『悪循環から脱出するには』

ショートコーチの終わり際に、Aさんは言いました。
「…では、段取りを少し考えてみます。
 なかなか難しいとは思いますが、
 時間をかけて変われればな、と思います」と。

ここ数か月間、持ち帰り残業も増え、徹夜もしばしば。
休日は休めているようで、実は休めていない。
眠れているようで、眠れていない。
生産性も落ち始め、焦りもあるけど、なんとかしんどいけど、
気合で頑張って、踏ん張っていかなくては…と思っている、といった状態。

はたからみると、明らかに悪循環の中にハマってしまい、
…というか、自ら、その悪循環にハマって
悲劇のヒーローヒロインを演じているようにも感じます。

なので、僕は、こう伝えました。

「Aさん、ちょっとこれをみて」と。
指を差出し、目の前で、…パチン!!

Aさんは、はっとした感じ。

「指を鳴らした瞬間から、善循環ですよ!
 この瞬間から、善循環。この瞬間からAさんは違う人なんだから。
 なんか、時間をかけていこう、とか、
 しっかりと考えてから、とか、
 難しいけど、耐えていきます、、、とか…というのはいままでのAさんね。笑

 いま、この瞬間から、そして、この部屋を出た瞬間から、
 捨てるのものは捨てられるAさん。
 断るものは断れるAさん。
 大事にしていたこと、好きだったこと、やりたかったことを、
 なにかの犠牲にして後回しにするのではなく、あらかじめ優先的に予定にいれているAさん。
 そう、すぐにそれに取り掛かっているんだから。
 イメージできます?もう一回やりますよ。
 この瞬間からね…!パチン!」

   *   *  * * ********

多くの人は勘違いしています。
「こういうのはじっくりと…」
「治るまでには段取りが…」
「こういうのは限界が…」

体験した方はわかると思いますが、
パチン!!
その瞬間に、入れ替わるんです。

それでも
「でも、なかなか変わるには時間がかかりますよね」
と、言う人がいます。

たしかに、そういう一面もあるかもしれません。
でも、そう考えているのは、誰??

そう、自分です。

本当に<変わるのに時間はかかる?>
本当に?本当に??
本当にそう??

多くの場合、限界は、自分でつくっています。
多くの場合、妄想は、自分でつくっています。

そして、確実にいえるのは
今の状況は、自分がつくりだしています。

Aさんがハマってしまっていた悪循環。
それは、ハマってしまったのではなく、ハマりにいっているのです。
言い訳をして、悲劇のヒーローヒロインになるように。
自分が、そうなるように、
自分でそういった台本を書き、自分で演じ切っています。

自作自演のドラマ。
どうせだったら、いいハッピーエンドにしたいですよね!
さあ、台本をこの瞬間から変えていこう。

いきますよ!…パチン!!!
今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook