『360度多面評価を効果的に活用するために(3)』

360度多面評価。
これをうけて、目覚ましい成長をする人と、
残念ながら伸び悩む人。
その差はなんなのかシリーズ第三弾!笑

最終回は、「見える化」「ご褒美」の際の
落とし穴をご紹介したいと思います。

※※※※「見える化」の際の落とし穴※※※※

自分自身の取り組みに、
どう自分でモチベーションをかけ、そのモチベーションを維持できる仕掛け、仕組みに
自らにハメていくのか…。それが上手い人と、下手な人がいます。
その一つに「見える化」があります。

取組みが一目瞭然、手によとるようにわかるようなグラフ化。チェックリスト化。
などが代表的な方法です。

ダイエットをしよう!と高らかに宣言しても、長続きしないのは、
その行動(何を食べ、どんな運動をしたのか)と結果(体重)の測定をしていないだけであって、
上手くいっている人は、「レコーディングダイエット」と言われるように、
ただただ、毎日、食べたものや運動ログを書き、体重計に乗るだけ、です。

同様に、多面評価を効果的に活用して、
目覚ましい成長をとげていく人たちの特徴的な習慣は
「取り組み備忘録」を書いていること、です。

今日、自らが意識したこと、やったこと。
そして、それによる部下や周りの反応。手応え。

これを、記録しているのです。
中には、毎日、ログとして残している人もいますが、
ずば抜けて成長している人は、ほぼ、このパターンです。
(感覚的ですが、全体の5%。20人いたら1人は必ずいらっしゃいます)

こう書くと、「いやいや、日記も三日坊主なのに、そんな長続きしませんよ」と
ブーイングが聞こえそうですが、それは、習慣化させる仕掛けをしていないだけ。

ポイントは、
「既に習慣化されているものの脇に置く」と「宣言・約束」がキーワードです。
おそらく習慣化が得意な方は、このキーワードだけで、「ですよね!!!」となるはずです。

チェックしてみてくださいね。

※※※※「ご褒美」の際の落とし穴※※※※

伸びている人は、定期的に自分自身に「ご褒美」がもらえるように仕掛けをつくります。
その代表的な方法として、「定期的なFBの機会」「定期的なお披露目の場」を
定期的に、しかも、事前に設定している…ということ。

ずば抜けて成長を遂げる人は、まずアクションを決めたらば、
まずは、そのフィードバックをくれたステークホルダー(上司、部下、同僚)たちにお礼のメールをし
「今後、こういうアクションをしていくから、宜しく!」という宣言をしていきます。

そして、「今後、継続的にフィードバックをしてほしいので、変化をみていてください」
とリクエストをします。

そして、一ヶ月に一回程度、メールで定期的にフィードバックを御願いして回収したり、
実際に、対面でコメントを取りに言ったり、、、とにかくオープンです。

一方、伸びてない人は、きまって「クローズ」です。
そして、なにをしても、「いつか、また」です。

上司としての自分がこんな活動をしている、、、だななんて、部下が知ったらどう思うだろう…。
今回の活動を部下に説明したほうがいいのはわかるけど、心の準備ができてから説明しよう…とか。
いやいや、まだ、それを説明する時期ではない…とか、
わけのわからない理由で、話すタイミングを逸します。苦笑

一方、ずば抜けて成長していく人は、とどまることをしりません!
勝手に同じ活動をしている仲間たちを集めて、
定期的に「お披露目の場」と称して飲み会などを設定しちゃうのです。

同僚同士で<自慢大会>し、<褒めあって>、
なかなかうまくいかないところは<アドバイス大会>をする。

伸びていく人は、こうした<ご褒美>(そして、取組みがないと居心地が悪い場)を、
はじめる時点から設定するのが実にうまいのです。
ご参考までに。

※※※※※※※※※※※※

いかがでしたか?
<なかなか行動に移せない>
<なかなか定着しない>
…それは、スバ抜けて成長を遂げている人たちのOSを参考にしていくと解消しますよ。

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook