりが必要だと痛感しました。
朝から身が引き締まる思いです!

***Yさんより

おはようございます。
本日の内容、まさに今の私の状態でした!

私は結果的にたった4日間でしたが、
ちょうど妻が先週金曜日にギックリ腰に…完全寝たきりです…。

いつ治るか、動けるかもわからない…
子供は咳がひどく学校を休み…
でも子供って元気…
どうしよう。。。

幸い土日があったので週末と月曜休暇をいただいて
完全主夫生活やってみました。

先生と同じ様に、
「やってやれないことはない」、
「妻がやっているのを見ているのでできるだろう」と。

答えは「今までごめんなさい。」、、、
この一言に尽きます(笑)

ずっと立ちっぱなし、朝は掃除に洗濯、
買い出し、昼には昼食作って夕食の仕込み、
夜には溜まった洗濯物と洗い物、
アイロンがけ…

そして泥のように眠る…。

どこに何があるか分からない…
料理はやる気がある分、自分の能力以上のものを張り切って作って後悔…
おいしくないわ、洗い物の山だわ…
身の丈に合った料理ってあるんですね(笑)

本当に感謝ですね。心から尊敬します。
それと同時に頼むから健康で元気でいてくれと切に願います。

仕事に集中できるのは家庭が安定しているからであり、
それを当たり前のようにこなす妻は本当にすごい!
終わりのない絶望感を味わった4日間でした(笑)
幸い昨日から妻が動けるようになり解放されました。

仕事も家庭も相手への感謝と尊敬、思いやり。
絶対に忘れてはいけませんね!!!

***Mさんより

ご紹介頂いた動画を見ました!
そして私も中島先生と同じ気持ちになりました。

我が家も大学生、高校生の子供が3人おり、
妻も働いていて仕事が終わって買い物をして食事の用意をして、と
朝は息子のお弁当を作り、学校のPTA役員、受験のサポート等
正に24時間365日働きづめですね。
もう、母親と妻に感謝しかありません。

今は在宅勤務が続いており、今まではそれなりに
掃除・洗濯・ゴミ出し、食器洗いをしていましたが、
「自分の仕事」とはなっていなかったと思いました。

でも今は「自分の仕事」として無心で出来るようになりました。
献身の精神ですね。

母親と妻に感謝の気持ちを伝えます。
ありがとうございました。

***Nさんより

10日間の完全主夫お疲れ様でした!

普段からやってるつもりでも、
当たり前のことがなくなったときに、
やっとその大変さ、有難みに気づくことって多いですね。
家事全般やってるつもりですが、
実は一番面倒なところを妻に任せていたりするので。
(認識してます笑)

昨日の介護の話もそうですが、
普段から何事も自分事として捉えていると
有事にも対応しやすくなるんですね。

他人事になると、出来ていないことに目がいって、時に批判してしまったり。
自分事で考えると、出来ていることが見えるようになって、感謝の気持ちが生まれる
と思います。

家庭も仕事も、自分事のスタンスで今日も頑張ろうと思いました。
今日も有難うございました。

***Aさんより

奥様無事に退院されたようで、本当に良かったです。
よく考えてみると、自分も親の事ばかり心配していましたが、
奥さんや自分が具合が悪くなることは想定していませんでした。

最近、奥さんが健康診断でひっかかった項目
があったことを思い出し、色々と考えさせられました。
健康は先取りして色々と準備しないといけないですね。
何かあった時に後悔しないように準備するのはもちろん、
日々接しないといけないなあ、と思いました。

自分にしても、もし明日死んでしまったら、
キンドルとかオーディブルのアカウントをどうしよう?
と考えてしまいました(小さい!笑)。

誰にも気が付かれないまま。お金だけが引き出されていく・・・。
エンディングノート、というのを聞いたことがありますが、
事前に自分について書いて備えておくというのは大切ですね。

***Tさんより

家庭内のほうは、
「比較的、手伝っているほうだ!」との自負もありましたが、
それそのものが間違っているということ。

ドキッ!(何との比較的?というツッコミも)

会社では、何かと「自分事にせよ」と社員に呼び掛けているにも関わらず、
自分自身がまだ「薄っぺらい理解」にとどまっているのではないか。

ドキッ!

「サポート」「手伝う」は、
会社では「前向きで良い言葉」として使われがちですが、
そもそも「他人事と思っている」という前提に、

ドキッとしました。

介護のお話しにもありましたが、
「自分事と思ってからの、分業・分担」
ということが大事ですね。

いつもありがとうございます。

****以上、ありがとうございました。

ドキッとしますよねー。

ホント、いままでごめん!と懺悔
集中して取り組めたのもあなたのおかげ!と感謝
しかしやってみておもったけど、すんげーよ!と尊敬
どうか健康でいてくれー!と懇願

いろんな気持ちがうずまく10日間でした(笑)

インパクトがあまりに強かったので、
そうそう忘れはしないでしょうけど、
もはや、これは、行動を続け、
いっそ習慣化するしかないな!
と思って、私のルーティンに織り込んでいます。

一ヶ月、この状態でいくと、
おそらく私も別人になっているはずです!(キリッ!)

※知識を薄っぺらい表面的な理解ではなく、
 行動にし、続け、習慣化し、いずれ「あり方」になっている。
 、、、と言う意味での別人

そう思ったら、
めっちゃ楽しくなってきました(笑)

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

09日

『口が裂けても言えなくなった言葉』

この10日間、妻が入院をしていたので、
私は、人生初の完全主夫でした(笑)

まあ、できる!っしょ。
と思って突入をしましたが、
いやいやいや…。

これまでに、気が向いたときに
食事をつくったり、
後片付けしたり、
洗濯して干したり、取り込んだり、
掃除したり、ゴミ出したり
をしていましたが、

これを、部分的ではなく
毎日、毎日、すべて行うとなると、
やはり、すんごいことです。

それに加えて、

仕事をして、
PTAして、
介護をして、、、、

となっていたわけで、
「部分的に手伝いをしている」

だなんてスタンスは、
根本的にアウト!
と強く感じたのでした。

多種多様な、それも同時並行で降りかかる問題。
広い視点でみながらも、現場総監督として
瞬時に優先順位をつけ、しかも柔軟に対応しながら、
ベターな策を打っていく。

それをわずかではありますが、
10日間体験をして、、、、
ある動画を思い出しました。

見たことがある方もいらしゃるかもしれませんが、
「365日24時間休みなしで働く仕事」
https://youtu.be/4oCqduf5GGI

この動画は、
ずいぶんと前にみていて、ドキッとしたのですが、
正直いって、薄っぺらい理解でした。
まだ「自分事」になっていなかったのです。

これを実際に自分が、
(たったの10日間ですが)やってみてはじめて、
ことの重大さに気づいたわけです。(おそっ!!)

もし、あなたのパートナーが
半年入院だったとしたら、どうなるか?
シミュレーションしてみましょう。

おそらく、
気が向いたときにやっている程度のことを
「手伝ってあげている」だなんて言葉、 
口が裂けてもいえなくなると思いますよ(笑)  
少なくとも、私も、もう、二度と言わないと思います。

そもそも、
自分の仕事を「手伝う」という表現は使いませんよね?

すなわち、私はこれまで「他人事」。
他人の仕事だと思っていたから「手伝う」と言っていたわけで。

今日は妻の退院日。
これから迎えにいってきますが、

今日からは、
全範囲を基本「自分事!」というスタンスで、
世の中をみていこうと思いました。
(もちろん、その上で、うまく分業をしていく、ということですが。)

この根本スタンスの完全シフトが
この10日間、様々な体験をさせてもらって、
起きてくれたことに、感謝します。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

08日

『磨くべきところはチーム力、マネジメント力』

先週の火曜日に配信したメルマガ
『10年前に読んでいたかった…』
 https://bit.ly/34Xvz5n

この中で、ご紹介した本を、
『ビジネスパーソンが介護離職を
してはいけないこれだけの理由』 
 https://amzn.to/3cH1yvd

メルマガ読者の方から
昨日、今日と、メールや
オンラインミーティングであうたびに、
何十人ものひとから、
「読みました!!!」「ドキッとしました」
との感想文が続々と寄せられています。

年代的に、介護が気になっている方、
まさに介護に突入してしまっている方、
または、介護卒業している方も。

それぞれの視点で、この本から刺激をもらって、
薄々、まずいかもしれないな、
というところを指摘され動き始めます!という言葉。

いずれにしても、
働き盛りで責任も重い中での必死ぶり、が伝わってきます。
※若手の方は、このメルマガ読者の中では少ないのと
 いたとしても、まだ、切迫感というか、
 その感度がないのかもしれませんが、
 まさにそういうときこそ、アンテナを立ててほしいな、、、とも。

そして、感想の中で本当に多かったのが、

仕事と介護。まさに、双方ともに、
磨くべきところはチーム力、マネジメント力、ですね!

というコメント。
Aさんからのコメントを抜粋しますね。


***Aさんより

読みました!

まさに介護で悩んでいる真っ最中だったので、
とても勉強になりました。

特に刺さったのが、p40の

優れたマネージャーは、
仕事で培ったその能力を用いて、
上手に介護の負担を分散していたというのです。

マネジメント経験がある人の方が
「仕事と介護の両立」に成功している。

逆に言えば、
介護経験は、マネジメントのトレーニングにもなる。
というところでした。

介護なんて良いこと一つもないし、
辛いことばっかりだ!とか思っていましたが、
この言葉を聞いて、がぜんやる気がでてきました。

マネジメントの実践!?
やるっきゃないでしょ!
みたいな感じです。

いやはや、我ながら単純だなあと思いますが、
これも物事の捉え方の問題ですね。
本の内容も非常にロジカルで読みやすく、
やるべきことが見えてきました。

「分散」って、会社員のせいか、
なかなか取り組めていない点です。

会社か家庭か?みたいな2極化になりがちですし、
他のリソースをなかなかつくれない。
介護でも、どう分散するのか?
色々と試してみたいと思います。

共有ありがとうございました!

***

Aさん、ありがとうございます。
まさに、根本を問われているようにも感じます。

目の前の障害や障壁を、
自分ひとりでなんとかしよう、とするスタンスなのか。
協力しあって、なんとかしよう、とするスタンスなのか。

これ、仕事と介護、だけでなく、
生き方全般に言えることなのではないか、と思うのです。

最近、私はココの部分を
稲妻に打たれたくらいシフトがおきてきています。

続きはまた明日。
今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

07日

『ある日突然、あなたの日常が崩れていく ~有事に備える6つの視点』

母の乳がん再発、そして闘病。
ガタンと音がして部屋にいったら父が倒れていた!
ガードレールに突っ込んだ息子!
妻の手術にともない10日間、完全主夫。

我が家で起きた実際の有事です。

ある日突然あなたに襲い掛かる有事。
そのことで、あなたの日常が一気に暗転していくかもしれません
完全!完璧!はありませんが、備えていく必要性を考えてみませんか?

先週の土曜日、月一のYoutubeLIVEでした。
アーカイブしていますので、お時間あるときに
ご覧いただければと思います。

【2021年6月】 GOKIGEN‐Hacks LIVE_45!
『ある日突然、あなたの日常が崩れていく
     有事に備える6つの視点』
 https://youtu.be/vOFcPtpwn5Y

***ダイジェスト

ご機嫌でいられるために、
6つのお部屋を整えることは
これまでお伝えしてきました。

  三階 「経済(財産)」
  二階 「社会・仕事」「家族・趣味」
  一階 「精神・心」「健康」「知識・教養」

しかし、、、、
これだけでは危ない!

6つのお部屋を揺るがす事態を想定していきたいものです。
特に、自分の努力ではなんともしがたい領域、アンコントローラブルなもの

例えば、
震災、天災、事故、コロナ、経済的な打撃、倒産、解雇
健康(自分だけでなく、両親、パートナー、子供、親戚)

ここの部分は、想定していて、
知識をつけ、準備をしておく。
とくに、これらを知っているプロや師匠と繋がっていることが重要です。
いずれにしても、独りでは乗り越えられません。
チームで向き合っていきたいですね。

今回LIVE内で紹介したもの
:一冊の手帳で夢は必ずかなう(熊谷正寿著)
 https://amzn.to/34RuHzk

:ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由(酒井穣著)
 https://amzn.to/2S6CPcC

◇◆◇今後のLIVE配信スケジュール(予定 )◇◆◇

【2021年】
6月5日  19時~19時45分(←今回)
7月3日  19時~19時45分(←次回)
8月7日  19時~19時45分
9月4日  19時~19時45分
10月2日 19時~19時45分
11月6日 19時~19時45分
12月4日 19時~19時45分

に開催する予定です。

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

04日

『あなた以上に、あなたを知っている人とは?』


メンバーは、
経営者やリーダーの行動を見ています。

誰を褒めて、誰を褒めないのか?
誰を叱って、誰を叱らないのか?

「へぇ…、
 あの人ばっかり褒めるんだな、
 なんでなんだよ」

「ほぉー、
 あの人は、裏ではヤバイことしているのに
 お咎めはないんだ…」

「まあ、指摘したらギャーギャー騒ぐから面倒なんだろうな」

「結局、結果が出れば何をやってもいいのね。ふーん。」


メンバーはあなたの行動を見ています。
そして、その、あなたの行動で、
あなたの心が読まれています。

あなたが避けていること、
苦手なこと、
恐れていること、
逃げてしまっていること。

おそらくメンバーは、
あなた以上に、あなたのことを知っているはずです。

ちょっとめんどくさいことでも、
ホントはそこに手を付けてくれることを
メンバーは、あなたに「切望」しているかもしれない。

にも拘わらず、さわらない。
もはや、「失望」です。

(あなたにはホントのところ)見えているのに、
見えてなかったことにしていたり

知っているのに、知らぬ存ぜずな行動をとってしまったら、
それは、終わりの始まり。
悪しき方向に墜ちていくわけです。

さぁ、
見られていないようで、
あなたは見られている。

どうですか?
ドキッとした方は、直ちに動きましょう!

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

03日

『自律する子の育て方』

昨日のメルマガ
https://bit.ly/3uDedW0

きっと、この方は反応してくれるだろうな…
とおもっていたら、ズバリ!!!
その方から、朝、速攻でこんなお便りが。

***Iさんより
※Iさんは、昨日ご紹介したゆるぶら歴史散歩を
 いつも完璧なる企画をしてくださる方です。

おはようございます。
I@ゆるぶら です。
コロナが明けたら、ゆるぶら歴史散歩やりますね。
ガイドブックは準備済です。

本日の「脳科学関連の本」についての反応です。

以前メルマガ(※1)にも登場した
麹町中学校の工藤校長の本です。
(今では定年退職後に横浜創英中高にうつられています)

「自律する子の育て方」(SB新書)
 工藤勇一・青砥瑞人著
 https://amzn.to/3cb2CHj

工藤先生と脳科学者の共著です。
NTPの有効性が脳科学的に説明されているように思いました。

---------------------------------
「未知を乗り越える体験」を繰り返していれば
未知への恐怖を薄めることができる。
こういった体験を繰り返していけば
「未知への恐怖」が「新しいことへの期待感」に変わっていく
  --------------------------------

まさにIWDですね!


***
Iさん、ありがとうございます。
 NTP  とは、ノータイムポチっ!(笑)

私も、速攻でKindle本を
NTPして、その部分を読んでみました。

まだ2章までですが(笑)
ホント面白い!
子育ての話しとおもいきや
部下育成や活性化された職場つくりの肝と共通点ありまくりです。

***(以下、本より追記)

先行きが不確かで、物事の複雑性が増し、
さまざまな定義が曖昧になっていく時代。
そこに追い打ちをかけるようにコロナ禍が世界を覆いました。
このよう環境において、未知なるもの、新しいものに対して
拒絶反応ばかりしていては不安と不満が増大するばかりです。
当然、心理的危険状態になりやすくなってしまいます。

未知なこと、新しいこと、失敗するリスクを伴うことに対して
不安を感じることは、脳がもっている本来的な反応です。
それが自分の生命を奪ったり、危害を与えたりする可能性があるからです。

しかし、脳が
「Use it or lose it」(使わなければ失くすだけ)
の原則で動いている限り、

「未知を乗り越える体験」を繰り返していれば、
未知への恐怖を薄めることはできます。

・なにかに挑戦して成功した体験
・失敗しても責められなかった体験
・失敗から学べた体験
・工夫すればなんとかなった体験

こうした体験を繰り返していれば「未知への恐怖」が
「新しいことへの期待感」に変わっていくのです。

****

まさに、自走する組織を
これまでいくつもつくってきましたが、
このプロセスそのままです。

いま、運営しているコミュニティの
トランジションマネジメントでは、まさに、
参加メンバーが「未知を乗り越える体験」をしているので、
いまでは「未知への恐怖」というよりも、
もはや「新しいことへの期待感」に変わっていってしまっています。

ラジオ発信をしていたり、
Kindle出版してみたり、
ストレングスファインダーを自部門で展開してみたり
1on1を進化させていこうとしてみたり。

そういった環境を学校で、企業の職場で、コミュニティで、
つくってあげることができれば
いきいき、わくわく、どっきどきでいられるのですけどね!

今日もきっと・・・I・W・D!

(※1) 2018年11月配信 『あなたの「当たり前」を○○してみませんか?』
   https://bit.ly/3uF6qXO

2021年

6月

01日

『過去を思い出すことで脳は元気になる』


これまでに
本メルマガでもご案内してきましたが、

未来を描くときには、
私は、過去をしっかりと振り返ります。
過去の軌跡から自分のGIFTを確認し
それをもとに、どのように世の中に貢献できるのか
を軸に、未来を描いてきたわけです。

どうやら、科学的にもそれは、
理にかなっていたようです。

16万人の脳画像を見てきたという、
東北大学加齢医学研究所の瀧靖之教授の
『回想脳 脳が健康でいられる大切な習慣』
   https://amzn.to/3vIiTeG

をみてみると、
_____

人間の脳は、「未来」を思い悩むより、
「過去」を思い出すことで元気になる

過去を振り返るときに使われる脳内の
ネットワークと、未来のプランニングを
しているときに使われる脳内のネットワークは、
かなり重複している

過去を振り返ることで得られる、
脳への4つの効果は
1.脳の健康を維持し、認知症の進行を抑える
2.未来に向かって生きる力をつける
3.ストレスを解消し、気分転換を助ける(メンタルヘルス)
4.幸福感が得られる(主観的幸福感)
_____

本を読んで、共感できる部分が多く、

「そうそう、ストレスがかかったときに
 当時は無意識に、そして、いまは意図的に
 これを実践して元気を取り戻しているかも!」

と、思うところがいくつもありました。

□懐かしの校舎を訪ねよう
→確かに30年前の母校にいったときは
 ホント元気になれましたもん。
 https://bit.ly/3wGUW7i

□学生時代の想い出の店にいこう
→学生のときのランチで使っていた店や
 教授や研究室のメンバーといった店。
 サークルで飲んだくれた店(笑)
 いまでは2割くらいしか残ってないのですが、
 いくと、なぜか、がんばろう!ってなれます。

□古地図、今昔地図でイメージ力を鍛えよう
→なんとも、いまの自分が何が世の中に残せるのか
 ということも考えさせられた「ゆるぶら散歩」
 コロナがあけたら、また開催したいなぁ。
 https://bit.ly/3fFgBHE

□懐かしい景色をみにいこう
 まさに、当時、めちゃくちゃ未来に悩んでいたとき
 Crystal Kay の「恋におちたら」の歌詞に救われました。
https://bit.ly/2SIvJej

□未来のために日記をつける
→10年日記は、まさにこれ!
 過去に触れ、元気になって、
 未来をコントロールしている実感ですね

□SNSは絵日記代わりに使おう
→Facebookなどは、1年前、3年前、5年前とかの
 懐かしの投稿写真を掲示してくれますよね。
 たしかに、あれは、回想脳を刺激してくれます。

その他、たくさんの「回想脳ワーク」が紹介されています。

個人的にこれからやってみたいことは、
「自分のルーツをさかのぼる旅」や、
かつて何十回もむさぼり読んだ漫画を、
大人買いし、買戻し、読もうかな、、、とも(笑)
※因みに「マカロニほうれん荘」「男組」は、私の原点です。

変化の激しい時代、
未来を描き続けることに、ちょっと疲れてしまったとき、
実は、過去に、元気の素があったりしますよね。
エネルギーチャージのヒントが紹介されている一冊かと思いました。

『回想脳 脳が健康でいられる大切な習慣』
   https://amzn.to/3vIiTeG

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

6月

01日

『10年前に読みたかった…』

メルマガ読者のあるリーダーから、
いつも興味深いイベントの情報や、
有用な本の情報をいただいていて。
今回も、こんなメールをいただきました。

「私の職場の本棚も、充実してきましたw
 みんなで共有することを条件に、
 経費で処理しています。

 『ビジネスパーソンが介護離職を   
   してはいけないこれだけの理由』 

 これも最近のおススメではあります。」

この方からのおススメは基本NTP
(ノータイムポチっ!)
早速、読んでみました。

****

「あなたのお母さまが倒れました。 
 これから緊急手術になります。 
 手術が成功しても、身体には麻痺が残り、 
 介護が必要になるかもしれません…」

「そうして、あなたの介護は突然はじまるのです。
 さて、あなたならどうしますか?
 誰に連絡をして、どのように行動しますか?
 仕事は休めそうですか?」

第一章からいきなり、考えさせられる内容でした。

誰もがいずれ「仕事と介護の両立に苦しむ」確率が
非常に高いのにあまりにも無頓着で、
無知な状態のまま、ある日、突然、それは起こります。

私も、もし、この本を10年前に読んでいたら、
母親の闘病や、父親の介護で
もっと先手をうって対処できていたと思いますし、
もっと優しくできたのではないか、と猛省します。

私のように無知な状態で突入すると、
最悪なループに蟻地獄のごとく堕ちていきます。

ぜひ、いまのうちに、
こうした本を一回、お読みになることをおすすめします。

雲行きが怪しくなってからでは、
もう、読んでいる時間もありませんので。

2021年

6月

01日

『10年前に読んでいたかった…』


メルマガ読者のあるリーダーから、
いつも興味深いイベントの情報や、
有用な本の情報をいただいていて。
今回も、こんなメールをいただきました。

「私の職場の本棚も、充実してきましたw
 みんなで共有することを条件に、経費で処理しています。


 『ビジネスパーソンが介護離職を   
   してはいけないこれだけの理由』 
 
 これも最近のおススメではあります。」

この方からのおススメは基本NTP(ノータイムポチっ!)
早速、読んでみました。

****

「あなたのお母さまが倒れました。 
 これから緊急手術になります。 
 手術が成功しても、身体には麻痺が残り、 
 介護が必要になるかもしれません…」

「そうして、あなたの介護は突然はじまるのです。
 さて、あなたならどうしますか?
 誰に連絡をして、どのように行動しますか?
 仕事は休めそうですか?」

第一章からいきなり、考えさせられる内容でした。

誰もがいずれ「仕事と介護の両立に苦しむ」確率が
非常に高いのにあまりにも無頓着で、
無知な状態のまま、ある日、突然、それは起こります。

私も、もし、この本を10年前に読んでいたら、
母親の闘病や、父親の介護で
もっと先手をうって対処できていたと思いますし、
もっと優しくできたのではないか、と猛省します。

私のように無知な状態で突入すると、
最悪なループに蟻地獄のごとく堕ちていきます。  

ぜひ、いまのうちに、
こうした本を一回、お読みになることをおすすめします。

雲行きが怪しくなってからでは、
もう、読んでいる時間もありませんので。

『ビジネスパーソンが介護離職を
   してはいけないこれだけの理由』
 https://amzn.to/34zcyGs

今日もきっと・・・I・W・D!

2021年

5月

31日

『ゲーミフィケーションが行動を加速させる』


先週の木曜日のメルマガ
『10日で100km、走れますか?』
 https://bit.ly/3i9pQS5

さて、結果としては、、、、?

はい!
かなり苦戦をしましたが、
完走することができました。

そして、仲間たちも、
完走することができました。

やはり、仲間の力は絶大です。
独りのときには、決して見えない景色がみれたり
独りのときには、出し切れないものが、溢れ出たり。

今回、TATAというアプリをつかっていましたが、
こうしらアプリには、どんどんのめり込んでしまうような
仕掛けが組み込まれています。

そんな視点を、
もし、いまの職場にも取り込むことができたら、、、
ぜひ、参考になれば、と。
  ↓  ↓  ↓  ↓
『ゲーミフィケーションが行動を加速させる』
 https://stand.fm/episodes/60b2c1a655ceb5b6fea4675c

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook