『盆栽に水をあげる』

ずいぶんと前に、とても信頼している師匠からこういわれました。


「中島くんはね、

 もっと、波長の長いものに触れた方がいい。

 性格的にせっかちだろう?

 子育ても、部下育成も、経営も、あせっちゃダメだよ。

 うーん、そうだな、自分の人生よりも、もっともっと波長が長いもの。

 盆栽あたりがいいんじゃないかな。


 埼玉にすんでいるんだったら、盆栽村(さいたま市)にいってみなさい。

 きっと、なにかを感じると思うよ。」


リーダーは、結果を出すことを求められています。

しかも、それを即座に。

しかし、それは、なかなかすぐに出るようなものでもありません。



後輩をはじめてもったとき。

複数の部下を持ち始めたとき。

何十人かの部隊を任されたとき。

複数の部隊を任されたとき。

そして、経営を任されたとき。



ステージがあがると、人を介して仕事をする比率があがります。

自分が直接する仕事の比率はどんどんさがっていきます。


そんなとき、突然に襲い掛かるのは、「業績があがらない」…という現実。



そして、手っ取り早く取ってしまいがちなのは「自分がやる」という発想。

…後輩の資料はイマイチなので、最後は結局、自分が作業を肩代わりしてしまう。

…部隊は部下に任せているのに、業績がかんばしくないと、

 その長を乗り越えて、現場に入り込んでマイクロマネジメントをしはじめる。


  …などなど。


「任せる」ことが重要なのに、どうしても自由落下のように、一つ前、二つ前の役目に戻っちゃう。

でも、ステージが軽いときは、自分でカバー(尻拭い)できていたとしても、

ステージが進んでいくと、もう自分ひとりではどうしようもない規模であることは明白です。


私もそんな自由落下に悩んでいた時のことです。

冒頭の師匠から盆栽村にいくことを勧められたのは。笑


私は、それから盆栽村へ通って、いくつか購入しました。

そして・・・・いざ関わってみると、奥が深い。


手入れをしなければ、すぐに元気をなくす。

かといって、一生懸命関わったとしても、

成長が早まるわけでもない、といったマイペースさ。


つい世間のペースが速いので、急がねば!、となっていた自分に

「まあまあ、じたばたすんなよ!焦ってもしかたないんだから」

と説教をされているようです。


せっかちなリーダーは、

水をあげて、翌日に花をさかすことを要求したりします。


でも、それは自然の摂理に反することで、所詮、無理な話。


咲かないなら、と、その水をあげるのをやめて、

次の手を、これでもかこれでもかと乱打してしまって、

かえって枯らせてしまう人もいます。


でも、実は、ものには固有のペースというものがあって、

たとえ正しいことを打ち込んだとしても、

それの結果がでるのに時間がかかるものもありそうです。


あなたが正しいと思って、いま、やっていること。

それは、どのくらいで成果となるのでしょうか?


明日?一週間後?一か月後?数か月後?半年後?一年後?数年後?


そのもの固有のペースを意識することで、なにかが変わるかもしれませんね。

少なくとも、イラつきは収まります。笑


さぁ!

今日もきっと・・・I・W・D!

おかげさまで9つの部門

ベストセラー1位を獲得できました (2020年12月20日9時の時点)

👑実践経営リーダーシップの新着第1位

👑ビジネス組織改革の新着第1位

👑ビジネス組織改革の売れ筋第1位

👑リーダーシップ研修の新着第1位

👑リーダーシップ研修の売れ筋第1位

👑リーダーシップの新着第1位

👑人文思想参考図書の売れ筋第1位

👑人文思想参考図書の新着第1位

👑投資・金融・会社経営 の 新着第1位

◆無料メールマガジン!

読めばきっと3分で、I・W・Dになる、ちょっと気楽なTipsメルマガ。

◆公式YouTubeチャンネル

◆DTD代表のFacebook